PSN Stuff

You are currently browsing articles tagged PSN Stuff.

ゲーム最新情報 2014年4月29日のニュース




●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server v3.6.0をリリースしていました。H.264変換の改良などが変更点です。

●PSX-Sceneで、danielb氏がPS2のISOイメージファイルを読み込むことができるPS2互換のないPS3モデルにも対応したバックアップローダーOpen PS2 Loader(OPL)のための使用を想定した、PS2バックアップゲームの管理のためのWindows向けユーティリティOPL Manager v7をリリースしたことを伝えていました。vmcが既に存在する時に新たに作成するかの問い合わせを行うようにしたことなどの挙動の変更などが修正点です。

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNで バックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、 コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.83をリリースしたことを伝えていました。容量とバンド幅削減のためデータベースを圧縮したそうです。

Tags: , ,

●PS3Haxで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.20をリリースしたことを伝えていました。payload v8へのアップデートやMultimanと同じ方式のディスクレス起動に対応したことなどが変更点です。

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.8をリリースしたことを伝えていました。”Game Updater”タブの追加や、pkgIDへの全タブからのアクセスが可能になったことが変更点です。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN 04.20.03をリリースしていました。DynaRecのサポートなどが変更点です。

●PSX-Sceneで、RazorX氏がPS3 3.55/3.41 CFW向けのアプリやゲームを4.xx CFWでも動作するよう簡単に再署名してくれるユーティリティCFW EBOOT & PKG Resigner v1.11をリリースしたことを伝えていました。pkg再パック化プロセスを修正したことなどが変更点です。

●PS3NEWSで、Sazerty氏がPS3でソニーからBANされたPS3のBAN状態を外すことができるらしいユーティティPSUnban Tools v1.14bをリリースしたことを伝えていました。EBOOT.BINをそのままにするかをアプリケーションが尋ねてくるようにしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Henrik Rydgar氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPPで『God of War』などのゲームが動作するようになるPPSSPP 0.7を1〜2週間後に公開するとつぶやいていました。ただし、フォーラムを読んでみるとppsspp v0.6 r919のWindows版で『God Of War Ghost Of Sparta』が動くようになったものの動作速度はかなり低速で10-12 FPS、バッファレンダリングを切っても17-19 FPSということですので動いたというのがメインの話題です。

Tags: , , , , ,

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.7をリリースしたことを伝えていました。リストビュー右クリックでコンテキストメニュー表示に対応したことなどが変更点です。

●YouTubeで、SCEJがPlayStationの歴史を振り返る動画プレイステーションの軌跡 “さらなる飛躍”を公開していました。テーマはPS2で、次はきっとPS3、最後に未来へ向けたPS4なんていうシナリオでしょうか。
httpv://www.youtube.com/watch?v=e34HCTYumWw

●PS3NEWSで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.11をリリースしたことを伝えていました。PSOneエミュレータでスリープしない不具合の修正などのバグ修正が変更点です。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server v2.4.2をリリースしていました。バグ修正やMacOS XのFFmpegを1.1.2にアップデートしたことなどが変更点です。

Tags: , ,

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.6をリリースしたことを伝えていました。”Splitter”という新しいタブを追加したことが変更点です。

●PS3NEWSで、Sazerty氏がPS3でソニーからBANされたPS3のBAN状態を外すことができるらしいユーティティPSUnban Tools v1.12をリリースしたことを伝えていました。

Tags: ,

●PSX-Sceneで、SubZero DezignsのQuake氏がPS3のゲームIDでゲームのアップデータを簡単にダウンロードしたりすることができるユーティリティSimple PS3Updates v1.3.1006をリリースしたことを伝えていました。不具合修正などが変更点です。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN 04.19.00をリリースしていました。シングルディスク形式のPSOneディスクイメージのストレージデバイス(/PSXISOおよび/PSXGAMESフォルダ)からの起動に対応しRetroカラムにディスクイメージが表示されるようになりましたが、本物のディスク(CD-R/RWへのバックアップディスク)よりも起動率は低いそうです。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgar氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 0.6をリリースしていました。Androidデバイスや他のARMデバイスでの高速化を目的にARM JITでのリリースですが、Snapdragon CPUでは上手く動かないため次の0.61で修正するそうです。

●ModMii公式サイトで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii v6.2.6をリリースしていました。v6.2.5で導入したAbstinence Wizardがexploitなどをダウンロードしない不具合を修正したそうです。

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.4をリリースしたことを伝えていました。壁紙、デモ、ビデオの3種類を追加したことや、ダウンロードのキャンセル機能追加などが変更点です。

Tags: , , , ,

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.2をリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●ツイッターで、cfwprophet氏がPS3のCFWを作るユーティリティPS3MFW Builderの非公式版Unofficial MFW Builder v0.3をリリースしていました。今回は正式リリース版になります。4.xxファームウェアをサポートしたことなどが変更点です。

●PSXBrewで、先日PSL1GHT V2向けライブラリlibmove開発に必要な情報が掲載されていました。

Tags: , ,

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.1をリリースしたことを伝えていました。

●/dev/ram0で、deroad氏がPS3のHomebrewでPlayStation Moveを使うためのPSL1GHT V2向けライブラリlibmove 0.1をリリースしていました。

●Team Xecuterで、管理人のUbergeek氏がReset Glitch Hackとも違う新たなHomebrewのためのハッキング方法を発見したことを示唆していました。まだ未完成で、今後の開発に向けてRRoDの修理をしていないXbox 360 PHATのXenon基板の本体丸ごと提供してくれる人を募集しています。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Serverを非公式の形で機能を追加して独自にビルドしたUniversal Media Server v2.2.5をリリースしていました。レンダリング時のトランスコーディングの不具合修正やビデオセッティングフォルダとサーバーセッティングフォルダの統合などが変更点です。

●日経電子版で、任天堂が据え置き型ゲーム機と携帯型ゲーム機とで別々だった開発組織を統合する組織変更を行い開発体制を見直すことを伝えていました。Wii Uと3DSの次世代の開発にその成果が現れそうですね。

●Homebrew-Connectionで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識しNANDを読み込みやCpuKeyの入手、Jtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティの次のバージョンAutoGG 0.8.7でLAN経由での読み書きに対応することを発表したと伝えていました。その機能はSwizzy氏のSimple NandflasherやTeam FSDのFreeStyleDashをベースにしているそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=KXJ34Jgek2Q

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.4をリリースしていました。cIOSの作成が変わったことが変更点です。

Tags: , , , ,