Project Cafe->Wii U一覧

ゲーム最新情報 2011年4月29日のニュース

●gamrFeedで、PSNがダウンした問題のソニーの損失についてPSNがダウンしていた間の1週間ではアナリストのMicheal Pachter氏の試算では1000万ドルの収入(300万ドルの利益)の損失、間接的な損失としてデータ流出による損失はPonemon Instituteの試算で245億円にも及ぶことを伝えていました。ただしこの金額には消費者の信用を失ったことによる損失を盛り込んではいないとのことですので、ソニー製品に対する消費者マインドの冷え込みの影響があればさらに損失は長期的に拡大することになります。

●IndustryGamersで、PSNからユーザーのクレジットカード情報が盗まれた可能性のある問題についてAmerican ExpressやMasterCardなど大手クレジットカード会社によると現時点では不正にクレジットカード情報を利用した商品の購入事例はないとの報告をしていることを伝えていました。

●IndustryGamersで、ソニーの個人情報流出についての今後どう対応するかのアンケートをとっており、4月29日午前10時30分時点で2600人以上が投票していましたが「特に気にしない」がおよそ40%、PSNもPS3も使い続けるがクレジットカードではなくプリペイドのカードを使うようにするというユーザーがおよそ30%、無料ゲームやグッズなどをお詫びに配るなら使い続ける人がおよそ15%、不安なので他のプラットフォームに乗り換えるという人がおよそ10%という結果になっていました。ソニーの信頼性に疑問を抱いて縁を切るユーザーが1割しかいないことになり、ソニーへの信頼度が相当高い結果となっています。データ流出しても責任負わない、うちが悪いわけじゃないって、思っていても言わなくていい暴言吐いてるんですけどね。盗まれたやつより盗んだやつが悪いに決まってるんですが。

●GamersMintがSCE UKに対してPSNが利用できなくなり個人情報が流出したことに対しユーザーが無料ゲームやプレイステーションプラスへの招待など何らかの補償があるのかを知りたがっていると打診したところ、SCE UKシニアPRマネージャーJonatthan Farger氏からロイヤルカスタマーには経済的な打撃だったことは認識しているので、サービスが復帰したら何らかの対応を検討していると答えたことを伝えていました。そんなことしたらソニーにますます絶大な信頼が寄せられてしまいますね。

●IndustryGamersで、以前ソニーにサイバー攻撃を加えてソニー製品不買運動を呼びかけながら個人情報流出問題が表沙汰になったあとすっかり存在感を失ったハッカー集団Anonymousのメンバーがその個人情報を流出させたハッカーの行為について個人情報に攻撃を加えるのはAnonymousの主義ではなく、それは単なる金目当ての行動にすぎないとして攻撃を加えたハッカーの行動を非難していたことを伝えていました(一般ユーザーやソニーからしたら一緒だと思うよ)。またAnonymousはPSNが復帰したら再びサイバー攻撃を加えるとの話がありますが、AnonymousのあるメンバーによるすでにAnonymousはサーバー攻撃はもうやめてネット上ではなくリアル世界でのデモに移っている(ソニーストアでの座り込みとかですね、きっと)そのようなことはないだろうとしながらも、サーバー攻撃イコールAnonymousの仕業と思われるのは残念で、Anonymousにとっては不利だと話していたそうです。

●/talkフォーラムで、Arnold氏がPSPの代替XMBとなるシェルアプリSHELL 0.72をリリースしていました。PSP Genesis Competitionにエントリーすることになったようです。

●PSX-sceneで、220万人分のセキュリティコード付のクレジットカード情報を含んだPSNのデータベースがアンダーグラウンドなフォーラムで販売されているらしいと伝えていました。どうやら盗んだハッカーが裏で盗んだ情報を販売しているという話のようで、ソニーによる買い戻しも拒否しているとか。ホントかな?

●CVGで、任天堂の岩田聡社長が決算説明会の質疑応答の中で任天堂にはいわゆるボタンを一切捨てたゲーム機を作るという意識がないと語ったことから6インチタッチパネルが付くというProject Cafe(Wii2)のコントローラーには十時キーとボタンが搭載されると伝えていました。

●Xbox-sceneで、Sneakypeanut氏がXbox 360のオリジナルNANDイメージをベースに12625 freeBOOTイメージを簡単に作成することができるユーティリティEasy Freeboot v5.12をリリースしたことを伝えていました。SMCオプションの追加やバグ修正などが変更点です。

●1UPで、マイクロソフトが今年のE3でXbox 360の値下げを発表するかもしれないと伝えていました。昨年はXbox 360 Slimの発表やKinect発売日公開など話題性がありましたが、今年は任天堂のProject CafeにソニーのNGPと話題に事欠かない中でマイクロソフトは売りが「特になし」だからせめて値下げでインパクト、という話のようです。

●GBAtempで、”1st generation Nintendo 3DS Card”(第一世代のニンテンドー3DSカード)だという売り文句で3DS対応をうたった”3DScard”なるFlashcartが24.95ドルもの価格で販売されているが、単に2ドルのR4の名前を変えただけの「3DSでDSのバックアップゲームとHomebrewが動く」だけの詐欺Flashcartなの注意して欲しいとの警告記事を掲載していました。


ゲーム最新情報 2011年4月27日のニュース

●ツイッターで、Mathieulh氏がいままで誰もやらなかったであろうPS3のコントローラーSixaxisのファームウェアのダンプに成功したとつぶやいていたはずですが、つぶやきが削除されてしまっています。ダンプしたファームウェアをHEXエディタで開いたと思われるスクリーンショットもありましたがそれも削除されてしまっています。

Sixaxis Firmware dumped. (I got bored) http://twitpic.com/4pssyb

●MaxConsoleが、匿名の開発者筋から寄せられた情報としてPSNがXbox LIVE同様有料サービスに変わることを伝えていました。現在セキュリティ強化のために停止しているサービスが復活と同時に有料化になるとの話のようです。それで喜ぶユーザーは皆無と言っていい程の改悪なのでありえないとは思いますが、あくまでも噂レベルだと信じたいところです

●SKFU’s Blogで、SKFU氏がPSNダウンについて調べてみたところPSN環境でセキュアではないログを発見、脆弱性をスキャンするようなリクエストを送る214.1.211.251というIPアドレスを発見したことを伝えていました。このIPアドレスは米オハイオ州にあるDoD(Department of Defense:国防総省のインフォメーションネットワークセンター)に向けられているそうで、このIPがログに初めて記録されたのは2011年3月3日07:10:38だったそうです。ハッカーはこのIPをプロキシとして使った可能性があるそうです。

●Endless Paradigmで、codestation氏がPSPでPSNのダウンロードコンテンツ(EDATA/PGD/SPRX)を復号した状態で直接読み込むことができるnoDRMプラグインNPloader v0.6をリリースしたことを伝えていました。モジュールのブラックリストにPrometheus loaderを追加し、プラグインによるHook失敗を防止するようにしたことなどが変更点です。

●CVGで、その存在が明らかになってから遂に後継機が発表される寸前まで何の音沙汰もないWiiのバイタリティセンサーは実は現在も開発が続いていることを伝えていました。遅れている理由は80%の人には使えるがそれを99%にまで高めるのが困難を極めているからだそうです。

●ブルームバーグで、任天堂の岩田聡社長がWiiの後継機Project Cafeで家庭でのゲーム機の新しい提案をしたいと語ったことを伝えていました。今後普及が予想される3Dテレビへの対応についてはテレビがそれほど普及していないことを考えると軸にはしにくいと語り3Dを積極的に推進し市場を牽引するつもりがない姿勢を示しています。PS3でそれなりに3Dを推進するソニーにはテレビやレコーダーを売りたいという理由が存在しますが、任天堂にはそれがない(マイクロソフトにも)ということは、3Dに対する業界の本音が垣間見える気がします。

●ロイターで、任天堂の岩田聡社長がアナリストや株主に向けた会見の中でWiiで外部の会社と提携しなかったことを後悔していると語ったことを伝えていました。もし提携していればWiiの運命は変わっていたとした上で、自分達を過信すべきではなかったとも語っており、まるでWiiが敗北したかのようなコメントですね。


ゲーム最新情報 2011年4月26日のニュース

●ツイッターで、plum氏がPSPの本体情報の”システムソフトウェア”や”MACアドレス”の書き換えに加え、画面右上に年月日、曜日、バッテリー%などを表示するDayViewerと同じ機能を持ったプラグインspoofer v0.3をリリースしていました。DayViewer部分の表示文字数を100から1024に変更、他のプラグインとの互換性を調整が変更点です。
【追記】
PSPがフリーズしやすくなっていた不具合を修正したspoofer v0.3fixがリリースされていました。

●The Worldで、Coldbird氏が他にもやることがあるのでCFW PROの開発から手を引くわけではないがちょっと開発ペースを落とすことを明らかにしていました。

●Endless Paradigmで、Strangelove氏がPSPのプラグインを管理するためのユーティリティYAPM Plugins Manager v0.50をリリースしたことを伝えていました。

●Endless Paradigmで、codestation氏がPSPでPSNのダウンロードコンテンツ(EDATA/PGD/SPRX)を復号した状態で直接読み込むことができるnoDRMプラグインNPloader v0.5 r1をリリースしたことを伝えていました。

●PC Worldで、ソニー・コンピュータエンタテインメント広報担当の福岡智氏がPSNがダウンしている問題についてネットワークへの外部からの侵入攻撃については情報提供を拒否し、しかも侵入中にクレジットカード情報を含むユーザーの個人情報が守られたかどうか分からないとコメントしたことを伝えていました。

●MaxConsoleで、SCEAが次世代ゲーム機のグラフィックプロセッサプログラマーの経験者募集をしており、その要項の中のリンクを辿るとnVidia CUDAのニュースレターに繋がるためPS4のグラフィックプロセッサはnVidiaになるようだと伝えていました。

●PSGrooveで、TeamSOSがPS3のEBOOT.BINファイルをGUI画面で選択しボタンを押すだけ程度の簡単な作業でパッチを施しチートを実現できるWindows用ユーティリティPS3 Cheat Enabler v1.3をリリースしたことを伝えていました。Cheat Pkg作成機能追加などが変更点です。

●Engadgetで、ソニーがXperia Playに続く’PlayStation Certified’となる2台のAndroid3.0のタブレットを発表したことを伝えていました。一台は以前から情報があった9.4インチ画面のS1と呼ばれるタブレットで、 情報筋によると価格は599ドル。もう一台は5.5インチ 1,024 x 480ピクセルディスプレイを2つ搭載したデュアルスクリーンを搭載したS2と呼ばれる端末で699ドルのようです。ソニーによると両タブレットともDLNAやWiFiをサポートし、3G/4Gにも”対応”し、秋にグローバルリリースするそうです。

●IndustryGamersで、PSNが繋がらなくなっている件について原因がPS3でデバッグ機能を実現するCFW Rebugにあるらしいという情報を掲載していました。ディベロッパー専用ネットワークSP-INTでは偽のクレジットカード情報を入力してもノーチェックのため無料でコンテンツをダウンロードし放題になっていたためセキュリティーを強化するために長時間ネットワークが落ちているという話のようです。ソニーは開発者に対し、デバッグファームウェアを3.60以上にアップデートするよう申し入れているらしいことも伝えています。あくまでも噂や憶測の類だとしていますが、これが本当の原因なら長期間PSNが落ちている理由も納得するところです。

●/talkフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPにホットキーを設定することで簡単に電源OFFや再起動、スリープ、輝度変更など電源関係をコントロールするためのプラグインPSP Power Controller v4.2をリリースしていました。iniファイル設定後のバグを修正したそうです。

●Nintendo Universeで、Webush Morgan SecuritiesのアナリストMichael Pachter氏がWiiの後継機’Project Cafe’の価格は原価から考えて販売価格は300ドルを越えそうで、発売時の2012年を考えるとライバルは250ドルから300ドルの価格帯になっているため市場でシェアを取るのは難しいと語ったことを伝えていました。また、サードパーティーのサポートも必要だとしています。

●Xbox-sceneで、Xbox 360の光学ドライブをエミュレートし、USBメディアからXbox 360や初代Xboxのゲームをきどうすることができる製品x360keyを紹介していました。FatとSlimどちらにも対応し、AP25プロテクトのエミュレーションも可能だそうです。システムはMicroSDから起動するカスタム版Linuxとなっており、アップグレードも可能だそうです。


ゲーム最新情報 2011年4月25日のニュース

●/talkフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPの電源関連の管理をするプラグインPSP Power Controller Ver4.0をリリースしていました。私が把握している範囲で初の日本からのエントリーです。

●JailbreakSceneで、Robo Hobo氏がPS3用MS-DOSエミュレーターDosbox 0.74 PS3 r1をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能、バックアップマネージャー機能をも統合したマルチ管理ツールMultiMAN v1.17.02をリリースしていました。インターフェースの改良、System MenuにXMB VIDEOファイルのリンクをShowtimeのオプションとして追加、System MenuにShowtimeを起動するオプションを追加、PNGフォーマットのカバーのサポート、REBUGのサポートなどが変更点です。

●Nintendo Everythingで、任天堂のプラットフォーム開発者やパブリッシャー向けのサイトWarioWorldに“cafe”という名称のディレクトリが存在したことを伝えていました。WarioWorldには”wii”、”nitro”、”ctr”といった実在したコードネームなどのみが実在しており、適当な名称を入れると404が出るそうです。Wii後継機のコードネームは”Project Cafe”と言われていますが、それを裏付ける情報と言えそうです。

●任天堂が、プレスリリースでWiiの後継機となる新しいゲーム機を2012年に発売することにしたと発表していました。6月7日からロサンゼルスで開催されるE3で「体験いただける状態で出展し、その際に具体的な仕様について公表」するそうです。(999さん、DENさん情報ありがとね)

●PS3insideで、ソニーが再構築に時間がかかるとしているPSNについてダウンロードコンテンツを新マスターキーで署名し直し、システムを再構築していると伝えていました。PSNが復活すると、以前ダウンロードしたコンテンツは再度ダウンロードし直しになるとしています。直すだけでそんなに時間かかるものかと不思議に思っていましたが、そんなことまでしているのなら納得です。時間がかかることに対してですが。