DS Hack一覧

MoonShell Version2.00 beta.2がリリース

Moonlight氏がMoonShell Version2.00 beta.2をリリースしていました。ちょっと乗り遅れました。【記事

MoonShell Version2.00 beta.2 試作ビルド
Moonlight (2009年1月 4日 21:33)
サイズが大きくてごめんなさいです。(単に更新履歴の確認を面倒くさがっているだけです(苦笑
Thank you for a lot of translation files and skin.
However, MoonShell2 beta is an incomplete project.
The language definition and the skin file composition, etc. will change greatly in the future.
Please translate when the specification ends. thanks.
moonshell200beta2.zip (33,417,640byte)MD5
気力が尽きたのでスキンが適当です。いくつか確認用にファイル名を入れたままの素材があります。
がらっと変えちゃう予定なので、この試作ビルドは実用性をあまり考慮していません。
スキン仕様や言語ファイル仕様、システムファイル構成などは参考程度にお願いします。
Version 2.00 beta.2 2009/01/04
ファイルの拡張子に関連付けて外部アプリを起動できるようにした。(MoonShell2にはまだ戻ってこられません)(/moonshl2/extlink/readme.txt参照)
関連付け対応アプリとして、ImageViewer(拡張子IPK)を追加した。
おまけ機能「ファイルリストの上下画面を逆にする」を[/補助ツール/おまけ機能/SwapDisp.txt]に追加した。
最もクラスタサイズの小さいフォーマットを行ったディスクでも8GByteまでは起動できるようにした。(SDFormatter推奨)
画像ファイルが横512ピクセル未満のときは、ファイルリストと同じ壁紙をランチャーにも張るようにした。
テキストをタッチパネルで(非スクロールバー領域で)スクロールできるようにした。
パネルを閉じたときは、L/Rボタンを無効にするオプションを追加した。
Launch_Tab0_Launch.pngとLaunch_Tab1_NDS.pngの画像サイズを256×192ピクセルに変更した。
任意の画面で三秒以上SELECTボタンを押し続けると画面キャプチャを保存するようにした。(スキン作成支援機能)
A+B+L+Rを同時に押しながら起動したときの全設定初期化コマンドが正しく働いていなかったバグを修正した。
ファイル名の拡張子を表示しないオプションを有効にしていると、フォルダ名の拡張子まで表示されなくなるバグを修正した。
未対応拡張子がファイルリストに表示されるバグを修正した。

Moonlight氏は正月も頑張ってたのでしょうか。ぼーっと正月を過ごしたまもすけとは比べ物になりません。頭が下がる思いです。しかもまもすけは乗り遅れもいいとこです。グリップシフトにアツくなってPSPにばっかり没頭するからこんなことになるんです。
DS万歳\(^o^)/



MoonShellがメジャーバージョンアップ Version2.00でDSマルチメディアプレーヤー

Moonlight氏が、マジコンで動画などを再生する事が出来るマルチメディアプレーヤーのMoonShellを久々にバージョンアップし”MoonShell Version2.00 beta.1 試作ビルド”として公開していました。【記事

バグを発見したり、要望がある場合はコメント欄に書き込むとかなえられるかもしれません。もう既にかなりの方がコメントしています。さすがは人気Homebrewですね。

MoonShell Version2.00 beta.1 試作ビルド
Moonlight (2008年12月31日 22:01)

どうかな、私以外の環境でも動くかな…。とても長いブランクが空いてしまったので心配です。(笑

moonshell200beta1.zip (32,382,196byte) MD5

気力が尽きたのでスキンが適当です。いくつか確認用にファイル名を入れたままの素材があります。
汎用DLDIパッチを作っていないので(dldibody.binに上書きすれば使えますが)HomeBrewの起動が面倒です。
がらっと変えちゃう予定なので、この試作ビルドは実用性をあまり考慮していません。
スキン仕様や言語ファイル仕様、システムファイル構成などは参考程度にお願いします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Version 2.00 beta.1 2008/12/31

メモリが充分空いたのでio_dldi.sの4kbyte制限を解除した。
テキストリーダーでデフォルトコードページを指定できるようにした。
テキストリーダーの上画面を、テキスト/時計/消灯から選べるようにした。
テキストリーダーで行間を変更できるようにした。
充電ケーブルに連動した機能をいくつか追加した。(何を割り当てるかは未定)
L/Rコンビネーションキー(シングルクリックや長押しなど)を追加した。(readme_keymap.txt参照)
起動処理を見直して、起動時間を少し短縮した。
HomeBrew起動時に安全なメモリ初期化をするように変更した。
スライドアクションを削除して、長押しサブメニューの下地を整えた。(まだ作ってない)
カーソルとタッチ位置が違っていても1クリックでファイルを開けるようにした。

起動時の簡易チェックディスクの書き込みテストでディスクを破壊するバグを修正した。
ディスクキャッシュのメモリ配置を勘違いして、めがっさ(100kbyte位)無駄なメモリを使用していたバグを修正。
DPG再生時に、最後まで再生されないで終わる、まれにCPUが停止してしまうバグを修正した。
HomeBrewの自動DLDIパッチが正常に適用できないことがあるバグを修正。
テキストリーダーの文字コード自動変換コードがメモリアクセス違反していたバグを修正。
DPGデコーダで使っているYUV->RGB変換アルゴリズムが間違っていたバグを修正した。
MP3再生時にNDSのふたを開け閉めすると停止することがあるバグを修正。
環境設定保存時に環境設定ファイルを破壊することがあるバグを修正。
画像表示モードのファイルリスト番号が間違っていたバグを修正。
システムメニューの背景がセットアップ画面になってしまうことがあるバグを修正。



R4iがDealExtremeで販売開始〜DSi用マジコン次々登場

Dealextremeで、R4iというDSi用マジコンの販売が開始されていました。19.99ドルです。
一週間程前にR4iとM3i Realが発売されるというニュースをお伝えしましたが【記事】そのR4iなのでしょうか。

DealExtreme_r4i.jpg

公式ページはhttp://www.r4ultra.com/になっており、R4ULTRAという怪しいマジコンとカーネルを共用するようです。R4ウルトラってAcekardのぱちもん?なんだか良く分かりませんが、少なくともM3i Realと兄弟関係になるようなものではない気がします。逆にM3i Realの存在自体が怪しいのかもしれませんが。

EZ-Flash Viが出た後はAcekard 2iもDSTTiも値下がりをして、おおよそ20ドル前後近辺の値段で落ち着いて来ています(DealExtreme価格)。今高いDSiマジコンを購入しているのは日本人が一番多い?(DSiは日本でしか発売していませんから)のでしょうが、今後DSiがワールドワイドで販売されていく頃には値段はかなり下がる事でしょう。

個人的な話で申し訳ないのですが、Acekard 2i、DSTTiとレビューしてみましたが、なんだか飽きてきてしまいました。マジコン自体今に始まった話ではないですから、DSiで動くというだけで今更レビューも何もないですよね。相当熱が冷めてしまっています。皆さんもそう感じませんか?
値段が下がってきている事自体がその証明のような気が…