DS News一覧

DSiぽちりました!

DSiほしいほしい病にかかったまもすけです。

絶対に定価以上のところで買うもんか、と思っていた矢先、楽天で予約になりますが購入できるところが突然出てきたので

DSiぽちりました!

トイザらス・ベビーザらス

   ニンテンドーDSi ホワイト

   ニンテンドーDSi ブラック

が18,899 円(税込/送料込)で予約販売受付されています。

11月9日発送分だそうです。

【追記】11月2日2:30現在で、売り切れておりました。
    瞬殺でした。買えてラッキーでしたФ

ちなみにほとんど在庫切ればかりですが、DSiを18,900円以下で購入できる楽天ショップ一覧はこちら



DSiの価格高騰の考察なんぞを…

電撃オンラインで、『ニンテンドーDSiを購入する?しない?』というアンケートを取り、その結果を発表していました。
発売日を前にして需要過多で価格高騰する理由を理論的に説明出来る結果が出ています。

早速アンケート結果を見てみましょう。

Q DSiを購入しますか?
すぐに買う 3.6%
しばらく様子をみてから買う 29.4%
買わない 40.7%
決めてない 26.2%

Q「White」と「Black」どちらを購入しますか?
「White」45.9%
「Black」53.4%
無回答 0.7%

DSiスーパーオークションで、落札価格が高くなる傾向があったため黒の方が人気がありそうと予想しましたが裏付けが取れた形です。

以前PSPが国内累計販売台数1000万台突破のニュースをお伝えした時点で、DSの同販売台数は2313万5000台でした。

アンケートに答えているのはサイトの読者ですから、ゲームに興味のある層=DS所有層と勝手に仮定します。日本人口を母数にするより遥かに現実的です。本来任天堂が狙っている、まだ持っていない購入予備軍いれるともっと多いでしょうが、DS所有層がDSiを購入検討していることにして、少なめに見積もった母数を元に推測します。
まもすけのように一人で複数台所有するあんぽんたんはそんなにいないでしょうから無視します。

現時点でDSi購入に殺到しているのは3.6%ですから、
23,135,000 × 0.036 =832,860

少なく見積っても、およそ80万人が購入行動に出ていることになります。

これに対し、任天堂の発売時の出荷台数は30万台です。
もう分かりますね。不足分だけで50万台分あるのです。購入希望層の2/3弱が発売日に買えない訳です。

DSliteの時に、プレミア価格でも商売が成り立つことは証明されていますから、余分に10,000円〜15,000円もの法外な価格加算がされるのです。

人の欲望につけこむような悪徳商売に乗せられてはいけません。すべてのDSiの、任天堂からの卸し価格は常に一定です。そこにプレミア価格は存在していません。

ちなみに様子を見てから買う層は

23,135,000 × 0.294 =6,801,690

680万台さらに売れそうです。
ここまでの数字だけで760万台が日本だけでの販売台数になります。

仮に毎週30万台の出荷量だとしても、購入希望層に行き渡るには25週強、つまり半年はかかります。
価格高騰祭りは年内には絶対終わりません。
そもそも年内出荷台数は多くて150万台とかいわれていますから。
人気があると報道されて評判がいいと、購入迷っている層は買う方にシフトしてきます。下手すると来年一杯DSiを入手しづらい時期が続くかも。

ちなみに最近DSiの予約状況調査のため店頭をまわってますが、現行のDSliteが新品も中古も在庫が切れているところばかりです。
任天堂がアップルよろしく、在庫薄戦略で人気をあおっている気がしてなりません。



DSiのソフトウェアにリージョン制限

新型NintendoDSiはリージョン制限あり〜海外版ソフトは起動不可

maxconsoleが、新型NintendoDSiについてリージョン(地域)制限があると伝えていました。つまり、海外向けのソフトウェアは日本版のDSiでは遊べないということです。

Nintendo confirms DSi software will be region locked
 任天堂はDSiのソフトウェアにリージョン制限をかけることを決定しました。

Nintendo has told Future Publishing that the DSi Software is region locked and this relates to both downloadable games as well as future DSi only cartridge based games. However original DS software is region free and will be playable on any region DSi.
 任天堂は今後発表するDSi用のソフトウェアにリージョン制限を設けることにしました。これはダウンロード販売をするニンテンドーDSiウェアだけでなく今後発売するDSi専用カードリッジのソフトウェアにも適用されます。これまでに発売したDSのソフトウェアについては現状のままリージョンフリーとし、どの国で発売されたDSiでもプレイすることができます。

DSi専用ソフトって、カメラを使ったゲームとか、DSiウェアのことだと思っていましたが、どうやらそれだけではないようです。

ハチロク(あ、頭文字Dより前の頃ですよ)や刀世代のまもすけの好みのゲームは実は車やモーターサイクルのレースゲーム系だったりします。日本ではあまり発売されていないんですよね。

Ridge Racer DS
も未だに日本未発売の北米版のみです。DS版は昔ゲームセンターで大金つぎ込んでたころのイメージのままですが、結構やりこみました。海外版に惹かれるタイトルが多いのにそれがプレイできないのはゲーム界にとっても大きな損失だと思います。言語の壁はありますが、ゲームに壁はないと思います。面白いゲームはどこの国でも面白いんです。Wiiにはリージョン制限がありますが、DSにはなかった、それが利点だったのに・・・残念です。

穿った見方ですが、新型DSiのこういった対応はハッキング対策の一環?なのでしょうか。

いずれにしても北米版DSiなんかが高値で取引されることになってしまうでしょう。輸入する業者はあまりいないでしょうから、そこにまもすけのような海外版ゲームやりたい病患者が殺到して値段が上がるという、需要過多のバランスが崩れた市場になってしまいます。

本当に残念なニュースです。



新型DS まもなく発表?

MAXCONSOLEが、かねてから噂の新型DSが間もなく発表になると伝えていました。

New DS to be unveiled in a few hours, says ‘impeccable source’
信頼できる情報筋によると、新型DSがまもなく発表されるようです。

MCV’s “impeccable source” in Japan, has confirmed that Nintendo will unveil the rumored DS revision (that will feature two touch screens, mp3 player & built-in camera) in a few hours time. The source says that Satoru Iwata will announce the new DS at 5am UK time.
 日本の信頼できる情報筋によると、かねてから噂になっている上下2画面タッチスクリーンを採用しmp3プレーヤーとカメラを内蔵した新型 nintendoDSを間もなく発表する予定です。岩田聡氏(任天堂社長)が新型DSをイギリス時間の午前5時に発表することになっています。

英訳はテキトーまもすけ翻訳ですかたじけない。

日本時間だと13時?まもなく、ですので今日10月2日だと思いますけど、ほんとかなぁ。
任天堂のHPには特に動きはありません。

上下2画面タッチスクリーンというのは現行機とのゲームの互換性が取れないことを意味します。これだけがGBAスロット使った拡張アダプタでは対応できません。
個人的には「DS/DSliteでは動作しません」というゲームは好ましくありませんので2画面タッチスクリーン化には反対です。だからそこはガセだと思っています。
互換性取り続けているPSPに負けちゃいますよ。そんなことしたら。

このブログを見てくださっている方はどうお考えですか?



ついに新型DSの情報が日経に!

なんどかお伝えしている新型NintendoDSの情報です。
が、なんと、日経から出ておりました。

[2008年9月28日/日本経済新聞 朝刊]

任天堂がDS新型機、カメラ音楽再生機能付き 2万円以下で

 任天堂は年内に携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の新型機を投入する。ゲーム機では初めてカメラを標準装備し、音楽再生もできる。無線通信機能を強化し情報端末としての利用も促す。DSは発売から4年で、全世界の販売台数が7700万台に達した。新型機はゲーム業界の枠を超え、携帯電話機などとも競合することになりそうだ。

 カメラで撮影した画像をゲームに活用するなど使い方を広げる。音楽再生について、CDなどから楽曲を記録装置に取り込んで聞くことができるようにする見通し。

 価格は現行の1万6800円とほぼ同程度の2万円以下とするもよう。まず国内で数十万台規模を先行販売し、海外での発売も検討する。

年内だそうですよ。年内。
液晶パネルの画像がリークしているくらいですから、近々発売とは思っていましたが。
日経から出たのならそれなりの確度ありますから間違いないんでしょうね。
楽しみです。


<おまけ企画>当たるかな?応募しなきゃ当たらない。楽天懸賞市場でゲーム機ゲット!



新型Nintendo DSの写真がリーク!?

以前新型DSの噂話をお伝えしましたが、とうとう某国で部品写真がリークされたようです。

新型DS流出写真1

左が現行DSL3インチ液晶 右が新型3.25インチ液晶

新型DS流出写真2

上が現行DSL3インチ液晶 下が新型3.25インチ液晶

こちらのページによると

 新型任天堂DSLiteの液晶サイズが明らかになりました。

 液晶製造メーカーはHitachi Display Device ( Suzhou ) Co., Ltd.=(株) 日立ディスプレーズ

 PSP2000やPSP-3000は要らなくなります。期待しましょう!

中国語はさっぱりです。
翻訳サイトで翻訳するも意味不明の日本語にしかならないので、翻訳サイトの実行結果の雰囲気と漢字から想像される勝手な意訳をつけさせていただきました。間違っている可能性相当高いです。

この写真が本物なら見るからにワイドスクリーン搭載はあり得なさそうです。
液晶のサイズが大きくなっていますが、現行機程度の画質で拡大表示しているだけの可能性が大ですね。しかも「新版NDSL」は「新型ニンテンドーDSLite」の意味ですから、ひょっとしてちょっと薄型か小型化したマイナーチェンジ版かもしれません。

分解好きのまもすけが気になったのは、液晶から出ているフィルム部分です。
このフィルムは下画面のところにあるメイン基板と上画面を接続する大切な部分です。
液晶もマイクもスピーカーも全部まとめてこれだけでメイン基板と接続されています。
こいつが現行機と左右逆になってます。
形状からして現行と同様折りたたみ式の2画面であることは間違いないですが、ヒンジ部分の作りをわざわざ変更していることにどんな意味が隠されているのでしょうか。