2009年6月14日のニュース





●Wiiの新周辺機器の用途が徐々に明らかになってきました。
任天堂がE3で発表した「Wii バイタリティ・センサー」(2009年6月3日のニュース参照)について、脈拍などを読み取る健康系のゲームなどでの利用が予想されていましたが、どうやら嘘発見器のような感情を読み取る機能も備えているようです。このブログ的には家庭内平和を崩壊させるような(笑)Homebrew(嘘発見器など)の登場を期待します。
また、同じくE3で発表された「Wiiモーションプラス」は、次のゼルダの伝説をプレイする際に必要になる周辺機器となるかもしれないようです。

●Xbox360ドライブ用の新カスタムファーム”Fusion firmware”が登場したようです。
しかしながらXbox 360 Hacksではドライブをbrickさせる可能性があるFAKEファームではないかと述べていました。
理由としてFusion firmwareとiXtreme v1.51とのバイナリ比較をしてみたところ、一部を書き換えただけのようだったことを挙げています。確かにここだけ見ればパクリものにしか見えません。

Fusion firmwareとiXtreme v1.51とのバイナリ比較
クリックで拡大します

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です