Wiimms SZS Tools一覧

ゲーム最新情報 2012年7月7日のニュース

●GamesBeatで、PC用タイトルである「Left 4 Dead」がユーザーによってPlayStation Mobile SDKでPS Vitaに移植されて動作していることを伝えていました。デモビデオが公開されており、PS Vitaのセンサーも使って移植されているのが分かります。
httpv://www.youtube.com/watch?v=yXZiychRKTI

●Tortuga-Coveで、andbey0nd氏がShowtimeで本来ならアクセスできないPS3のHomebrewから光学ディスク(DVD-R/RW、CD-R/RW、BD-R/RE)へのアクセスを可能にするユーティリティShowtime Disc Accessをリリースしたことを伝えていました。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta30をリリースしていました。フォント関連の不具合の修正などが変更点です。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.42aをリリースしたことを伝えていました。バグ修正やコマンド追加などが変更点です。

●Elotroladoで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識してNANDを読み込みやCpuKeyの入手、Jtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティAutoGG v0.6.1をリリースしていました。Corona基板のRGHのためのCPLDファイルのサポートやXebuild 1.04パッチ追加が変更点です。

●GoNintendoで、任天堂が今年の末のWIi U発売に合わせてニンテンドー3DSにも対応した統合型のアカウントシステムを導入すると伝えていました。3DSのeShopでも使えるWii Uのアカウントになりそうです。

●ツイッターで、naehrwert氏がWiiのゲームディスクにオンザフライでパッチを当てて、ゲームのテクスチャや音楽などをSDやUSBデバイスに入っているコンテンツと入れ替えることができるRiivolutionのboot.elfペイロードデータを復号して復元することが可能なユーティリティunrii (riivolution boot.elf payload unpacker)をリリースしていました。Riivolutionは2010年の9月に公開されたv1.04以降アップデートされておらずオープンソースでもないためnaehrwert氏は中身を公開しちゃってもいいよね的な発想でunriiをリリースしたようです。


ゲーム最新情報 2012年6月25日のニュース

●PSX-sceneで、Aldostools氏がPS3の各種ツールを更新したことを伝えていました。更新されたのはPS3のPARAM.SFOファイルの編集やPARAM.SFXをPARAM.SFOに相互変換できるPARAM.SFO editor 2.4.0と、PSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデートを入手することができるユーティリティPS3 Game Updates 1.0.4、PS3のFTPクライアントアプリケーションPS3 FTP Client 2.8です。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.41aをリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●Wii-infoで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter r23をリリースしたことを伝えていました。DIOS-MIOS (Lite)のバージョン表示機能追加や新たにサブメニューへゲームのコピー/削除項目を移動したことなどが変更点です。

●Wii-infoで、oggzee氏がWaninkoko氏のSD/USB LoaderなどをベースにしたWiiのUSBローダーConfigurable USB Loaderを改良したMOD版Configurable USB Loader v70 mod r35をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOSのサポート追加や仮想NANDでのWiiゲームを無視するようにしたことなどが変更点です。
[追記]
カスタマイズWiiで、K-M氏がConfigurable USB Loader v70 MOD r35 日本語版をリリースしていました。

●Wii-infoで、Hibernatus氏らWiiflowチームがカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーWiiflow 3.0 Alpha (rev426/mod r506)をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOSのサポートなどが変更点です。

●Team Xecuterが、JTAG/RGH Xbox 360のNANDイメージを作成するXebuildの機能に加え、NAND読み書きなどもできるようにしたオールインワンユーティリティJ-Runner v0.2 Build 278をリリースしていました。DashLaunch 3.02やxebuild 1.03のサポート追加が変更点です。

●C4evaSpeaksで、最近リリースされたXbox 360のダッシュボートの15574カーネルでのLiveログを調査していたC4Eva氏がログを調査した結果15574カーネルは安全だったとコメントしていました。BANされる仕組みが新たに取り入れられた形跡はないようです。

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v2.0をリリースしていました。SnowyDew氏と協力し、PS3の著作権管理のための NPDRMに関わるEDATファイルを復号化/再暗号化することができるユーティリティEdat Encryption/Decryption tool(EDAT tools)を組み込んだそうです。

●Homebrew Connectionで、Swizzy氏がXbox 360の最新ダッシュボードをサポート したfreeBOOTスタイルのNANDイメージを作成するためのGUIユーティリティXeBuild GUI 2.071bをリリースしたことを伝えていました。xeBuild GUI 3.0を近くリリースする予定もあるそうです。

●Xbox 360 Magazineで、Wedbush SecuritiesのアナリストMichael Pachter氏がXbox 720はケーブルテレビのセットトップボックスとしての機能を持つモデルが存在し、ケーブルテレビと組んで2年契約で本体価格99ドルといったような長期契約付きで2014年に発売されるとの予測を語ったことを伝えていました。あれ、この前は2013年だと言っていた気がしますが…

●SCEJが、2012年6月28日(木)からPlayStation Vitaで楽しめる「ARプレイ」の展開を開始すると発表していました。「ARプレイ」とはPS Vitaのカメラ機能を使用し専用の「ARプレイカード」を読み取ることで、画面上にカメラ映像と仮想画像を重ね合わせる拡張現実(AR)タイトル群の総称です。ARプレイタイトル『TABLE PLAY SOCCER』『CLIFF DIVING』『Fireworks』をPlayStation Storeで2012年6月28日(木)から無料配信するそうです。


ゲーム最新情報 2012年6月17日のニュース

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta 12をリリースしていました。dol/elfファイルがmem2に読み込まれる時のカバーキャッシュに起因する問題の修正やdolロード時のチェック機能追加などが変更点です。

●WiiMC公式サイトで、Tantric氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMC 1.2.9をリリースしていました。NASデバイスの互換性の問題を修正したことが変更点です。

●PS3-Haxで、aldostools氏がPSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデートを入手することができるユーティリティPS3 Game Updates v1.0をリリースしていました。PS3 Game Updaterの影響を受けて作られたもので、要求ファームウェアが3.56+でパッチが必要なゲームの色表示を変えたりなどの機能追加がされています。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.40aをリリースしたことを伝えていました。Cygwin DLL 1.7.15-1へのアップデート(Windows版のみ)などが変更点です。

●Logic-Sunriseで、TingedAce氏がXbox 360のNANDファイル管理ツールでエラーがあって不一致を起こしていてもbad blocksをリマッピングすることで修正してくれるユーティリティXNandHealer GUI v2.0をリリースしたことを伝えていました。NANDのバックグラウンド解析や最新のMultibuilder 0.94やRGH2のサポートなどが変更点です。

●Homebrew Connectionで、Ced2911氏がXbox 360のプログラムライブラリであるlibxenonライブラリを用いMplayer(オープンソースメディアプレーヤー)をベースに開発したXbox 360のビデオプレーヤーXMPlayer V0.0.1をリリースしていました。


ゲーム最新情報 2012年6月10日のニュース

●wololo.netで、wololo氏が先日募集したVHBLメニューコンテストの締め切りを6月9日(土)から1週間延期し6月16日(土)とすると発表していました。ビデオはいくつか応募があるのですが、肝心のVHBL Menuはまだ応募がないみたいです。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.39aをリリースしたことを伝えていました。

●PROチームがPSPのオープンソースカスタムファームウェア639PRO-C fix4をリリースしていました。バージョンアップしたのは6.39だけですが、6.39 PRO-C fix3でCIPLリンストーラーが間違っていたそうで、正しいCIPLインストーラーに置き換えたそうです。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのUSB LoaderをベースにしたGUI版ローダーUSB Loader GX r1189 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*カテゴリフィルタを改善


ゲーム最新情報 2012年6月6日のニュース

●PSX-sceneで、deroad氏がPS3のHomebrew作成時に利用できる開発者向け2DグラフィックライブラリNoRSX 0.0.9をリリースしたことを伝えていました。TTFのサポートを追加したため他のフォント読み込みが可能になったそうです。

●PSX-sceneで、drizzt氏がCFWをインストールしたPS3でPSNへプロキシ接続するためのユーティリティfuckPsn v0.7をリリースしたことを伝えていました。今回のリリースはテストが目的で、4.11へのバージョン偽装ツールをサポートしたものの、PSN接続は自己責任でやって欲しいそうです。テスト結果を反映させた正式版は後日になりそうです。
[追記]
CFW 3.55Kmeaw/geohotで動作しなかったバグを修正したfuckPsn v0.7bが公開されています。また、True Blue v2.7での動作も確認されたそうです。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.38aをリリースしたことを伝えていました。コマンドオプション追加が変更点です。


ゲーム最新情報 2012年6月3日のニュース

●PS3Haxで、aldotool氏がPS3のPARAM.SFOファイルを編集することができ、PARAM.SFXをPARAM.SFOに相互変換することができるWindows用ユーティリティPARAM.SFO Editor 2.3をリリースしていました。その他のツールを内包したPS3Toolsとして配布されています。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオキャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v0.37aをリリースしたことを伝えていました。バグ修正やコマンド追加、Google SketchUpファイルとの連携などが変更点です。

●Elotroladoで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識し、NANDを読み込みやCpuKeyの入手やJtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティAutoGG v0.4 – RC16をリリースしていました。Cpld&NandFlasherでSquirt Teamのサポートを得たことなどが変更点です。
httpv://www.youtube.com/watch?v=AOhqJe2q1Sg

●x360glitchip公式サイトで、SoulHeaven氏がXbox 360でReset Glitch Hackを利用するためのデバイスx360Glitchipsのチップに書き込みするためのプログラマツール360gcProg v1.5をリリースしたことを伝えていました。5種類のRGH2タイミングを設定できるようにしたそうです。

●ツイッターで、plum氏がPSPの内蔵フォントを使用するBenHur氏のライブラリintraFontを利用したVSH MenuとなるSystemMenu v10.0をリリースしていました。

[Changelog ver 10.0]
– メニュー操作をアナログパッドでも行えるようにした。(設定ファイルにアナログパッドを有効にするか指定できるようにしました)
– ISO VIDEO MOUNTのバグを修正した?

●Wii-Homebrewで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter rev19をリリースしたことを伝えていました。オプションメニューできちんとボタンが機能するよう修正したことなどが変更点です。

●ゆうの開発所兼物置きで、yuh0q223氏がWindowsライクなユーザーインターフェースを持つPSP向けファイルマネージャーPSPTreeExplorer v1.2fixをリリースしていました。

v1.2fix
zip圧縮時のバグ修正(機能付け足したとたんこれでごめんなさい…
ファイル操作中に経過時間と予想残り時間を表示するようにした

●nborsで、naehrwert氏がPS3のJailbreakドングルTrue Blueを解析し、途中経過を報告していました。oct0xor氏がTrue Blueのペイロード復号に成功し、そのデータを元に解析をしているようです。現状ではTrue Blueのペイロードの中にバーチャルマシンを忍ばせてある模様です。簡単に解析されなかった原因はその辺りにありそうです。

●DSi-Homebrewで、M3 TeamがニンテンドーDSi/3DS用Flashcart M3i ZeroのファームウェアM3i Zero Core data file V4.1.0をリリースしたことを伝えていました。3DSの4.1.0-8JとDSi/DSi LLのV1.4.4Jをサポートしたそうです。