DS Hack一覧

MoonShell Version2.00 beta.4リリース

Moonlight氏がMoonShell Version2.00 beta.4をリリースしていました。ものすごいハイペースでバージョンアップしています。【記事


MoonShell Version2.00 beta.4
Moonlight (2009年1月12日 18:57)

Thank you for a lot of translation files and skin. However, MoonShell2 beta is an incomplete project.
The language definition and the skin file composition, etc. will change greatly in the future.
Please translate when the specification ends. thanks.

moonshell200beta4.zip (24,303,224byte) MD5

moonshell200beta4_sources.zip (11,503,589byte) MD5 (こちらは通常必要ありません)

気力が尽きたのでスキンが適当です。いくつか確認用にファイル名を入れたままの素材があります。
がらっと変えちゃう予定なので、この試作ビルドは実用性をあまり考慮していません。
スキン仕様や言語ファイル仕様、システムファイル構成などは参考程度にお願いします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
Version 2.00 beta.4 2009/01/12

EZ5iで起動しないバグを修正しました。
未初期化変数を使用したことによる動作不安定を修正しました。
NESプラグインを同梱しました。
関連付けIPKファイルで大きな画像が入っているとメモリが足りなくなるバグを修正しました。


EZ5iで起動しなかったと全バージョンの時に書いてありましたが、ホントに起動しないかやってみようと思っているうちにバージョンアップしてしまいました。今はDSTTiで動いてます。時折一瞬だけ、この画面で停止します云々の画面が出るのでビビります。安定動作のMoonShell、期待してます。



EZ-Flash Vi レビュー〜DSiマジコン第3の選択肢

Acekard 2i、DSTTiに次いで発売されたDSi用マジコン、EZ-Flash Vi(EZ5i)が到着しましたのでレビューしてみたいと思います。EZチームはマジコン界では老舗ですが、その老舗チームの製品は如何に?

ケース表購入したのは単品のみの安価バージョンです。パッケージも非常にシンプルです。一応EZ5i自体はプラスチック製のケースに入っていますので普通郵便で送られてきても簡単に破損するようなことはなさそうです。


ケース裏背面には簡単な説明書きが書いてあります。SLOT1用だのクリーンロム対応だの、そう言った類いです。説明書のようなものはどこにもありませんでした。


カード表EZ5i自体の表側です。作りはしっかりしている感じです。


カード裏EZ5iの裏側です。端子部分に櫛状のガイドはありません。初期のEZ5にはあったのにEZ5plusからなくなってしまいました。microSDカードは伝統の手動横差しです。ビックリするくらいスムースにmicroSDカードを出し入れできます。EZ5初期の頃は爪が削れてしまう程出し入れが大変でしたが今は何の問題もありません。


チップでもっこり表面がなんだかもっこりしています。基板上に厚みのあるチップが2つほど並んでいて、その上にシールが貼られています。触るとよく分かりますがこの写真で分かるでしょうか。


EZ5三兄弟EZ5、EZ5plus、EZ5iを意味なく並べてみました。EZ5iのシェルの色はEZ5i初期型に非常に似ています。EZ5plusは少し黒が強いグレーですがEZ5iと初期型EZ5は黒っぽさが少ないグレーです。EZ5初期型(写真左)はシールも紙製で一番安っぽいです。


すんなり入るさきほどもっこりと書きましたが、DSiに入れる分には引っかかる事もなく何も問題ありません。DSiに入れた状態でmicroSDスロットが見えないのを好む方もいると思います。そう言った方にはEZ5i一択になりそうです。


DSiで認識されるDSiに入れてみました。結論から言うと動きます。当然です。初期型DSで初期型EZ5使っているのと同じ状況が再現されるだけです。ということでレビューは外観をお伝えして終わりです。
なお、EZ5i専用のカーネルがある訳ではありませんが、EZ5iはEZ5 kernel 1.90 open beta 6以降しか使えません。それ以前のカーネルはEZ5iでは動かないようですのでご注意ください。最新はEZ5 1.90 open beta 7です。【記事


デモ画面レビュー終了といいながらも一応、お約束の「Colors!」使ってHomebrewが起動するのかを実験です。動くに決まってます。もうレビューは飽きました。だから評価も”ふつうです”にしました。起動させるのに市販ROM使っている疑惑があるのかどうかは調べておりませんので不明です。


EZ5iを選ぶ一番大きな理由はmicroSD横差し、だと思います。microSDの出し入れはプッシュロック式ではないので抜くときは引っ張らないといけないのですが、こいつはすんなり抜けます。このくらい気落ちよく抜き差しできるなら故障確率の上がるプッシュロックは不要だと思います。



MoonShell Version2.00 beta.3リリース

Moonlight氏がMoonShell Version2.00 beta.3をリリースしていました。今日は乗り遅れなかったぞ。【記事


MoonShell Version2.00 beta.3

Moonlight (20091 9 00:38)

いつもサイズが大きくてごめんなさい。今回はソースを別にしてみました。

Thank you for a lot of translation files and skin. However, MoonShell2 beta is an incomplete project.
The language definition and the skin file composition, etc. will change greatly in the future.
Please translate when the specification ends. thanks.

moonshell200beta3.zip (23,987,533byte) MD5

moonshell200beta3_sources.zip (11,490,642byte) MD5 (こちらは通常必要ありません)

気力が尽きたのでスキンが適当です。いくつか確認用にファイル名を入れたままの素材があります。
がらっと変えちゃう予定なので、この試作ビルドは実用性をあまり考慮していません。
スキン仕様や言語ファイル仕様、システムファイル構成などは参考程度にお願いします。

今年になったから本気を出す、の看板通りハイペースな開発に頭がまたまた下がります。
リリースされる度に海外でもニュースとして取り上げられています。世界中に期待されているんですね。たとえばここ
まもすけも期待してます。

[追記]
どうもご紹介していたbeta3のソフトリセットに致命的なバグがあったようで、現在はbeta3.1となっています。

上記記事内もダウンロードリンクはリンクが切れています。beta3.1は以下になります。
moonshell200beta31.zip (23,971,741byte) MD5

moonshell200beta31_sources.zip (11,504,138byte) MD5 (こちらは通常必要ありません)