NoBD一覧

GameGaz Daily 2015.9.20

●ツイッターで、qwikrazor87氏が日本版の『ロックマン ロックマン』が持つ脆弱性を利用してVitaの最新ファームウェアである3.52のePSP(PSPエミュレータ)でHomebrewを起動するためのHomebrewローダーロックマンVHBL v3をリリースしていました。SNESエミュレータが動作するようになったそうです。

●ツイッターで、173210氏が日本版の『ロックマン ロックマン』が持つ脆弱性を利用してVitaの最新ファームウェアである3.52のePSP(PSPエミュレータ)でHomebrewを起動するためのHomebrewローダーHalf Byte Loader 0.5をリリースしていました。

上記3つの3.52 VHBLは同じ『ロックマン ロックマン』のセーブデータを利用する点では同じです。Half Byte Loader自体の改良は173210氏が独自にやっているのですが、qwikrazor87氏はそれ以前のコードをベースにして改良したものとなっていて、微妙に支流が2本になっているような感じです。

●SKFU’s Blogで、SKFU氏がプロキシサーバーアプリケーションSKFU’s Pr0xy³ 3.0.3をリリースしていました。メモリー監視機能などが追加されています。公開されたのはWindows 32Bit版とLinux 64Bitですが、加えてSKFU’s Pr0xy³ 3.0.3 for MAC OSXもリリースされたことから主要OS向けのSKFU’s Pr0xy³がすべて用意されたことになります。

●PSX-Placeで、Joonie氏がEstwald氏(Hermes氏)のオープンソースバックアップマネージャーのMOD版 IRISMAN 3.49 (Unofficial)をリリースしたことを伝えていました。4.76 CEXのサポートや4.30 DEXのペイロード修正などが変更点です。

●Team COBRAが、PS3の光学ドライブエミュレータCobra ODEをモデルチェンジしたCobra 5.10C ODEを発表していました。ボードが小型化されており、OFW 4.65以下に対応したPS3の2500シリーズ、3000シリーズ、4000シリーズ向けになっています。DMC (ドライブモーターコントローラー) をビルトインしたことも特徴です。

●MaxModdingで、Alexander氏がPS3のブルーレイドライブが故障するなどして使用できない状態でもバックアップをマウントすることができるNoBD patchをFerrox 4.76 CFWに適用したカスタムファームウェアCFW Ferrox 4.76 NoBD Editionをリリースしていました。

●GBATempで、Rinnegatamante氏がニンテンドー3DSでテーマを変更するためのユーティリティCustom Home Menu Manager 2(CHMM2) v.2.0 BETAをリリースしていました。UIが一新された新バージョンです。

●GBATempで、mashers氏がsmea氏の開発したニンテンドー3DS向けHomebrew LauncherのUIを変更しアイコンが縦横に並ぶグリッドレイアウトにしたHBL Gridをリリースしていました。

●NeoGAFで、ニンテンドーNXのプロトタイプらしきものがeBayで販売されていたことが話題になっていました。既に証拠が削除されているので本当にプロトタイプが売られていたのかどうか自体不明です。

●Major Nelsonで、Xbox 360のアップデートで2GBのクラウドストレージに対応したことを発表していました。旧型になった今更でも新機能実装というところがトピックですね。

●PlayStationHaxで、Xbox Oneのゲームをバックアップする方法が公開されたことを伝えていました。あくまでも研究目的での公開だそうです。Xbox Oneでアカウントを削除して新しくアカウントを作成、HDDを抜き出してクローンを作成しLive Linux USBを起動させたPCにオリジナルHDDとクローンHDDを接続するとアクセスが可能なのでゴニョゴニョするといった内容です。


ゲーム最新情報 2015年3月3日のニュース

今日は桃の節句(いわゆる雛祭り)ですね。

●PS3Haxで、hesvhytg(bigjokker)氏がPS3のEBOOT / SELF / SPRX / SDAT / EDATファイルに再署名することができるユーティリティE/S/S/S/E Resigner v3.5をリリースしたことを伝えていました。Content-IDがEDAT署名で不要になったことやメニューコンテンツの充実などが変更点です。

●ARCHで、ARCH氏がPS3のバージョン偽装ユーティリティーSPOOF enabler-disabler 4.70 v1.13をリリースしていました。4.70に対応したことなどが変更点です。

●OpenModdingで、Alexander氏がPS3 4.70ベースのカスタムファームウェア4.70 FERROX v1.01をリリースしたことを伝えていました。Lv2の不要なパッチの削除などが変更点です。

●Eurogamerで、Epic Gamesがゲームエンジン Unreal Engine 4の無料化を発表したことを伝えていました。実際には完全無料とは異なり四半期で3000ドルの売り上げがあった場合に5%を支払うことになっていますが、利用するだけなら無料で売れたところからは金を取る方式、と言えます。

●OpenModdingで、Alexander氏がPS3のBDプレーヤーがなくてもバックアップを マウントすることができるNoBD patch機能を追加したPS3 4.70ベースのカスタムファームウェア4.70 FERROX NOBDをリリースしたことを伝えていました。


ゲーム最新情報 2014年6月23日のニュース

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server v3.6.3をリリースしていました。先日リリースされたv4.0.0-a1がアルファ版であり、v3.6.3が現時点での最新安定版ということになるようです。

●PSX-Sceneで、Orion90氏がPS3のBDプレーヤーがなくてもバックアップをマウントすることができるNoBD patchをRogero 4.46をベースにCobra USB機能を盛り込んだドングル不要のカスタムファームウェアに追加したCFW 4.46 Cobra/Rogero noBD Edition v1.00をリリースしたことを伝えていました。