Autoplugin一覧

GameGaz Daily 2018.8.21

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したWindows向けコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版 Psvimgtools Easy FrontEnd 1.8.3をリリースしていました。最後にログインしたツールのアカウントを保存し次にツールを開いたときに読み込むようにしたことやVitaShellやMolecularをインストールすることができるようにしたことが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.17をリリースしていました。vitagrafixを2.2に更新したことなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.5.1FBI 2.5.2をリリースしていました。インストールされたTitleDBの入力をマークできるようにしたこと(2.5.1)やURLインストールの不具合修正(2.5.2)などが変更点です。

●GitHubで、 J-D-K氏がNintendo 3DS向けのストレージマネージャーJKSM 08/19/2018をリリースしていました。テキストラッピングの一新や非表示のためのタイトルブラックリスト機能追加などが変更点です。

●GitHubで、astronautlevel氏がニンテンドー3DS向けのテーマインストールやスプラッシュ画面入れ替えなどを行うことができる管理ユーティリティAnemone3DS v2.1.0 Betaをリリースしていました。QRコードリーダーの高速化やバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、lantus氏がMAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードエミュレータ) v0.72をNintendo Switchに移植したMAME-NX (Based on MAME 0.72) Release 1をリリースしていました。

●SIEJAがPS VR、PS Camera、PS Move2本がセットになった「PlayStation VR エキサイティングパック」を36,980円(税抜)にて9月13日(木)より数量限定で、DUALSHOCK 4の「ブルー・カモフラージュ」を6,480円(税抜)にて10月12日(金)より数量限定で発売すると発表していました。
PSVR Exciting Pack

CUH-ZCT2J 25

海外では新色として「ブルー・カモフラージュ」含む4色が発売されるようです。Berry Blue、Sunset Orange、Blue Camouflage、Copperです。

●Xbox Japan Blogで、日本マイクロソフトがカモフラージュ デザインを採用した『Xbox ワイヤレスコントローラー(アームドフォーセスII)』を2018年9月6日(木)より6,980円(税抜)にて数量限定で発売すると発表していました。
・・・ソニーと同時期に発売なんて、カモフラージュ流行っているんですかね。
WL3-00099


GameGaz Daily 2018.8.19

●ツイッターで、Rinnegatamante氏が1996年に発売された名作FPSゲーム『Duke Nukem 3D』のポートエンジンEDuke32をVitaに移植したEDuke32 Vita portのベータ版をリリースすることを公表していました。オーディオ出力や各種設定、セーブデータの保存と読み出しもサポートしており、ソフトウェアレンダラも最適化済みだそうです。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v2.1をリリースしていました。ux0:data/VitaGrafix/config.txtのVitaGrafix専用設定ファイルを使うことでタイトルIDごとに解像度やフレームレートの設定が行えます。

●GitHubで、 theheroGAC氏がVitaの各種プラグイン(RemasteredControls/ DownloadEnabler/ NoNpDrm/ NoPsmDrm/ PSVita-StorageMgr/ Shellbatなど20種類以上)をワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.16をリリースしていました。Yifan Lu氏のUSBストレージデバイスをVitaのメモリーカードとしてマウントするプラグインUSBMCの追加などが変更点です。

●GitHubで、 WerWolv98氏がNintendo Switch向けのセーブデータダンパーEdiZon v1.4.0をリリースしていました。セーブデータがないときにクラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v0.9-Beta 1をリリースしていました。XCIサポートなどが変更点です。

●GitHubで、 dborth氏がニンテンドーWii向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GX 4.3.8をリリースしていました。コアのアップデートやメモリーの最適化などが変更点です。

●GitHubで、RedGuyyyy氏が特殊チップSA1をサポートしたスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESのファームウェアsd2snes sa1_v06をリリースしていました。SA1を搭載したゲームであることからウィキペディアによりJリーグと表現されているゲームはスーパーファミコンのサッカーゲーム(『Jリーグ’96ドリームスタジアム』であると予想されます)で画面に多数のプレイヤーがいるときにスローダウンする不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.8.17

●GitHubで、 theheroGAC氏がVitaの各種プラグイン(RemasteredControls/ DownloadEnabler/ NoNpDrm/ NoPsmDrm/ PSVita-StorageMgr/ Shellbatなど20種類以上)をワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.15をリリースしていました。初リリース時にはお伝えしましたが、それ以来チェックを漏らしていました。4月にリリースして以降定期的に更新されていました。対応するプラグイン(以下です)が激増していました。
・RemasteredControls (Adrenaline)
・DownloadEnabler
・NoNpDrm
・MiniVitaTV
・NoPsmDrm
・PSVita-StorageMgr
・Shellbat
・Shellsecbat
・Oclockvita
・NoTrophyMsg
・NoLockScreen
・Vitabright (only 3.60 and PSVITA)
・pngshot
・PSV-VSH MENU by joel16
・Vflux by Applelo
・Repatch by dots-tb
・NoAVLS by SilicaAndPina
・ds3vita by xerpi
・ds4vita by xerpi
・PSVita USB streaming! (UVC USB Video Class) by xerpi
・DSmotion
・VitaGrafix

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS4のparam.sfoファイルを編集することができるユーティリティPARAM.SFO Editor V1.2をリリースしていました。純正ツールなしでparam.sfoファイルの保存に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.4.1をリリースしていました。多数のゲームへの互換性向上(3DS版)やアカウントがNon-ASCII文字を含む時にセーブデータバックアップフォルダが破損する不具合の修正(Switch版)などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.11.0をリリースしていました。1つのビルドで全てのSDKがサポートされたことやビルドで100kBの容量削減(トータルで最大500KB)などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がSRLoaderを一新しニンテンドーDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューとしたDSiMenu++ v5.5.0をリリースしていました。nds-bootstrap v0.11.0が含まれたことやDSiシステムメニューフォントの実装などが変更点です。

●GitHubで、WinterMute氏がNintendo Switch向けのFTPサーバーアプリケーションftpd switch v2.2.0-947dc137をリリースしていました。最新のdevkitA64/libnxでリビルトしたことなどが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStation VRが世界累計実売台数で300万台を達成したことを発表していました。

●GitHubで、Zar氏がPS3のIDPS(PS3本体ごとに持つ固有の16バイトのID)を変更してCEX/DEXのダンプデータを作成することができるユーティリティIDPSet v0.88をリリースしていました。最新PS3モデルのIDPSサポートやほぼ全てのCFWでeid_root_key dumperが動作するようになったことが変更点です。


GameGaz Daily 2018.4.23

●PSX-Placeで、DeViL303氏とpink1氏ががPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox v0.5をリリースしたことを伝えていました。Debug Settings Togglerの追加やテーマ/壁紙ダウンローダーの追加などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリの改良版VitaShell v1.9 Mod0.2VitaShell v1.9 Mod0.3をリリースしたことを伝えていました。マルチランゲージのサポートや3.68ファームウェアサポートを含む最新ソースコードでコンパイルしたこと(Mod0.2)やmolecularshellと使った時の不具合修正(mod3)などが変更点です。

●GitHubで、 theheroGAC氏がVitaのプラグイン(DownloadEnabler/ NoNpDrm/ NoPsmDrm/ Shellbat)をワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 1.01をリリースしていました。

●GitHubで、RedGuyyyy氏がスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESで一部のカセットROMに使われていた特殊チップのSuper FX対応ゲームを起動することができるファームウェアsd2snes gsu_v08をリリースしていました。タイミングやRAMアクセスの改良などが変更点です。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.58a r7499をリリースしていました。新オプション追加などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Logic-Sunriseで、Jonathan240196氏がPS3のPKGをダウンロードして RAPファイルもインジェクトすることができるユーティリティPKG Downloaderを開発中であると伝えていました。

●HotHardWareで、マイクロソフトがXbox OneのアップデートによりXbox Oneで120Hzディスプレイをサポートし、120Hzリフレッシュレートにより1080pと1440pが可能になると伝えていました。