Wipe History

You are currently browsing articles tagged Wipe History.

ゲーム最新情報 2011年1月24日のニュース




●GameGazフォーラムで、mrmrm氏がPSP内蔵スピーカーからの音声出力を抑制し、イヤホン端子のみに音声を出力させるようにするプラグインmutespkr v0.2をリリースしていました。mrmrm氏曰く、”ありそうで無かったプラグイン”です。
[追記]
ツイッターで、plum_429氏がmrmrm氏のプラグインを逆アセンブルして作成したmutespkr0.2alpha改をリリースしていました。”FW6.20しか対応していないようなので、勝手にFW6.35にも対応させてみた”そうです。

●日経がソニーはNTTドコモの携帯回線を搭載したゲーム機(新型PSP)を年内に投入すると伝えていました。内容は
・ゲーム機として世界で初めて携帯電話回線(3G)をサポートするがデータ通信のみで電話はできない
・3Gはドコモの携帯回線
・従来より大型の有機ELタッチパネルディスプレイ採用
・価格は段階的に値下げを続けてきた現行モデル(16,800円)より高く設定する見通し
・PSPの新型機とは別に、携帯電話にゲーム機の機能を加えたアンドロイド端末の開発も進めている
PlayStation PhoneとPSP2が並立していることが確実です。2台買ったら高額なNTTドコモとの回線契約2回線となりますが、気になるのは
・SIMカード無しでもゲーム機として機能するのか
・SIMフリー化を進めるはずのドコモ端末がSIMロックをかけてくるのか
です。(ミレさん情報ありがとね)
[追記]
ツイッターで、日経トレンディがPSP2が発表される今週木曜日15時からのイベントの実況中継を行うとつぶやいていました。「PlayStation Meeting」は
1月27日の15時からのようです。

●Google Codeで、Dimok氏がWiiのファイルブラウザWiiXplorer r212をリリースしていました。r211から導入したディレクトリ削除/移動機能のバグを修正、空のドライブがクラッシュを引き起こすことがあったバグを修正したのが変更点です。

●GBAtempフォーラムで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイル を自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii 4.4.5をリリースしていました。ModMii WizardにUSB-Loaderセットアップガイド(設定はできない)を追加、ドライブのフォーマットにWiiBackupManager利用を非推奨して、FAT32 GUI Formatter(FAT32)とWindowsの標準機能(NTFS)を使うように変更、cIOSs/cMIOSをダウンロードページから削除などが変更点です。

●Google Codeで、givememystuffplease氏が任天堂のアップデートサーバーに繋いでファイルをダウンロードしたり復号化してWADファイルを準備してくれたりするユーティリティNUS Downloader 1.9をリリースしていました。GUIの変更、DSi復号サポートの修正、DSiデータベースのサポートなどが変更点です。

●Wii-Homebrewで、R2-D2199氏がWiiのTrucha Bug RestorerをベースにHomebrew Channelに必要なHW_AHBPROTのフラグセットをすることでIOSにパッチすることができるユーティリティSimple IOS Patcher v1.10をリリースしたことを伝えていました。libogc 1.8.6でコンパイルしたことや、コードの最適化が変更点です。

●maxemなブログで、maxem氏がPSPのセーブデータの復号化や改造、GemekeyダンプなどができるプラグインMagicSave Ver 3.5をリリースしていました。6.20 TN/6.35 Proに対応したそうです。(ありしあさん情報ありがとね)

●A9VGフォーラムで、VirtuousFlame氏(liquidzigong氏)とColdbird氏が6.31/6.35/6.36 HEN(v3)をリリース現状はPrometheus ISO Loaderはサポート、PSP-2000以降のエクストラメモリー対応、sepluginsフォルダではなくpluginsフォルダに入れたプラグインのサポート、ms0:/のversion.txtサポート、ダウングレード機能は後日だそうです。6.36から6.35ならPSP-1000でダウングレードは動作するとか、バグが多いので5.03/6.20ユーザーはわざわざアップデートしなくてもいいなどが(多分)書かれています。変更点は07/09gで起動しなかった問題を修正?かな?

●PS3NEWSで、kmeaw氏がPS3 HomebrewのPKGファイルを直接PS3でダウンロードやインストールをしようというプロジェクトHomebrew PKG Repository (HPR)を開発中であることを伝えていました。まだ接続先となるサーバーが用意できていませんが、WiiのHomebrew Browser同様利用できるようになればかなり便利になります。
httpv://www.youtube.com/watch?v=-AixYhXXNUQ

●PS3Haxで、rms氏がPS3のモデル情報(システムターゲットID、 マザーボードリビジョン、ブルーレイレビジョン)を知らせてくれるユーティリティPS3 Model Detectionをリリースしたことを伝えていました。3.41でドングルJailbreakしたPS3でもCFW 3.55 GeoHotやCFW 3.55 kmeawでも動作するそうです。

●Xbox-sceneで、TheFallen93氏がXbox 360のNANDからKeyVault、CPU key、bootloader、Smc codeなどの情報を読み出すことができるユーティリティHvxDump v1.3をリリースしたことを伝えていました。11164.3以降のカーネルで動作するそうです。

●PSGrooveで、Hermes氏がCFW 3.41 Hermesのペイロードのアップデート版となるHermes CFW 1.01 Payload v4Cをリリースしたことを伝えていました。安定性向上やバグ修正のようです。

●PS3NEWSで、smokin氏がPS3内に残っているログ(boot_history.dat)を完全に消去することでPSNに繋いでもアプリケーション起動履歴を調べられなくすることでプライバシーを守るためのユーティリティWipe History v2.0をリリースしたことを伝えていました。dev_hdd0/vsh/pushlist/にあるpatch.datとgame.datも消去するようにしたのが変更点です。 また、Chossy氏が同じ目的ですが履歴を空にするのは逆におかしいため消すのではなく偽の履歴情報(5つほど正規のゲームを起動したことにする履歴情報)をダミーとして捏造してくれるユーティリティEraseMe v1.1をリリースしたことも伝えています。game.dat/patch.dat/boot_history.datを捏造ダミーファイルに入れ替えてくれるようです。

●ツイッターで、waninkoko氏がfail0verflowのツールが原因のバグをPS3のCFW Waninkokoで発見したので修正したとつぶやいていました。

●GBAtempで、Team CyclopsがニンテンドーDS用Flashcart Cyclo DS EvolutionのファームウェアCyclo DS Evolution BETA Firmware 5thをリリースしたことを伝えていました。ベータ版だそうですがほぼ完成しており、次のリリースは安定版になるそうです。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールMultiman v1.13.04をリリースしたことを伝えていました。変更点はMultiman v1.13.03(ゲーム最新情報 2011年1月23日のニュース参照)と同じなので、ブラッシュアップ版のようです。

●PS3haxで、ophasis氏がPSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデートを入手することができるユーティリティAGU WEBAPP 0.3.5をリリースしていました。

●Google Codeで、hiroi01氏がpprefsのコードをベースに作った*.prx形式のテキストビューアーptextviewer ver. 1.00をリリースしていました。

●Eurogamerで、Codemasters社のCEO Rod Cousens氏がPSP2はPS3並みに強力だという噂があるが、本当だと語ったことを伝えていました。

●Kinect Hacksで、John Simons氏とJoel Griffin Dodd氏がBoxeeやXBMCをKinectやOpenNI対応カメラを使ってジェスチャーでコントロールするためのKinEmote Public Beta 0.4をリリースしたことを伝えていました。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

●ツイッターで、liquidzigong氏がPSPの公式ファームウェア6.35から5.00へとダウングレードに成功したとつぶやいていました。

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.960をリリースしていました。PIL_loaderの起動速度を改善、アイコン作成時にファイル名を制限にあわせて調整するよう変更、アイコン作成時にPARAM.SFOのDISC_IDも変更するよう修正、 アイコン作成時をキャンセルした際にゴミファイルが出来るのを修正、key.txtに0xD91618F0を追加したことが変更点です。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN 1.13.02をリリースしていました。更新履歴が01.13.01と一緒になってます。
[追記]
multiMAN 1.13.03がリリースされました。コピーやバックアップを約10%高速化、日本語含む全言語でのオンスクリーンキーボードのサポート、iniファイルにclear_activity_logsやload_custom_payloadのオプション追加、FW 3.55でフリーズしないよう”load_custom_payload=0″をデフォルト設定化、Experimenatal web browser in FILE MANAGERにウェブブラウザを実験的に内包、インターフェースの改良やダイアログ追加が変更点です。

●GX-Modで、zouzzz氏がPS3の公式ファームウェア3.55からカスタムファームウェアを作ることができるユーティリティCustom Firmware Maker v1.1bをリリースしたことを伝えていました。

●Google Codeで、hiroi01氏がPSPのXMBからseplugins内のvsh.txt/game.txt/pops.txtの設定を変更する事で使用するプラグインの有効/無効切り替えや追加・削除などができるユーティリティpprefs ver. 1.08およびpprefs ver.1.081をリリースしていました。1.08でメニューにms0(ef0):/seplugins/pergame.txtを編集するpergame編集を追加、vsh.txt/game.txt/pops.txtを64行まで読み込めるように変更、画面をリカバリーモードライク変更、十字キー上下ボタンを押し続けてもカーソル移動できるよう変更したそうです。また1.081でdefaultPathオプションを追加しms0:/plugins/内のtxtも編集できるよう変更したそうです。ただし、6.35PROにこのプラグインが対応しているわけではないそうです。

●GBAtempで、SupercardチームがNintendo DS用最新FlashcartであるSupercard DSTWOのシステムアップデートDSTWO EOS v1.09をリリースしたことを伝えていました。リアルタイムチートおよびリアルタイムガイドの表示バグを修正、__system_argvを利用しているHomebrewのバグを修正したことなどが変更点です。アップデート方法は
[DSi/DSi LL]
1. _dstwoフォルダとds2boot.datというファイルをmicroSDカードのルートにコピーする。
2. DSTWOをDSi/DSi LLに入れて起動する。1分ほどするとDSTWOのロゴが表示されるので待つ。その間絶対に電源は切らない。ロゴが表示されたらDSi/DSi LLを再起動する。

[DS/DS Lite]
1. _dstwoフォルダとds2boot.datというファイルをmicroSDカードのルートにコピーする。
2. DSTWOをDS/DS Liteに入れて起動する。メニューが表示されたらDS/DS Liteを再起動する。

●PS3haxで、smokin氏がPS3内に残っているログを完全に消去することでPSNに繋いでもアプリケーション起動履歴を調べられなくすることでプライバシーを守るためのユーティリティWipe History v1.2をリリースしたことを伝えていました。XMBから起動すると画面が黒くなったあとXMBに戻るという動作をするようです。

●Xbox-sceneで、Anon氏がFreestyle Dashのスキンファイルに使われているxzpファイルをパッキングしたり展開したりできるユーティリティXZP Tool v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●Xbox-sceneで、Zouzzz氏がマイクロソフトからXbox 360のアップデータをダウンロードしてカーネルやダッシュボードの情報を得ることができるPC用ユーティリティUpdatespy v12625-1をリリースしたことを伝えていました。アバター関係に対応、ダウンロードコードを変更、レイアウトや表示を変更したそうです。

●PSX-sceneで、Quakes69氏がPS3公式3.55ファームウェアから簡単にCFWを作成することができるユーティリティGUI CMD CFW Patcher v1.0.8r3をリリースしていました。使い方は
1.CFWPatcher.exeをインストールして実行する
2.bspatchと公式ファームウェア3.55が入ったフォルダを指定する
3.CFW 3.55(PS3UPDAT.PUP)を保存する場所を指定する
4.パッチした3.55ファームウェアPS3UPDAT.PUPのあるフォルダを指定してパッチ(CFW_v3.55.PUP / PS3UPDAT.PUP.bsdiff / Wutangrza-3.55.patch)を選択する
5.Executeをクリックする

●PSP Hacksフォーラムで、c0mmiec0mma氏がPSPの公式ファームウェアで起動できるようHomebrewに署名を入れることができるユーティリティPSCRYPTER v2.1 For Windowsをリリースしていました。ユーザーモードHomebrewのみ対応で最大サイズ4MBなどPSCRYPTER v2.0と制限は変わりませんが、main.cのソースの中の一ヶ所を変えることでEBOOT.PBPの最大サイズが変えられるそうです。EBOOT.PBPに署名する部分はcarlosgs氏のPSCRYPTER v2.0と同じようですが、ソースコードも公開されており、Linux/Macでも環境があればコンパイルできるそうです。

●maxemなブログで、maxem氏が来週PSPのセーブデータの復号化や改造、GemekeyダンプなどができるプラグインMagicSaveの6.20 TN / 6.35 Pro対応版をリリースすると告知していました。

●A9VGフォーラムで、VirtuousFlame氏(liquidzigong氏)がPSP-2000v3とPSP-3000の5.03 HENのカーネルexploitを署名付きにした503kxploit_v5をリリースしていました。中国語なのでよく分かりませんが、クラッシュした後にCFWを入れ直さなくてもいいようなことが書いてある気がします。

●PSPKingで、flofrucht氏がTotal_Noob氏の6.20 TN-Cを簡単にインストールすることが出来る6.20 TN-C HEN Easy Installerをリリースしていました。

●ツイッターで、neur0n氏が6.35PRO上で起動するPSPのカスタムファームウェア6.35Custom_v5をリリースしていました。Nid Resolverをアップデートし、PSPLinkが動作可能、Recovery Menuのアップデートが変更点です。
[追記]
6.XX(6.35以下)の要求ファームウェアのゲーム(UMD/PSN)が起動できなかった問題を修正した6.35Custom v5_fixがリリースされています。flash0:/kd/にノンオリジナルな.prxが存在するとゲームが起動できない仕組みになっていたらしく、それを修正することでゲーム起動ができるようになったようです。neur0nさんGJです。

●wololo.netで、wololo氏が今までユーザーモードexploitを利用してしか起動しなかったHomebrewローダーであるHBLに署名をすることでノーマルPSPで起動させることができるHalf Byte Loader R113 for OFW 6.37をリリースしていました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=yNUOwGnKBjg

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,