CR-5400発売 MicroSD2枚をメモリースティックに変換

microSDHCを2枚同時に使用するメモリースティック変換アダプタが発売されました。
世界初(国際特許申請中)Fhotofast製CR-5400です。
しかしながらリコールで回収中です。

上海問屋で発売中
リコール発表後に品切れから購入可能になりましたので対策品かと。

商品名   CR-5400
対応機種  メモリースティックProDuoスロットを搭載するデバイス機器
製品特徴  microSDHCを2枚同時に使用可能
      ※最大合計32GB
      PSPでmicroSDHCが使用可能
      microSD512MB〜microSD2GB・microSDHC4GB〜16GBに対応
      MS Pro Duoポートに差し込むだけでMS Pro Duoとして使用可能
PSPのファームウェアやロットによって使用できない場合ある、と記載がありますが、おそらく初期ファームなど容量の大きなメモリースティックにそもそも対応していないPSPのことを指していると考えられます。
安くなったmicroSDHC4GBを2枚使って8GBのメモリースティックに変換できますが、それよりも使い道がなく余っている1GBのmicroSD2枚で2GBに出来るのがうれしいですね。

まもすけも購入を検討しておりますが、こういった世界初をうたうキワモノは少し評判を見てから、と思っておりましたところ案の定早速リコールが出ました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
リコール対象品と正常品
このたび、2008年9月4日から販売された「CR-5400」において、
製造ライン上の不備が原因で、一部のCR-5400を一部のカードリーダーに挿入すると
CR-5400の先端部分が破損する恐れのあることが判明いたしました。
なお当該製品をカードリーダーに無理に挿入した場合、
カードリーダーが破損する場合がございますので、
カードリーダーでご使用ならないようお願い申し上げます。
PSPでご使用の場合、当該製品を使用した場合でも破損はございません。
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

おいおい、今買うとハズレ掴まされるのかよ。
最初のリリースでは6月に発売だったはず。
さんざん待たされた挙げ句にこれですか。

PSPでは問題ない、と発表するあたりにFhotofast社の焦りが見えます。
そんな言い訳するより「一部のカードリーダー」ってなんだよ。
本当に「一部」かどうかも怪しいぞ。


新型Nintendo DS slim ワイドスクリーン搭載で2009年4月発売?の噂

PSPは3世代目に入りますし、そろそろDSにも新型が登場しそうです。
こちらのページによると、新型DSは
★デュアルタッチスクリーン搭載
★ワイドスクリーン搭載
★2009年4月または5月デビュー
だそうです。うわさ話ですよ。

New DS Rumors Emerge Various

既存のソフトは画面を引き伸ばす形で拡大して表示するようです。
デュアルタッチスクリーンはDS・DSLiteと互換性が取れません。
ひょっとすると新型DS2の情報が混じっているのかもしれません。

先日任天堂は”ニンテンドーDS用機器に対する法的措置について”という発表をしました。
PSPと同様に任天堂にも新型でハッキング対策をしたい事情もあるようです。
今年の東京ゲームショー<2008年10月9日(木)-12日(日)>で任天堂がクリスマス商戦とマジコン対策を狙って何らかの発表を行う可能性もありますね。


THE TOWER DS

まもすけお気に入りのゲームです。
またまたDS用ですよ。

昔Mac版でハマったゲームです。もう10年くらい前でしょうか。
DSで発売されると聞いて首をながーくして待っておりました。

建物の中に部屋やら階段やらいろいろ作って人の流れを作って住人を増やし…みたいなシミュレーションゲームです。
昔Mac版で電源入れっぱなしにして毎日眺めてはニヤニヤしてました。
ちょっとやるとすぐのめり込んでしまう不思議なゲームです。
さすがに現代のDS用は昔みたいにひたすらビルを大きくする以外の脚色がありますね。
個人的にはTheTowerはひたすらシンプルであってほしいです。
とはいうものの中毒性があるのは変わっていません。
問題は放置しておくとバッテリーが切れてしまうことでしょうか。DSの。


Ferrari Challenge DS用海外ソフト

最近PSPにハマりっぱなしですが、お気に入りのDSゲームをご紹介します。

大人が楽しめるゲームです。

日本未発売です。

Wiiと違ってDSは洋ゲーだろうがなんだろうが動くからいいですね。
DSはクルマもののゲームが少ないのでこういった洋ゲーにとっても惹かれます。
フェラーリ公認だとかいろんなうたい文句はありますが、ゲームはやってなんぼ。うんちくは無視です。

<感想>
DSなのでグラフィックも音声もしょぼいです。
基本的に上画面を見ながら操作します。
下画面はオートマモードのときはフェラーリのコクピットを模したっぽいアナログメーターの配置されたメーターパネルが出ています。
(ちなみにマニュアルモードはフォーミュラカーっぽいデジタルメーターです)

人間工学的にはレーシングゲームで上画面を見ていると下画面は視界にあまり入りません。エンジンの音と景色の流れ具合でスピードを判断してます。
クルマのゲームには視点切り替えがたいていついています。
好みの問題ですが私はいつもコクピット内目線かフロントバンパー目線でやってます。
視点切り替えボタンがSELECTボタンなのでゲーム操作中の視点切り替えは難儀です。

オートマモードでやると大して特徴の無いゲームなんですが、マニュアルモードだと状況が一変します。フェラーリサウンドでエンジン回転数を判断しながらシフトアップ/ダウンできます。ちょっとピーキーなエンジンの感じがフェラーリっぽくて○です。コースを覚えたり理想のラインを探したりブレーキングポイントを探ってみたりと、なかなか楽しめます。

ちなみに5カ国語バージョンですので英語を選べばたいていの方は問題なく遊べると思います。そんなに難しい英語も出てきませんし。

問題は日本では簡単には買えないことくらいです。


新型PSP-3000発売日決定

PSP-3000の発売日のリリースがありました。

2008年10月16日(木)発売です。 希望小売価格は19,800円です。
色はPSP-1000/2000定番の「ピアノ・ブラック」に加え、新色の「パール・ホワイト」、「ミスティック・シルバー」の3色です。
PSP-2000と同じ筐体で、液晶グレードアップとマイク内蔵が変更点みたいです。
PSP-2000発売から約1年でのモデルチェンジの本当の理由はなんでしょうね。実際発売されてみなければ分かりませんがおそらくファームウェア改変のハッキング対策だと思います。
見た目変わってないフルモデルチェンジなんて新鮮味がないので営業戦略上認められないはずです。確実な対策を施してきた可能性があります。

現行PSP-2000発売直前にパンドラが出現したので、おそらく開発を重ねて強固なハッキング対策をしたつもりが新型発売早々から負け戦確定だったんでしょう。そのときからすでにPSP-3000開発企画はあがっていたと思います。

しかし無彩色ONLYのPSP-3000はちょっと…パステルカラー路線好きだったんですが、ソニーさん。赤とか青はまた限定商法ですか。
PSP-3000発売を機にネットワークから直接コンテンツをダウンロードするサービスが開始されるようです。PSP-1000/2000でもシステムバージョンを最新にすれば可能です。
CFWの場合、どうなるんでしょうね。ソニーサーバーにアクセスした時点で純正FW以外はアクセス拒否でブラックリスト入りだったりして。

さて、PSP-3000は買うべきか買わざるべきか。コレクターとしては初期型購入、迷います。


PSPのフェイスプレート

旧型PSPの交換用フェイスプレートです。
私のお勧めは赤です。

最近はあまり売っているのを見かけなくなりました。
旧型のPSP-1000はメーカー保障が残っている固体も少ないので
思い切ってフェイスプレートを交換・気分転換にいかがですか?
フェイスプレート交換だけならプラスの精密ドライバで
ネジを5つはずすだけです。とっても簡単にイメチェンできますよ。