Xbox One S

You are currently browsing articles tagged Xbox One S.

GameGaz Daily 2016.11.11




●PSX-Placeで、ErMaK86氏がPS3のCFWで本体のシステム設定やネットワーク設定を保護したりシステムアップデートをしないようにしたりなど各種設定をロックすることができるユーティリティXMB Lock v2.04をリリースしたことを伝えていました。4.81のサポートが変更点です。

●GitHubで、yellows8氏がニンテンドー3DSの暗号法に関する各種ツール集Tools for Nintendo 3DS cryptoをリリースしていました。

●IGN Japanで、日本では発売されていなかったXbox Oneの小型モデルXbox One Sの国内発売日が11月24日に決定したと伝えていました。

●任天堂が、スマホアプリMiitomoの大型アップデートを開始したと発表していました。Android版/iOS版ともバージョンは2.0.1になります。Miiを通じて、フレンドとのメッセージ交換が楽しめる伝言機能追加などが変更点です。

●任天堂が、2017年2月11日(土)、12日(日)に幕張メッセで開催される「闘会議2017」で、Nintendo Switchを先行体験できることを公表していました。.

Tags: , , , ,

●Maxconsoleで、WebPSVR氏が PS4なしのPCのみでPlayStation VRを動作させるためのCライブラリ(LibPSVR)を公開したことを伝えていました。

●PSX-Placeで、Alexander氏がPS3 4.81をベースにしてPS3/PS2/PS1/PSPのISOをサポートするCobra 7.3の機能を付加したカスタムファームウェア4.81 FERROX COBRA (7.3)をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、littlebalup氏がPS3のNOR/NANDダンプデータを検証することができるユーティリティPS3DumpChecker Build 489をリリースしたことを伝えていました。FERROX 4.81 CEXのCoreOSをベースにした4.81パッチ追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、DeViL303,氏がPS3のXMBで大きめのアイコンからバックアップISOなどを起動させることができるwebMAN Launchpad v0.13をリリースしたことを伝えていました。アイコンの追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、playerkp420氏がPS3の4.81をベースにECDSAチェック(署名チェック)を無効化した改造公式ファームウェア4.81 Playerkp420 DUALBOOTをリリースしたことを伝えていました。

●PS3Haxで、playerkp420氏がPS3の4.81をベースにしたカスタムファームウェアPLAYERKP420 4.81 CFWをリリースしたことを伝えていました。

●ツイッターで、RedEyeX32氏がPS4のアップデートを回避するためのプロキシユーティリティPSProxyを近くリリースすると発表していました。

●GitHubで、Yoti氏がPS VitaのIDPSをダンプすることができるユーティリティPSV IDPS Dumper v0.6fをリリースしていました。v0.6fのfは修正版fixのfです。突然バージョンが0.6から始まっていますが、今まではPSP/ePSP向けのPSP IDPS Dumperでバージョンが0.5までありました。

●WinBetaで、マイクロソフトが本日リリースされる予定のXbox OneアップデートでブルーレイプレーヤーアプリケーションがアップデートされBD-RとBD-REに対応することを伝えていました。ただし、ノーマルXbox Oneにもアップデートは適用されるもののこれが有効になるのはXbox One Sのみです。

お尋ねの皆様へ Xbox One SはBD-RとBD-REをサポートします。アプリアップデートは本日です。

●Videogamerで、Xbox Oneの強化版Xbox ScorpioでもXbox 360への後方互換機能は継続してサポートされることを伝えていました。

Tags: , , , , , , , ,

●ポケモンGO公式Facebookで、前回アップデートで機能が削除されたiOS版『Pokémon GO』のバッテリーセーブ機能についてバグがあったので機能を削除したが、修正できたので近日中に公開すると発表していました。

●PSX-Placeで、masterfeizz氏がPC向けニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをVitaのHENkaku環境向けに移植したDeSmuME-Vitaをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはhttps://github.com/masterfeizz/DeSmuME-Vitaで公開されています。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.6の安定板をVita向けにリリースしていました。昨日はnightly buildでHENkakuに対応したvpkフォーマットのVita版が公開されているとお伝えしましたが、今回のはnightly buildではなく安定板になります。

●ツイッターで、Yifan Lu氏がHENkakuが3万台インストールされた記念にDynarecをサポートしたアップデートを公開したと発表していました。DynarecはDynamic recompilationのことで、プログラムを実行しながら再コンパイルできるようにするという、エミュレータや仮想マシンで使われる機能です。

●Githubで、zecoxao氏がPSL1GHTをベースにVita向けのライブラリを統合することでvitasdkとして利用できるようにした開発環境PSDK3v3をリリースしていました。

●NeoGAFで、マイクロソフトが公開したWindows 10 Anniversary UpdateでソニーのDualShock 4コントローラーが使えなくなったことを伝えていました。一部環境においてはデバイスへのアクセスができない状況になっているそうです。

●IGN Japanで、海外のみ発売されたマイクロソフトの新型Xbox One Sについて4KとBlu-rayに対応しただけでなくパフォーマンスも向上していると伝えていました。GPUクロック数が853 Mhzから914 MhzになったことやeSRAMのメモリ帯域が204GB/sから219GB/sになったことがパフォーマンスの向上につながったようです。

Tags: , , , , , , ,

●ツイッターで、smea氏が3DS Homebrew Launcherのサイトを更新したと発表していました。

●GBATempで、 Wolvan氏がニンテンドー3DS向けのHomebrewをブラウズして選択することで簡単にダウンロードとインストールができるようにするためのユーティリティHomebr3w v1.1.0をリリースしていました。ソースコードはGithubで公開されています。

Homebr3w

●GBATempで、任天堂が7月7日からWii U Developers ProgramとNintendo Developers portalを統合し、任天堂プラットフォーム向け(Wii U/ 3DS)のゲーム開発者専用サイト「Nintendo Developer Portal」を公開、デベロッパー申請フォームで申請すれば無償でSDKのダウンロードができるようになったと伝えていました。ただし秘密保持契約は必要です。ゲーム開発者としてHomebrewをeショップで販売できるような環境が用意されたことになりますが、実際には開発機材の購入や、レーティング取得のための費用が必要になります。今までは流出モノ以外に手に入れることができなかった公式開発キットが正規の手順で手に入れることが可能になったというところでしょうか。
Nintendo Developer Portalは日本語表示に対応しています。
https://developer.nintendo.com/home

●Xbox Wireで、マイクロソフトがXbox One小型バージョンXbox One Sの2TB版を海外の一部の国で8月2日から発売すると発表していました。Xbox One SはE3で発表されたものの、発売は8月としか公表されていませんでした。日本での発売は…残念ながら未定です。

Tags: , , ,

●MCVで、UbisoftのAlain Corre氏がニンテンドーNXについてWiiの顧客層をNXで呼び戻すことができるだろうと語ったことを伝えていました。Wiiは任天堂のゲーム機の中では最も成功したモデルであり、NXはWii並みに受け入れられるゲーム機だとUbisoftは評価していることになります。

●Gamerで、SIEワールドワイド・スタジオの吉田修平氏がインタビューの中でPS VRと同時に発表されたPlayStation MoveはPS3のPlayStation Moveに充電用のミニUSBケーブルを同梱して再発売するもので、PS VRではPS3用のPS Moveがそのまま使えると語ったことを伝えていました。これ、個人的にも気になってたんですよね。全く一緒のもののようです。
また、吉田氏は手を使うという観点から両手で持つDualShock 4よりも片手で持つPS Moveの方がVRには向いているとの認識も示しています。ソニー版WiiリモコンでしかなかったPS3のMoveよりも必要性は高まりそうです。

●GamesIndustryで、マイクロソフトのPhil Spencer氏がインタビューの中でXbox One Sは4Kテレビに繋ぐと映像信号を4Kにアップスケーリングすると語ったことを伝えていました。

●EuroGamerで、マイクロソフトのPhil Spencer氏がインタビューの中でXbox Oneの高性能版”Project Scorpio”は4Kゲーム機として設計されているので4K対応テレビがないと意味がないと語ったことを伝えていました。
また、小型化されたXbox One Sは4Kビデオストリーミングと4Kブルーレイビデオの再生に対応していることも併せて語っています。

●VG247で.、”Project Scorpio”のタイトル開発について4Kが必ずしもマストではなく、ディベロッパーが6テラフロップを4K以外の他のことに使いたければそれは構わないと語ったことを伝えていました。

●Xbox Japan Blogで、日本マイクロソフトが2016年6月20日(月)からXbox Oneを5,000円値下げすると発表していました。
Xbox One 500GB (Halo: The Master Chief Collection 同梱版)が39,980円から34,980円(税抜)に、Xbox One 1TB (ディビジョン同梱版) が¥44,980から¥39,980(税抜)に、など、すべてのモデルが5,000円値下げされることになります。
また、2016年6月20日(月)~ 7月31日(日)の期間中Xbox One本体と『Quantum Break』または『Forza Motorsport 6』を同時購入すると更に5,000円引きになるキャンペーンも実施されます。
Xbox One Sはまだ出さないんですかね。

●Polygonで、マイクロソフトのXbox One SはCPUやGPUがXbox Oneよりも強化されているため、過去にリリースされたタイトルでもXbox One Sでプレイした方がフレームレートや解像度が高くなる場合があると伝えていました。

●VG247で、Xbox Oneはキーボードとマウスをサポートするべく開発が進んでいることを伝えていました。Windows PC向けのキーボードやマウスで操作するゲームをXbox Oneでプレイすることを見越して開発されているようです。は

●ポケットモンスターオフィシャルサイトで、『ポケットモンスター サン』『ポケットモンスター ムーン』の2本セットで、特別デザインのパッケージに入れた『ポケットモンスター サン・ムーン』ダブルパックを数量限定で、11月18日(金)に発売すると発表していました。特典として、ゲーム内でポケモンを捕まえることができるどうぐ「モンスターボール」100個×2セットがプレゼントされます。
また、同日に黒色の本体に、『ポケットモンスター サン・ムーン』で登場する伝説のポケモンがデザインされた「Newニンテンドー3DS LL ソルガレオ・ルナアーラ【ブラック】」と、黄色の本体に、ピカチュウがデザインされた「Newニンテンドー3DS LL ピカチュウ【イエロー】」の2つのデザインのnew 3DS LLが発売されることも併せて発表されています。予約開始は2016年7月16日(土)です。

●任天堂が、スマートフォン向けアプリ『Pokémon GO』と、それと連動するデバイス『Pokémon GO Plus』がE3で紹介したことを発表していました。

Tags: , , , , , ,

Major Nelsonで、今年のE3でマイクロソフトが発表した内容をまとめて掲載していました。

「XboxのE3 2016〜小型版Xbox One Sや高性能版Project Scorpio発表」の続きを読む

Tags: ,

NeoGAFで、発表が噂されていたXbox Oneの小型モデル「Xbox One S」の画像が掲載されていました。

「小型版Xbox One画像流出 40%小型化されたXbox One S」の続きを読む

Tags: