PlayStation VRの驚愕体験 レビューしてみたりします





自分の目の前がゲーム空間になるバーチャルリアリティ体験をPS4で実現できるというのは、Oculus RiftやHTC Viveなどといったライバルがいる中、安価なPS4があれば高価なゲーミングPCでなくともVR体験が楽しめることから、画期的と表現しても良いと思います。

ま、何はさておきこの日のために休みまで取ってPSVRを入手して早速プレイしてみました。(PSVR自体は(2回目の予約販売時に店頭予約済みです。深くはプレイしていませんが(理由は後述)、ファーストインプレッションの軽いレビューなどをお伝えしたいと思います。

まず、予約していたビックカメラで箱を奥から運び出された時の印象は
「で、でかいな、箱」
少なくとも両腕で持って運ぶ方が絵になると誰もが思うサイズです。満員電車では持って帰りたくないですね。

psvr1

そもそもPSVRは後付けオプションみたいなものですので取り付けると配線だらけになります。したがって同梱物もケーブル類がたくさんあります。

箱は変わった開け方をする仕組みでしたが…

psvr2

中身はケーブル類が結構入っています。

psvr3

箱はでかいと言いながらもPSVRデバイス本体がこのサイズですから当然と言えば当然だとこの時納得しました。

psvr4

で、レビューです。

初期設定がかなり面倒くさいです。ソフトウェア的な初期設定ではなくハードウェア的な初期設定です。

多分PSVRを購入した誰もが感じると思いますが…

ケーブルまみれ

です。

「プロセッサーユニット」というものを介して全てを接続するという仕組み上やむを得ませんが、PS4の背面から前面からケーブル生えまくりです。やってることは大したことありませんが、ケーブルは長めのものが同梱されているため綺麗に配線するのが至難の技です。途中で私は華麗な配線を諦めました。この「プロセッサーユニット」というものがあるからPS4でもVRが可能になったのだと思いますが、VRという驚愕のゲーム体験の裏にある、開発者の方の努力がこのPSVRのクソ面倒な配線に表れています。ただし、決して難しいものではありません。取説読まなくてもやれる人にはきっとできます。

ケーブルまみれということにはもう一つ、大変なデメリットがあります。

「これ、VRをプレイしないときどうすりゃいいんだよ…」

毎回プレイのたびにケーブルセッティングなんてやってられないので当然そのまま放置するしかないのは分かってますよ、はい。

肝心のVRコンテンツですが、実はPSVR同時発売タイトルの中に興味を引くものがありませんでしたので(本当はグランツーリスモSPORTが欲しかったのですが、当初から発売は11月でしたし、既に来年へ延期が発表されています)、無料のコンテンツだけでVR初体験をしようと心に決めて今回はVRゲームの購入を見送りました。

え?「サマーレッスンは?」って?
娘に変態呼ばわりされたのでやめましたよ、買うのは。

ということで、デモ版をはじめとした無料コンテンツを片っ端からダウンロードしました。ダウンロードに時間がかかってセッティング終わってからプレイするまで結構待たされました。

無料コンテンツの中で、VRらしい体験ができたと感じたのは
『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR
これ、東京駅の前で(多分倒れている自分の目線から見た)目の前を暴れるゴジラを見るだけのムービーなのですが、尻尾だけが自分の目の前を横切り、消えたと思ったらビルの向こうからゴジラが現れ、自分の方へ近づいてきてゴジラと目があったうわぁぁぁと思ったら目の前に岩が飛んできて潰されてジ・エンド、というものです。ゴジラと目があったときはマジで怖くなりました。岩が飛んできたときはマジでうわぁぁぁと叫んでしまいました。リアルで体験したことがないコンテンツの刺さり方は半端ないです。

それからPlayStation VR Demo Discに入っている『DRIVECLUB VR』の体験版。実際にフェラーリに乗ってコースを走れますが、本当にドライバーズシートに座っている視界が目の前に広がっているのは感動すら覚えました。グランツーリスモも同じですが、レーシング系ゲームはVRと非常に相性がいいと感じます。

ちなみに、『DRIVECLUB VR』でコースを3周回ったあたりで気分が悪くなってしまいました。VR車酔いですね。自分で運転していて車に酔うことはないと思っていたのですが、どうもそうではなかったようです。

そして『初音ミク -Project DIVA- X HD 体験版』のライブ鑑賞。コンサート会場の中で自分のいる位置を変えられるのがVRならではですが、ミクを下から覗き込むとスカートの中が見えます。スパッツ履いてましたが…これもVRらしい楽しみ方(?!)と言えます。

PSVRはいまだ体験したことがないゲーム体験を与えてくれる画期的なデバイスだと感じます。残念なのは私にとって魅力的なゲームコンテンツが提供されていなかったという点。デバイスよりもコンテンツの方が重要だと改めて強く感じました。それから私はこんなもんだと割り切っていたので気になりませんでしたが、ゲーマーな我が家の娘の感想は「映像が荒い」でした。圧倒的にテレビの方が綺麗だ、と。

PSVRの解像度はスペック的には1920 X 1080ですのでフルHDですが、感覚的にはPS2のグラフィックを見ているような感じがします。PS4 Proだと違うのかもしれませんが、発売日に購入した初期型PS4では少なくとも「VRとして見ているグラフィックはPS2レベル」でした。

非常に残念ながら、PSVRは我が家では今後しばらくお蔵入りになります。最初に「深くはプレイしていない」と書いた理由と同じですが、そもそもVRでプレイしたいゲームを買っていないので楽しむべきコンテンツがないのです。
なんとなく1回目のPSVR予約争奪戦に参加してあっけなく玉砕したので2回目の予約争奪戦は何が何でも手に入れる、と意地になってしまったところがあります。PSVRは本来プレイしたいゲームがあって初めて活用できるデバイスですので、今PSVR購入を迷っている方は「このゲームがやりたい」というターゲットが決まってから購入計画を立てた方が良いと思います。

Tags: , ,

  1. sai’s avatar

    PS3レベルではなく、PS2レベルですか??
    PS2の思い出補正入っていませんかね、PS2は今見るとかなり荒いです。
    ぼやけ方とかシャギがPS2を思い出させる、とかならわかりますが。

  2. mamosuke’s avatar

    我が家の環境書いた方が良かったですね。
    テレビはフルHD非対応HDMI非搭載のD4端子のみのため、PS4にはアナログコンポーネントをHDMI変換かましてPS4を720pにして使っています。
    720pなりならいいのですが、改造感は全くないです。1080pはテレビの方が映らなくなるのですが、VRゴーグルがどうなるのかはちょっと試してみます。

  3. sai’s avatar

    ということはVRの初期設定が終わってからであれば、
    VRの方に1080Pで出すことはできそうな気がしますね。
    ただ、普段使いのTVと設定を異にするのは面倒ですね。

    なんというか、VRよりTV買った方が良かったのでは(笑)
    我が家はそろそろ5年になるので繋ぎで買うかどうかが悩ましいところですが、
    HDRがこなれてきたり、8kが出てきたら買い替えたいですな、Proのためにも。

  4. 白猫’s avatar

    mamosukeさんはすぐにピント合いましたか
    自分はなかなかベストなピントにできずに苦戦してます
    ボケボケで辛い

  5. mohu’s avatar

    北米PSNアカウントで出来る体験版はより多いですよ
    アンティルドーンVR、キッチンその他日本で配られてないのがあります。
    しまう前にやってみては

  6. VRRV’s avatar

    PS2レベルじゃないでしょ。解像度が低いだけで中身はPS4レベルなのだから。
    実際PS2でPSVRゲーの質感とか物理演算とかポリゴン数は絶対出せない。
    例えるならば、DVD画質レベルと言うべき。

  7. Lighger’s avatar

    マジックテープ式の結束バンド (5mとかでロールになってるタイプ) があるとかなり便利ですよ

  8. TKG’s avatar

    キッチンって日本だと有料配信だけれど、北米だと無料なの?

  9. mohu’s avatar

    北米だとキッチンは無料ですよ
    z指定コンテンツの為クレジットでの年齢認証の為にやってるんじゃないですか
    よく日本で10円、100円セールやってるゲームなんかは
    海外で配ってるz指定だったりしますよ

  10. TKG’s avatar

    (北部垢作るか…)

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です