噂のPSP2次世代機はこれが真実?伝言ゲームの怖さを実感





Engadget 日本版で、連日お伝えしている次世代PSPと言われる「PSP2」について、実はこれが噂の真相?とも思える記事を掲載していました。もしそうだとすればインターネット時代の伝言ゲームの弊害です。【記事
元記事は他の話題にも触れていますがPSP2関連のみ抜粋してお伝えします。


ソニー:PSP2は否定、脱UMDは加速

まあ順当というべきか、ソニーが先日の「PSP2」登場説を否定するコメントをしています。米国部門 SCEAのマーケティング担当者 John Koller氏がリンク先SAIに語ったところでは、PSP2説の火種のひとつである「ソニーがソフトウェアメーカーに「新プラットフォーム」での開発を指導している」という情報は誤解されており、実際にはUMDディスクのパッケージ版ソフトからダウンロード販売への移行を奨励しているにすぎないとのこと。SCEJのファーストパーティータイトルではダウンロード版が用意されているように、UMDからDLへの流れは海賊版対策の側面もある既定路線です。PSP2そのものについては「現在そのような計画はありません」。

連日PSP2情報をお伝えしておりますが、どうもこの話が一番つじつまが合うのでなんとなく真実っぽいです。
どちらかといえば起死回生のモデルチェンジより、ゲーム機から撤退の方がこのご時世あり得そうで怖いですよね。さすがに撤退はないと思いますが。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です