PS3一覧

ゲーム最新情報 2011年5月15日のニュース

●SCEがPlayStation Networkのパスワード変更を可能とするPlayStation 3システムソフトウェア ver.3.61のアップデートを全世界で開始したと発表していました。バージョン3.61にアップデート後、初めてPlayStation Networkにサインインするとき、パスワードの変更が必要となるアップデートですが、日本ではシステムソフトウェアのアップデート後、すぐにパスワードの変更をすることはできず、PSNサービス再開時期については「決まり次第、公式サイト等でご案内」となっています。
PSPのパスワード変更についても、日本でPSNのサービスが再開されたら案内するとしています。当然PSPでパスワード変更を可能とするファームウェアアップデートも公開されるでしょう。

●eXophaseで、ソニーのサーバーを攻撃したハッカーはアマゾンのクラウドサービスEC2をプロキシに利用していたことが分かったと伝えていました。アマゾンは偽情報でサインアップはできてもクレジットカード情報は正規のカード番号が必要であるため、FBIはアマゾンからサービスの利用履歴や支払い履歴を得て調査をする方針のようです。

●US PlayStation Blogで、平井一夫氏からのビデオメッセージを紹介していました。ユーザーに不便をかけたことを詫びる(といっても頭下げてる詫び方ではないし、超眺めがいい高層ビルの上層階でいかにも偉い人っぽい机+イスに座って上から目線で言われても…)と共に、今後のPSNの方針などを力説しています。

●PSX-sceneで、マルチリージョンブルーレイ対応機能やブルーレイ・DVDのISOをHDDから再生する機能、PSOneやPSP Minis、4GB以上のPS3バックアップ(外付けHDDから)もサポートしているPS3のUSBドングル“Cobra-USB”をレビューサイト向けと初期予約分が発送されたことを伝えていました。PS2互換機能を持つPS3FATでしか機能しませんが、2週間以内にリリース予定のCobra-USBのファーウウェア2.0でPS2のバックアップISOサポート機能を用意しているそうです。

●Joystiqで、売れていないXperia Playの今後についてソニー・エリクソンのマーケット開発担当責任者Dominic Neil-Dwyer氏が今年のE3でアナウンスを行うと語ったことを伝えていました。ゲームタイトルの発表や対応デバイス追加の発表のようです。

●GBAtempで、davebaol氏がWiiのカスタムIOSであるwaninkoko氏のcIOSX rev21のEHCIモジュール改良版cIOSX rev21d2x v4 Beta 4をリリースしたことを伝えていました。ES – Addedに”return to channel”機能追加などが変更点です。

●GBAtempフォーラムで、jskyboo氏がWiiにIOSやチャンネル、システムメニューなどをインストールすることができるユーティリティWii Mod 2.6をリリースしていました。IOSチェックスキップのためのオプション2項目追加、cboot2/sneek/uneek対応などが変更点です。

●GBAtempで、R4i Gold teamが3DS対応ではない古いタイプのFlashcart R4i GoldをDSiのファームウェア 1.4.2への対応と同時に3DSにも対応させることができるR4i Gold 1.4.2 Patch For Older Cartsをリリースしたことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r34をリリースしたことを伝えていました。Homebrew Filter内でのmeta.xml編集機能、スタート時の自動ネットワーク初期化を無効する(再度有効にすることも可能)機能に対応、プラスマイナスボタンとLRボタンの機能入れ替えに対応などが変更点です。

●XboxHacker BBSで、Electon^-氏がベータ版ダッシュボードアップデートでファームウェアを書き換えてしまったXbox 360 LiteOn FATドライブからkey抽出などをすることができるWindowsおよびUNIX用ユーティリティe-Tool v0.2をリリースしていました。


ゲーム最新情報 2011年4月28日のニュース

●Wireless Goodnessで、FCC(Federal Communications Commission:連邦通信委員会)への届け出書類からCECH-3001AとCECH-3001BというPS3の新型式モデルが見つかったことを伝えていました。CECH-3001AとCECH-3001BではHDD容量が異なるようです。ECH-3xxxシリーズとなり、今までのCECH-2xxxという型式からの大きなモデルチェンジを意味しており、この第三世代(第二世代PS3 Slim?)は間違いなく万全なハッキング対策が施されていることでしょう。

●PS3-ITAで、Kmeaw氏がPS3の3.60をベースにしたCFW 3.60 Kmeawを開発しているらしいことを伝えていました。噂レベルのようですが。

●/talkフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPにホットキーを設定することで簡単に電源OFFや再起動、スリープ、輝度変更など電源関係をコントロールするためのプラグインPSP Power Controller v4.3をリリースしていました。6.38に対応したそうです。

●GBAtempで、tysong氏がニンテンドーDS用Flashcart iSmart MMにDingoo用LinuxのDungux Z4を移植したiSmartLinux v1.0 betaをリリースしていました。BIOSは各自用意する必要があるそうです。

●MaxConsoleで、XBOX LIVEもPSN程の規模ではないがハッカーから攻撃を受けていることを伝えていました。『Modern Warfare 2』をプレイ中のユーザーにフィッシング詐欺メッセージを受け取る可能性があることをXBOX LIVEのステータスが示しているようです。

●Xbox-sceneで、C4Eva氏がSlim 0225対応iXtreme LT2.0はXGD3(最新ベータプレビューダッシュボードアップデートで導入された新ディスクフォーマット)のバックアップ起動をサポートするとチャットで報告したことを伝えていました。Xbox 360の光学ドライブをエミュレートし、USBメディアからXbox 360や初代Xboxのゲームを起動することができるx360keyについても何らかのアプローチをするようです。


ゲーム最新情報 2011年4月25日のニュース

●/talkフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPの電源関連の管理をするプラグインPSP Power Controller Ver4.0をリリースしていました。私が把握している範囲で初の日本からのエントリーです。

●JailbreakSceneで、Robo Hobo氏がPS3用MS-DOSエミュレーターDosbox 0.74 PS3 r1をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能、バックアップマネージャー機能をも統合したマルチ管理ツールMultiMAN v1.17.02をリリースしていました。インターフェースの改良、System MenuにXMB VIDEOファイルのリンクをShowtimeのオプションとして追加、System MenuにShowtimeを起動するオプションを追加、PNGフォーマットのカバーのサポート、REBUGのサポートなどが変更点です。

●Nintendo Everythingで、任天堂のプラットフォーム開発者やパブリッシャー向けのサイトWarioWorldに“cafe”という名称のディレクトリが存在したことを伝えていました。WarioWorldには”wii”、”nitro”、”ctr”といった実在したコードネームなどのみが実在しており、適当な名称を入れると404が出るそうです。Wii後継機のコードネームは”Project Cafe”と言われていますが、それを裏付ける情報と言えそうです。

●任天堂が、プレスリリースでWiiの後継機となる新しいゲーム機を2012年に発売することにしたと発表していました。6月7日からロサンゼルスで開催されるE3で「体験いただける状態で出展し、その際に具体的な仕様について公表」するそうです。(999さん、DENさん情報ありがとね)

●PS3insideで、ソニーが再構築に時間がかかるとしているPSNについてダウンロードコンテンツを新マスターキーで署名し直し、システムを再構築していると伝えていました。PSNが復活すると、以前ダウンロードしたコンテンツは再度ダウンロードし直しになるとしています。直すだけでそんなに時間かかるものかと不思議に思っていましたが、そんなことまでしているのなら納得です。時間がかかることに対してですが。


ゲーム最新情報 2011年4月16日のニュース

●Engadget 日本版で、ソニー・コンピュータエンターテインメントが、プレイステーション3の全世界累計売り上げ台数が3月29日時点で5000万台を超えたことを発表したことを伝えていました。

●/talkフォーラムで、codestation氏がPSPのゲームを止めることなく、ゲームごとにフォルダ分けしてBMPフォーマットでスクリーンショットを♪ボタンで撮ることができるプラグインPRXshot v0.3.0をリリースしていました。ゲームごとにスクリーンショットを取るボタンをカスタマイズする機能を追加、フックコードのリライトにより6.20 TNでローダー使用時のクラッシュ回避などが変更点です。

●ツイッターで、plum氏がPSPでMP3再生をすることができるMP3プレイヤープラグインをPOPSに対応させたテスト版のmp3playerpluginをリリースしていました。
[追記]
あくまでもテスト版ですが、フリーズするなど問題があるようでplum氏から「まだPOPS対応出来てないです…」と報告受けました。逆に紹介しちゃってご迷惑おかけして申し訳ないです。

●PS3Crunchで、Maises氏がPS3のSELF/SPRXファイルを編集することができるユーティリティーLordSELF v0.1をリリースしたことを伝えていました。

●PS3Crunchで、PS3のゲーム『Portal 2』は新しい3.60のkeyを利用して暗号化してある初のゲームでCFW3.55ではプレイできないことを伝えていました。現存するツールではPARAM.SFOの編集もEBOOT復号もできないそうです。

●PCFreak30 Modding and Hacking Newsで、pcfreak30氏がPS3でデバッグ機能を有効にするRebug CFW 3.55.1でオンラインプレイ時に開発者用ネットワークSP-INTではなく市販機と同じサーバーへ接続する手段としてServer Mapperのようなツールを使わず、いわゆるDNSトリックを使って実現する方法を公開していました。プライマリとセカンダリDNSを以下のようにIPを設定するそうです。
United Kingdom: 46.166.128.101
United States: 67.159.31.149
pcfreak30氏がサーバーを自前で用意したらしいので、利用ユーザーに寄付を依頼しています。日本でもサーバーさえ誰かが用意すれば同じことができるのでしょうか。

●PSGrooveで、blazie151氏がPS3の本体ID偽装にce24とce27の証明書を利用しPSNでBANされないようCFW Rebugにステルス機能を搭載したRebug 3.55 & 3.41 Stealth Versionをリリースしていました。

●ツイッターで、neur0n氏が非対策基板PSP-2000用のカスタムファームウェア6.35Custom v21をリリースしていました。iso_cache のファイル名を変更、syscall patchのバグ修正が変更点です。ここで書いたおかげか日本語のreadmeが入っていました。過去の更新履歴まで全部日本語になってます。neur0nさんありがとう!(shinyaさん情報ありがとね)

●PSPKingで、3Dゲームエンジンを開発するTrinigyがNGPをサポートするとしてデモビデオを公開したことを伝えていました。Trinigyの”Vision Game Engine”はリアルな光や影の描写が特徴だそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=AbAgZWFtuM8

●PS3Crunchで、世界でおそらく一番メジャーなPS3のバックアップマネージャーmultiMANの作者dean氏が開発のためのPayPalによる寄付を募っているので協力してほしいと伝えていました。

●ツイッターで、SnyFbSx氏がPSP本体のステータス情報表示や画面輝度設定、決められた時間経過後に自動で電源を落としたりリスタートのためのホットキー設定などができる電源管理のためのプラグインPSP Power Controller v3.3をリリースしていました。バッテリーアイコンの横に現在時刻の表示を追加、iniファイル設定項目「setPosition」にて、表示位置の変更出来るように対応したことやバグ修正が変更点です。

●Geohot氏が、裁判費用として集めた寄付金の残り全額にキリのいい数字になるよう自費を加えた10,000ドルを法律面での主張を行なう非営利組織EFF(Electronic Frontier Foundation:電子フロンティア財団)に寄付したことを報告していました。
[EFFについてはウィキペディアを参照のこと]
EFFは携帯電話のアンロックやjailbreakをDMCA免除にするよう公的機関に請願したりといった活動をしている団体で、Geohot氏の思想と一致しています。


ゲーム最新情報 2011年4月12日のニュース

●米PlayStation公式ブログで、裁判で争っていたGeohot氏と和解が成立したと発表していました。SCEAはソニーの知的所有権と消費者の利益が守られたとしています。Geohot氏はユーザーがトラブルに巻き込まれたり違法コピー起動が簡単にできるようになったりというのは本意ではなく、その訴えが認められたのは喜ばしいことだとした上で、ハッキングに関わる情報公開についての恒久的な差し止め命令に同意したそうです。
一方、Geohot氏はブログで「今日(4月11日)からソニー製品のボイコット(不買運動)に参加する。みんなも強力してほしい。既に購入したソニー製品は返品を」とだけコメントしています。GamersMintによるとGeohot氏は和解したのはOtherOSに関することと、OtherOS削除をPlayStation blog で謝罪するという話で、自分が持つPS3ファームウェアを復号するための正当な(違法ではない)知識との交換で済むなら喜んで応じるとコメントしたと伝えています。どうも和解内容について公表することも内容について論ずることも禁止されているらしく、寄付をしてGeohot氏をサポートした人達には後味が悪い内容となっていますが、Geohot氏は次回ブログで寄付してくれた人達に感謝の意を述べると話しているそうです。
【追記】
Eurogamerで、Wedbush MorganのアナリストMichael Pachter氏(元弁護士だそうです)が恒久的な差し止め命令を認めたということはGeohot氏がもう金輪際ハッキングコミュニティに対して何も公開できないことになり、他のハッカーに対しても訴える姿勢を見せたかったソニーの実質的な勝訴だとコメントしたことを伝えていました。悪しき前例と言われても確かに仕方がありません。

●CVGで、ソニーエリクソンUKのマーケティング担当責任者のDavid Hilton氏が今後数ヶ月の間にXperia Play専用タイトル(十字キーを使うことでXperia Playで快適にプレイできるタイトル)を市場に投入する計画をしていることを伝えていました。Xperia Playの購入意欲をかき立てるゲームで積極的にXperia Playを選んでもらい、将来的にはそのゲームをXbox 360など他のゲーム機へ移植しオンラインマルチプレイ環境構築を目論んでいるようです。わざわざPS3ではなくXboxに減給していることからマイクロソフトユーザーの取り込みを図る計画なのでしょうか。

●PS3Newsで、PS3のウェブブラウザにGoogle Chromeが登場するかもしれないと伝えていました。Webkitのソースコードにそれらしい記述があったようです。

●PlayStation公式サイトで、システムソフトウェア バージョン6.38が公開されていました。(なのさん、c0brazさん(COBRAさん?)情報ありがとね。)
更新内容は
システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。
となっていますので何らかの対策がなされたようです。
neur0n氏によると、
・6.37と6.38はほどんど変わらない
・MEをそのまま移植しても動く
・ブラックリストも変化なさそう
・署名したHomebrew動作
・FWの復号キーの変化なさそう
・PSPの公式PS1エミュレータ更新
となっており、何の対策なのかが不明です。

●JailbreakSceneで、PS3のオープンソースSDK であるPSL1GHTがversion 1と2が統合される形でアップデートされたことを伝えていました。ps3toolchain もアップデートされたそうです。

●JailbreakSceneで、Si1entDevというユーザーがPS3の models: CECHA00, A01, CECHG, CECHC02, C03, C04, C08, CECHE01, E05, E11各モデルとPS3のブルーレイドライブ、PSP-2000のTA-085基板の青刷り流出マニュアルを公開していたことを伝えていました。知識と難易度が高い半田付け技術と二台のPS3があればPS3のファームウェアv3.60 (または3.56)のバックも可能だそうです。

●Xbox-sceneで、マイクロソフトが現在プレビュープログラムを実施中の新ディスクフォーマット採用のための新ダッシュボードアップデートはDVDドライブ(現時点で分かっているのはXbox 360 Fat/SlimのLiteOnおよびBenQ)のファームウェアを書き換えて新しく違法コピー対策(AP2.5)を変更していると伝えていました。対象となっているダッシュボードはXbox LIVEでアップデートする13141/13142と新ディスクからアップデートする13140だそうです。


ゲーム最新情報 2011年4月5日のニュース

●Gamasutraで、SCEA社長のJack Tretton氏が東日本大震災の影響で部品の供給が滞り、NGP(PSP2)の生産が遅れ、発売地域によっては2011年発売に遅れが生じる恐れがあると語ったことを伝えていました。東京ゲームショウ事務局もショウの規模縮小の可能性に言及しているそうですし、個人的にある部品メーカー筋からも部品供給に影響が出ており代替品への切り替えができない場合現行PSPの製造にも影響が出る可能性があると聞いています。

●KnowYourMobileで、ソニーのHoward Stringer CEOが今夏にAndroid 3.0(Honeycomb)のタブレット端末をソニーが(ソニー・エリクソンではない)発売すると語ったことを伝えていました。元は日経新聞の記事のようですが、PlayStation Suite対応の対iPad2戦略タブレットなのかもしれません。

●JailbreakSceneで、jjolano氏がPS3のオープンソースFTPアプリケーションOpenPS3FTP v2.1.1をリリースしたことを伝えていました。最適化によるレスポンスタイムの改善やバグ修正は変更点です。

●CVGで、’Anonymous’(匿名の意味)を名乗るハッカー集団がソニーに警告を発した件(ゲーム最新情報 2011年4月4日のニュース参照)に続き、今度は‘SonyRecon’を名乗る集団がHoward Stringer CEOを含むソニーの幹部社員の指名や住所、電話番号といった個人情報を集めてインターネット上に公開していると伝えていました。正統な理由を述べて(それが正しいかどうかは別問題ですが)抗議するのは構いませんが、脅迫したり個人情報を不正に入手して公開することは犯罪になるので嫌がらせの域に達している気がします。

●Wired Kuwaitで、Mathieulh氏とKaKaRoTo氏とのツイッターのやり取りを読んで興味があったから聞いてみたら答えてくれたと言うMathieulhへの単独インタビュー記事を掲載を掲載していました。Wired KuwaitはそもそもMathieulh氏のことを知らない人のために、有名なハッカーであることなどを説明しているという、普段はPS3ハック系にはちょっと遠いモバイル情報系(iPhoneのJailbreakとか)のブログです。内容は
・Mathieulh氏ががPS3に取り組んだのは誰もなし得ていないチャレンジングな分野だから
・PS3ハックがHomebrewやLinux起動ではなくてバックアップ起動に主眼がおかれていることは残念。そのために違法コピーのためのハッキングだと疑われ、自分で購入したPS3で自作コードを実行することすらできなくなってしまっている
・最近のソニーの法的措置は、違法コピー撲滅のためというよりもライセンスを受けた企業や株主に対し、PS3をコントロールしていることを明示するためにやっているようにしか見えない
・NGPは購入するつもりだが、ハッキングできるかどうかは分からない。ただ、個人的にはハッキングは楽しいから自己満足のためにやっているだけで、結果よりも今はどんなセキュリティアーキテクチャが採用されているのかを見てみたいと思っている。

●wololo.netで、wololo氏が昨日に引き続きcoldbird氏とVirtuous Flame氏へのインタビュー記事第2部第3部を掲載していました。ごめん、翻訳してる時間ない。PROで使用しているカーネルexploitはTNの流用だと思っていましたが、そんな単純なものではなかったようです。また、6.35 PRO-CでPSPのCFW初のオープンソース化に挑むようですが、ソニーに手の内を見せることよりもPSPシーンの停滞のほうがリスクが高いと判断しての決断のようです。coldbird氏とVirtuous Flame氏は今後の活躍が期待されるハッカーですが、現時点では6.37でのカーネルexploitなどを見つけているわけではないようです。また、インタビューとは関係ないですがwololo氏は毎週日曜日になると奥様にどやされるそうです。(本文中では本人は「殺される」と言っています。1週間のうち7日殺されてる私よりはマシみたいですが、今後「殺される」可能性が増えますのでプライベートはそこそこにしてあげてください、ってここに書いてもしょうがないか)

●PSPKingで、2011年3月31日にPSPのシステムソフトウェア6.38がリリースされていたが現在では削除されてしまっていると伝えていました。内容としてはexploit対策と同じ「システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。」的なものとなっていたようです。googleのキャッシュには残っていますが、PSP-1000/2000/3000用のダウンロードリンクはあったもののPSP go用はなかったそうです。OFW 6.11の時も同じようなことがあり、数時間実際に存在していたこともあったようです。キャッシュに残っているということは極短時間だけダウンロードできたっぽいので実際ダウンロードできた人がいるのかもしれません。

●QJで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiloader 0.7をリリースしたことを伝えていました。一部Wiiでのタイトル起動の問題を修正、appsフォルダがない場合のリストの問題を修正などが変更点です。

●Drunken Codersで、しばらく音沙汰のなかった電子出版プロジェクトのMoon Books Projectを再開したと伝えていました。Homebrewゲームやアプリケーションもダウンロードできるそうですが、サーバーがまだ工事中だそうです。現在は150程度のコミックやブック、ムービー(著作権に問題がないフリーのもの)がダウンロード可能だとしています。

●PlayerAdvanceで、c_boy氏がニンテンドーDSのHomebrewゲーム、懐かしのLode Runner Origine v2.0をリリースしていました。敵の動作を変更、ゲームの一時中断データの自動バックアップ機能追加、35のボーナスステージ追加、スタートボタンで現在のステージの再スタート対応が変更点です。2年程前にもLode Runner Origine v1.2を紹介しましたが、昔からのApple信者としてはおすすめせざるを得ません。

●Xbox-sceneで、dynup氏がXBoxとXBox360のゲームバックアップイメージをDVDに焼くことができるユーティリティXboxBurner v1.0をリリースしていました。公開されたのはLinux版ですが、Windows版とMacOSX版も計画されているそうです。

●Engadgetで、マイクロソフトがXbox 360やXbox Live Arcadeのゲームを開発するためのXbox Development Kitをより効率的な開発やコストを削減するために新たに価格を下げて提供すると案内を出したことを伝えていました。RAMとHDDの増量、フラッシュストレージ内蔵も施されているそうです。