Project Scarlett一覧

GameGaz Daily 2019.6.14

●PSX-Placeで、AlexAltea氏が開発中のLinux、macOSで動作する仮想化ベースのPlayStation 4エミュレータOrbitalについてフレームレートが改善しパフォーマンスが向上、仮想USBマスストレージからのファームウェア再インストールが可能になるなど一段と改良されたことを伝えていました。

●朝日新聞DIGITALで、動画配信大手のNetflix(ネットフリックス)がE3でゲーム事業への参入を発表したことを伝えていました。ゲーム専用機向けやスマートフォン、PC向けのようですのでストリーミングではなく単純にゲームを発売するということのようです。

●PSX-Placeで、jamesbond氏がEPICのUDK(Unreal Development Kit)をモディファイしたマルチプラットフォーム3D HomebrewゲームエンジンUDK Ultimateをリリースしていました。

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3HENが有効なPS3のXMBで各種ツールを配置するHEN Toolbox v1.00をリリースしていました。先日DeViL303氏がリリースを予告していたものです。FlashメモリとHDDのファイルにパッチをしてHEN Toolboxの機能を有効にしているという仕組みのため、HEN自体をアップデートすると機能が無効化されますので注意して下さい。

●Eurogamerで、マイクロソフトのXbox部門トップのPhil Spencer氏が次期Xboxとして発表したProject Scarlettについてマイクロソフトとして発売する最後のゲーム機にするつもりはないと語ったことを伝えていました。今後のゲームはストリーミングが主流になりそうな流れになってきてはいますが、Phil Spencer氏としては60インチの大画面でストリーミングのゲームをプレイするのは、おそらく画質面でゲーム専用機の方が有利なので全てがストリーミングに置き換わることはないと現時点では考えているものと思われます。


GameGaz Daily 2019.6.13

●Githubで、d3m3vilurr氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したvita-moonlight 0.6.1をリリースしていました。ストリームのディレイを修正したことが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がファミコン初期のゲーム『ワイルドガンマン』をPS4/PS Vita/Windowsに移植したWild Gunman Remake – 35th Anniversaryをリリースしていました。『ワイルドガンマン』には早撃ち勝負で相手より早く撃つと勝ちの「GAME A」、2人の悪漢のうち「FIRE!!」と言ったほうを撃つ「GAME B」、扉や窓から現れる悪漢を撃つ「GAME C」がありますが、今回は「GAME A」のみで、「GAME B」「GAMEC」は後日リリース予定となっています。
Wild Gunman Remake

●GitHubで、jonyluke氏がNintendo SwitchのJoyCon脱着音を変更することができるSlideNX 0.17をリリースしていました。音をランダムに出す機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.21.0nds-bootstrap v0.21.1をリリースしていました。ゲームをFlachcarから読み込めるようにしたこと(ただしセーブデータはSDカードからのみ)やHomebrew起動時に画面が真っ白になる不具合の修正(v0.21.0)、タッチ操作が効かない不具合と常に日本語になってしまう不具合の修正(v0.21.1)が変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v8.4.0をリリースしていました。GBARunner2ビルドをインクルードしたのでGBA ROMにSRAMパッチをする必要がなくなったことなどが変更点です。

●Destructoidで、マイクロソフトのXbox部門トップのPhil Spencer氏が日本でのファーストパーティタイトル強化のために日本のゲーム開発スタジオの買収を考えていると語ったことを伝えていました。余計なことはやめていただきたい。

●Eurogamerで、マイクロソフトが2020年に発売することが発表された次期XboxであるProject ScarlettはXbox Oneのアクセサリー類もそのまま使うことができることを伝えていました。Project ScarlettはXbox Oneに対する後方互換もあり、Xbox Oneの周辺機器もそのまま使えるとなると完全に「Xbox Oneの上位互換を持つ次世代機」のような立ち位置になります。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがPatreonのyuzuプレビュー版であるJune 2019 Patreon Preview Releaseをリリースしたことを発表していました。GPUテクスチャキャッシュの実装によりグラフィックの不具合が解消されパフォーマンスも改善されているようです。

●PlayStation.Blogで、PlayStation 4の未発売タイトルを中心の試遊やステージイベントなどが行われるイベント「PlayStation祭 TOKYO 2019」 を2019年7月15日(月・祝)に東京のベルサール高田馬場で開催することを発表していました。


GameGaz Daily 2019.6.11

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.30をリリースしていました。複数バブル作成時のエラーを修正し、それぞれのバブルに名前を付けられるようにしたことが変更点です。

●/talkフォーラムで、UnLuck3R氏がPSP向けの見下ろし型FPSゲームCSPSPを独自にアップデートしたCSPSP 1.92+ [c1]をリリースしていました。cspsp/data/masterserver.txtを編集することでどのマスターサーバーにも接続できるようにしたことなどが変更点です。マスターサーバーはよくIPアドレスが変わってしまうので、アップデートを待たなくても対応できるようなりました。

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3HENに対応した最新のHomebrewをPS3でダウンロード・インストールすることができるユーティリティHENBrew Store 2019.06.10をリリースしていました。バックアップマネージャーやHomebrewゲーム、エミュレータなどをHENBrew StoreのpkgをPS3にインストールしてダウンロード・インストールできます。

●wololo.netで、ByLaws氏がNintendo SwitchでGPUアクセラレーションを実現したAndroidを準備ができた段階でリリースすることを伝えていました。Redditで動画が公開されています。Google Driveに置いてある動画なので埋め込みできませんが…
https://photos.app.goo.gl/MKSs3oERVFEW7gwd9
ちなみにGPUアクセラレーションが効いていないSwitchでのAndroidの動作はこんな感じです。

●ツイッターで、DeViL303氏がPS3HENが有効なPS3のXMBで各種ツールを配置するHEN Toolbox Betaを近くリリースすることを発表していました。

●PSX-Placeで、devofspineチーム(もしかしたら個人名かも)がLinuxでPS4のゲームを起動するPS4エミュレータープロジェクト“spine”を開発中で、アルファ版ながらデモ版が公開されたことを伝えていました。
GitHubでデモ版が公開されています。

●Gamesindustryで、マイクロソフトのPhil Spencer氏が次期XboxであるProject Scarlettはディスクドライブを搭載していると語ったことを伝えていました。ドライブレスのXbox One S All-Digital editionを発売したものの、Project Scarlettをダウンロード専用モデルとする計画ではないようです。派生モデルとしては発売するかもしれませんが。

●Engadgetで、マイクロソフトが次期XboxであるProject ScarlettではXboxの過去4世代の後方互換を備えているが、代わりにXbox Oneでの今後の初代XboxおよびXbox 360への後方互換対応タイトルリストは更新しないことを伝えていました。今回新たに初代Xbox向けの『Splinter Cell 』シリーズやXbox 360向けの『Prince of Persia The Forgotten Sands』などが後方互換タイトルとして追加されましたが、今後はProject ScarlettでのXbox One後方互換などに注力するために、Xbox One向け後方互換にはリソースを振り分けられないというのが理由のようです。

●IGN Japanで、マイクロソフトは100以上のゲームをプレイし放題の月額制サービスXbox Game Passを日本でも展開したいという意向を持っていることを伝えていました。Xbox Game Passの日本展開について後日続報があるようで、時期は不明ながらPC向けのXbox Game Pass for PCも日本でリリースされそうです。


次世代Xbox “Project Scarlett” 2020年発売

Xbox E3 Briefing 2019で、マイクロソフトが次世代Xbox コードネーム”Project Scarlett” 2020年に発売すると発表していました。

Project Scarlett

続きを読む