Dios Mios一覧

ゲーム最新情報 2012年12月1日のニュース

●NextMontで、Toxy)! 氏がPSP向けのツイッタークライアントアプリケーションpsTwit beta5をリリースしていました。

beta5
・検索
・アプリ内ブラウザ機能
ツイートに含まれるURLを開けます。
・UserStream対応

試験的なバージョンだそうで、安定性を望む場合はbeta4の方が良いそうです。

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.6をリリースしていました。HDDリードタイムの縮小、DMToolBox 0.3以降を使用し2枚のディスクをインストールしておくことで、予告していたディスクチェンジ機能を実装しました。

●VG247で、先日カナダで発表されたネットワーク接続機能とゲームキューブ互換機能を省いて小型化したWiiの廉価版Wii MiniについてニンテンドーUKがイギリスで発売する予定はないと説明したことを伝えていました。ゲームキューブ機能を省いた廉価版Wiiすら未発売の日本でもWii Mini発売はないかもしれません。

●PS3Crunchフォーラムで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN ver 04.14.02 UPD CEX (20121130)をリリースしていました。DEXファームウェアでUSBデバイスのスキャンやリセットをできないようにしたこととなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2012年11月28日のニュース

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Serverを非公式の形で機能を追加して独自にビルドしたUniversal Media Server v2.1.1をリリースしていました。Sony Bravia EX620のテレビのサポート追加による3Dビデオのサポート改善とトランスコーディングの高速化が変更点です。

●Wii-Infoで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDios Miosの次のアップデートで自動的にマルチディスクタイトルのサポートを追加することを発表したことを伝えていました。ドライブにディスクを入れなくても自動的にディスクを交換してくれるようです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=33v2l1BhIHg

●Wii-Infoで、Dolphin Teamが、Gamecube/WiiのエミュレータDolphin v3.0.863をリリースしたことを伝えていました。Linuxでのコンパイルの不具合の修正などが変更点です。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティPostloader 4.1.1をリリースしていました。neek(2o)環境下でのWiiゲーム選択のバグ修正が変更点です。

●Wii-Infoで、Actar氏がWiiのHomebrewを公式サイトからwadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 1.9.4をリリースしたことを伝えていました。64ビットSOでの問題を修正したそうです。

●Gueuxフォーラムで、Zouzzz氏がマイクロソフトからXbox 360のアップデータをダウンロードしてカーネルやダッシュボードの情報を得ることができるPC用ユーティリティUpdateSPY 16202-1をリリースしていました。ダッシュボードアップデート2.0.16202.0のダウンロードに対応したことが変更点です。


ゲーム最新情報 2012年11月10日のニュース

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.5をリリースしていました。8GB以下のデバイス使用時に読み込みエラーになるバグを修正したことやスクリーンショット機能を追加したことが変更点です。

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewを公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 1.8.2をリリースしていました。文字の並びを変えた程度で機能的な変更点はありません。1.8.1はテストバージョンでした。

●Dekazetaで、Mojobojo氏がXbox 360用フォーマットの1GB以下のファイルをブラウズしたり展開したりすることのできるWindows用ユーティリティFatX USB Explorer v1.1をリリースしていました。

●PS3NEWSで、HDMadness氏がPS3 4.30ベースのカスタムファームウェアErmaC 4.30 CFW 1.3をリリースしたことを伝えていました。デモモードに関する修正を行いdemo/kioskファームウェアに関するメッセージを表示しないようにしたことやバグ修正などが変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.0.47をリリースしていました。以下のユーティリティがアップデートされています。

    ・PKGファイルのコンテンツIDを閲覧できるPKG ContentID 1.9.0
    ・PS3 DEXでゲームをリモートマウントすることができるmmDM 02.04.01

●Homebrew-Connectionで、CLK Rebellion氏がXbox360でフォーマットされたHDDドライブやUSBメモリにアクセスすることができるユーティリティParty Buffalo Drive Explorer v2.0.1.0をリリースしたことを伝えていました。ディスクサイズの値に関する修正が行われたそうです。


ゲーム最新情報 2012年10月22日のニュース

●PSX-Sceneで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN ver 04.07.01をリリースしたことを伝えていました。以前からサポートすると公言されていた4.21CEX CFWについて、Hermesペイロードのサポートなどが変更点です。

●PSX-Sceneで、Facanferff氏が内容は不明ながらPS3をホームシアターにするユーティリティShowtimeの「大進化までのカウントダウン」を自サイトであるfacanferff.netで始めていることを伝えていました。カウントダウンは10月24日に終わるようになっていることから数日以内に新バージョンやプラグインが公開されそうです。

●PSP Custom Firmwareで、Yoti氏がオープンソースCFW PROを改良した6.20 PROMOD-C1 (fix3)6.35 PROMOD-C1 (fix3)6.39 PROMOD-C1 (fix4)6.60 PROMOD-C1 (fix3)をリリースしたことを伝えていました。VSH MENUの有効/無効をリカバリーメニュー内に追加したことや、ペアレンタルコントロールにバックアップ起動の有効/無効設定を追加したことなどが変更点です。

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.4をリリースしていました。SDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動のためのDML(Dios Mios Lite) v2.4もリリースされています。『Mario Kart Double Dash』でのNMM(ゲームキューブのセーブ保存先にSDカードを利用できる)を修正してゴーストデータを正常に動作するようにしたことなどが変更点です。

●Wii-infoで、Hibernatus氏らWiiflowチームがカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーWiiflow 4.0.3 (rev433)をリリースしたことを伝えていました。mloadモジュールの再コンパイルやsdhcモジュール追加などが変更点です。

●Homebrew-Connectionで、Ozchips Development(チーム?)がxebuild GUIやnandMMC、HEXエディタなどをまとめたオールインワンRGH/JTAG用Windowsユーティリティx360RGH V2.01をリリースしたことを伝えていました。

●Homebrew-Connectionで、GliGli氏がlibxenonライブラリを利用したXbox 360用ニンテンドー64エミュレータMupen64-360 V0.99をリリースしたことを伝えていました。

●ThatOtherDev氏が、オンラインで一つのキャンバスを共有できるWiiのオンラインイメージエディタWii Exhibit v0.3をリリースしていました。


ゲーム最新情報 2012年9月25日のニュース

●Google Codeで、Crediar氏がWiiでのUSB/SDカードからの起動をサポートしたゲームキューブのバックアップローダーDIOS MIOS v2.3をリリースしていました。FSTモードでのNMMセーブファイルフォルダ作成の不具合の修正などが変更点です。

●Wii-infoで、Tueidj氏が.gciフォーマットのゲームキューブセーブデータを変換することでSDカードをメモリーカードに見せかけることができるNo More Memoryで使用できる形式にするためのユーティリティgci2nmm v0.1bをリリースしたことを伝えていました。

●RealModSceneで、TeamFSDがXbox 360 HomebrewのためのダッシュボードFreestyle Dash 3をリリースしていました。ただし、今回TeamFSDはFreestyle 3と呼んでいます。Kinectと統合し操作もKinectでできるようになるそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=xy6BqXDOMcE

●ツイッターで、The Z氏がPSPFilerをモンハンVHBLで動作するよう改良したPSPFiler 6.6 for PS Vita HBL r160をリリースしていました。ただし終了時の動作がおかしいそうです。

●ファミ通.comで、任天堂がニンテンドー3DS LLの新色”ブルー×ブラック”を2012年10月11日に発売することを公式サイトで公表したことを伝えていました。価格は他のカラーと同じ18,900円です。2012年9月27日には、ピンク×ホワイトも発売されるためカラフルなバリエーションになります。

●マイクロソフトが、『The Elder Scrolls V : Skyrim』と『Forza Motorsport 4 Essentials Edition』の人気2タイトルとXbox LIVE1ヶ月 ゴールド メンバーシップ、Hulu1ヶ月無料トライアルコードが同梱されたお買い得版Xbox 360 250GB バリューパック』を2012年10月4日から19,800 円で発売することを発表していました。ゲーム分だけでも軽く1万円オーバー(The Elder Scrolls V : Skyrimが6,500円程度、『Forza Motorsport 4』も5,500円程度)であり、かつ4GB版ではないXbox 360ですのでかなりお買い得感満載です。特に販売数限定でもなさそうなので、年末商戦に向けた実質値下げの色が濃そうです。

●Google Codeで、crediar氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML(Dios Mios Lite) v2.3をリリースしていました。DIOS MIOS v2.3と同等になっています。