2018年03月一覧

GameGaz Daily 2018.3.17

●PSXHAXで、zecoxao氏が4.55 PS4のカーネルダンパーとしてSBRAMのダンプをサポートし、minila/eapkernel/圧縮eapkernelを入手することができるユーティリティ4.55 kernel dumperをリリースしていました。

●PSX-Placeで、pink1氏とDeViL303氏がPS3のパッケージファイルの扱いを容易化するために、PC側からPS3に転送して簡単なPKGインストールを可能にするユーティリティPKG Linker v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Ryuzaki-MrL氏が3DSの『思い出きろく帳』に記録されるプレイ履歴やキャッシュされているデータの削除などを行うことができるキャッシュデータ管理ツールCthulhu v1.3.4をリリースしていました。SDカードに /3ds/data/cthulhu が存在しないとバックアップをしようとした時にクラッシュしてしまう不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、kitling氏が3DS bootromhaxのためのFlashcartのFlash書き換えユーティリティntrboot_flasher v0.4.0をリリースしていました。バックアップファイル名がFlashcart名のショート版(ak2i-backup.binなど)になり分かりやすくなったことや、Ace3DS+およびそのクローンのサポートなどが変更点です。

●Kotakuで、ニンテンドー GameCubeのケースと3Dプリンターで作成したSwitchドックを組み合わせることによりGameCubeドックを製作、SwitchをそのGameGubeドックに装着してゲームキューブコントローラーを使用できるようにする改造を紹介していました。

●ツイッターで、周辺機器メーカー8Bitdoが8Bitdo USB AdapterがXbox One Sコントローラーのサポートを発表していました。これにより、Nintendo SwitchでXbox One Sコントローラーの利用が可能になります、

●任天堂が、 「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」は本日より再販すると発表していました。

●PSX-Placeで、Sakimotor氏がPS3のPS3Xploitを利用し PSX/PSP/PS2のゲームに署名してインストールするためのチュートリアルを公開していました。


GameGaz Daily 2018.3.16

●GitHubで、Frangarcj氏がVitaの偽ライセンスを使用しPlayStation MobileコンテンツのDRM(デジタル著作権管理)を回避することができるtaiHENプラグインNoPsmDrm V1.3をリリースしていました。3.65 / 3.67のサポートなとが変更点です。

●GitHubで、joel16氏がVitaでVSH Menuを表示するtaiHENプラグインPSV VSH Menu v2.1 (bug fixes)をリリースしていました。VSH menuを閉じた時にバッテリー表示を続けるかどうかの設定を追加したことや不具合修正などが変更点です。


Switch 5.0.0はGMMU exploit対策も

GBATempで、Nintendo Switchの5.0.0はgmmuhax(GMMU exploit)対策だったと伝えていました。

続きを読む


GameGaz Daily 2018.3.15

●PSX-Placeで、PS3Xploit TeamがPS3の4.81/4.82でPSNアカウントを利用し、バックアップを含むPKGファイルに署名をしてインストールできるようにするユーティリティPS3Xploit Tools v3.0をリリースしていました。(ikarabi-blizさん情報ありがとね)

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox Beta v0.2をリリースしていました。

●PSXHAXで、thierry氏がqwertyoruiop氏のPS4 5.50 Webkit exploitを5.03に移植したPS4 WebKit Exploit for Firmware 5.03をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.83をリリースしていました。ネットワークアップデートの修正ですが、GitHubがTLS 1.0/1.1のサポートを終了したために1.83へは手動でアップデートを行う必要があります。また、ux0:patchが暗号化されることからChangelogのサポートも終了です。

●GitHubで、 MrComputerRevo氏がPS Vitaのゲームをダンプすることができるユーティリティ<a href=”https://github.com/BeniYukiMai/MaiDumpTool/releasesMaiDumpToolEN for 3.65をリリースしていました。MrComputerRevo氏がrePatchを使って3.65 ensoで動作するよう改良したものです。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v4.09をリリースしていました。3.65 CFWのサポートや自動ネットワークアップデートの修正(TLS v1.2サポート)などが変更点です。

●GitHubで、SilicaAndPina氏とdots-tb氏がux0にrePatchフォルダを作成し、ux0:patchと同じ機能を持たせることができるカーネルプラグインrePatch 0.3rePatch 0.3.1rePatch 0.4をリリースしていました。ステルス機能のアップデート(3.0)、書き込みプロテクトの追加(v3.0.1)、不具合修正(0.4)などが変更点です。

●GitHubで、xyzz氏がVitaのPSボタンとStartボタンでpngフォーマットのスクリーンショットを保存することができるtaiHENプラグインpngshot v1.1をリリースしていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏が現在開発中のFPSゲームQuake3をVitaに移植したvitaQuakeIIIの現状のデモビデオと今後の開発方針を公表していました。

●ツイッターで、zaksabeast氏が3DSのバーチャルコンソールでデバッグメニューらしきものを発見して話題となっています。今わかっていることはメニューへのアクセスはCFWとゲームへのパッチが必要で、ノーマルの3DSでボタンコンボで…というものではないようです。(cloverさん情報ありがとね)
VC_Debug_menu

●GitHubで、Ryuzaki_MrL氏がNintendo Switch向けのテトリスクローンゲームTetriswitch 1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていました。前回はまだ使わないでね状態でしたが、もう大丈夫なようです。Github TLS v1.2のサポートによるオートアップデート昨日の修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.14

●PSX-Placeで、AlFaMoDz氏がPS4 4.55/4.05/1.76 exploit向けにペイロードを読み込ませることができるWindows向けユーティリティPayLoad Sender V2をリリースしていました。4.55に対応したことなどが変更点です。
PS4 Payload Sender v2 for 1.76 4.05 4.55 OFW by AlFaMoDz

●Playstationhaxで、TheDarkprogramer氏がPS4のparam.sfoファイルを編集することができるParam SFO Editorをリリースしていました。
Param SFO Editor

●GitHubで、Cpasjuste氏がアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)をNintendo Switch(とVita)に移植したpFBA 1.52をリリースしていました。Switchでのグラフィックの改善などが変更点です。


TheFloW氏を待てない 3.65 HENkaku Ensōに合わせてシーンに動きが

PSX-Placeで、CelesteBlue氏がPS Vita 3.65のカーネルダンプデータを公開、3.65解析のためのツールを提供することを公表したと伝えていました。

365-Henkaku-enso

続きを読む