NoRSX一覧

ゲーム最新情報 2012年3月16日のニュース

●GameGazフォーラムで、volotax(iSn0wX)氏がPSPでXMBの”USB接続”を設定しなくても ゲームプレイ中などでもUSB接続をいつでも可能にするプラグインいつでもUSB(AlwaysUSB) v1.6をリリースしていました。

【更新内容】
v1.6
[New] flash0/1/2/3とUMDへの接続を可能にした。

iniのDeviceで設定できます。
UMD接続は自作ソフトとXMB限定です。ちなみに末尾欠損のない完璧なリッピングができます。
Modeが4のときで、UMDが入っていないか、自作ソフト/XMB以外だったら、メモステがマウントされます。(iniは変更されません。)

[Fix] UseVSHの設定を、true、falseにした。(trueは有効、falseは無効)
[Fix] Modeのデフォルト値を常時接続にした。(1で常時、2でボタン)
[Fix] このプラグインを有効にしていると、iso等が起動できない問題を修正。
[Fix] ボタン押し関連を修正。
[Fix] 多くの小さなバグを修正して安定化。

●PS3Crunchで、Team CobraがUSBドングルCobra-USB向けのバックアップマネージャーmmCM(multiMAN Cobra Manager) ver 04.02.04 UPD (Stereo 3D related)をリリースしたことを伝えていました。3Dビデオの早送りや巻き戻しやNTFSドライブからのビデオ再生のサポート追加などが変更点です。

●/dev/ram0で、deroad氏がPS3のHomebrew作成時に利用できる2DグラフィックライブラリNoRSXをアップデートしていました。ライブラリの更新などが変更点です。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.1をリリースしたことを伝えていました。


ゲーム最新情報 2012年3月12日のニュース

●Xbox-sceneで、Swizzy氏がXbox 360の最新ダッシュボードをサポートしたfreeBOOTスタイルのNANDイメージを作成するためのGUIユーティリティXebuild GUI v2.03をリリースしていました。.NET Framework 3.5ではなく2.0で動作するよう変更したことや不具合修正などが変更点です。

●Xbox-sceneで、Natelx氏がXbox 360でHomebrewを起動することができるDashLaunchのプラグインXBDM SCSEをリリースしたことを伝えていました。XBDM SCSEは開発機機能を市販版本体に追加するというものですが、どんな意味があるのかと思えばXbox 360 Debug Monitor Super Cool Science Edition(Xbox 360 デバッグモニタースーパークールサイエンスエディション)の頭文字らしいです。

●Tortuga Coveで、Rogero氏がXbox 360のJtag / ECC / Reset Glitch HackのNANDイメージを作成することができるWindows向けGUIユーティリティ360 Multi Builder v0.91をリリースしていました。バグ修正が行われたようです。

●Xbox-sceneで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識し、NANDを読み込みやCpuKeyの入手やJtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティAutoGG v0.2.11をリリースしたことを伝えていました。Xenon向けECC/Glitch追加やDashLaunch 2.32追加などが変更点です。

●ツイッターで、plum氏が日付やバッテリー残量をPSPのHOME画面(ゲームを終了しますか?と聞かれる画面)で表示するプラグインDayViewerForGame v6をリリースしていました。

・v6
文字を表示すると、バッテリーアイコンの表示がおかしくなっていたバグを修正した

●/dev/ram0で、deroad氏がPS3のHomebrew作成時に利用できる2DグラフィックライブラリNoRSXをリリースしていました。PSL1GHT V2向けですが、このライブラリで60fpsを実現できるそうです。

●Nintendo Universeで、Wedbush Morgan SecuritiesのアナリストMichael Pachter氏がニンテンドー Wii Uは任天堂が考えているほど人気は出ないと語ったことを伝えていました。その理由を、自分は3年前の2009年にWii 2の必要性を訴えたのにようやく今年、つまり3年遅れで出てきたのだからもう遅いという彼らしい理論で語っています。