PS5 Day 1のシステムソフトウェアアップデート ファイル名はPS5UPDATE.PUPで0.87GB

Twisted Voxelで、PlayStation 5のシステムソフトウェアアップデートがリリースされたことを伝えていました。

PS5 system software update

最初に書いておきますが、Twisted Voxelで「リリースされた」と書かれているものの、現在は記事内に書かれたアップデートページの公式リンクが404となってアクセスできなくなっています。

ソニーはDay 1(発売直後)のシステムソフトウェアアップデート配信があることを公式に表明しており、今回Twisted Voxelが報じたPlayStation 5のシステムソフトウェアアップデートはそのDay 1システムソフトウェアアップデートになります。

アップデート方法はPS4と同じで、本体から直接ダウンロードしてアップデートを行うか、PCでシステムソフトウェアアップデートをPlayStation.comからダウンロードし、FAT32形式にフォーマットしたUSBストレージを使用してアップデートを行います。

公式ページで公開されているPlayStation 5のアップデート方法は以下になっています。

PlayStation本体からシステムソフトウェアアップデートを行う場合は

PS5:システムソフトウェアをアップデートする

01[設定]>[システム]>[システムソフトウェア]>[システムソフトウェアと設定]にアクセスします。

02[システムソフトウェアをアップデート]を選択します。

USBドライブを使用してシステムソフトウェアを手動アップデートする場合は

手動アップデートに必要なもの

■DualSenseまたは DUALSHOCK 4およびUSBケーブル

■インターネットに接続されたPCまたはMac

■USBフラッシュドライブなどのFAT 32 USBストレージ機器 — 460 MB程度の空き容量が必要です。

PS5:システムソフトウェアを手動でアップデートする

01 PCまたはMacを使用して、FAT32にフォーマットされたUSBドライブに「PS5」という名前のフォルダーを作成します。そのフォルダーの中に、「UPDATE」という名前で別のフォルダーを作成します。

02 PS5システムソフトウェアアップデートページにアクセスし、「システムソフトウェアをアップデートする」を選択します。アップデートファイルをダウンロードし、「UPDATE」フォルダー内に保存します。「PS5UPDATE.PUP」という名前でファイルを保存します。

03 ファイルの保存されたUSBドライブをPS5本体に挿し込みます。

04 PS5本体をセーフモードで起動する:電源ボタンを長押しし、二度目のビープ音が鳴ったらボタンから手を離します。

05 セーフモードのオプション3:[システムソフトウェアをアップデート]を選択します。

06 [USBストレージ機器からアップデートする]>[OK]を選択します。

PS5がアップデートファイルを認識しない場合は、フォルダー名とファイル名に誤りがないか確認してください。フォルダー名とファイル名は大文字で入力します。

PS5システムソフトウェアアップデートページは公式サイトにリンクがあるにもかかわらず現在アクセスすると404になり接続できません。なお、アップデータのファイル名は
PS5UPDATE.PUP
です。

USBドライブの空き容量は460MB程度必要となっていますが、Twisted Voxelによると(ビジネスアナリストのgeronimo_73氏のツイートが情報原のようです)Day 1システムソフトウェアアップデートはおよそ0.87GBで、「PS5のUSBポートに接続した外部ストレージに保存されているPS4ゲームへアクセスする際の不具合修正」がその内容となっています。バージョンは2.20?なのでしょうか。

アップデートはPlayStation 5本体発売に先立ってリリースされたことになりますが、どうやらもともとは各メディアに配布されたレビュー用のPlayStation 5本体のためのアップデートだったようです。既にPlayStation 5は流通網に乗って市場に出ているため、同じ内容のアップデートは少なくとも1システムソフトウェアアップデートに含まれていることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする