DS News一覧

iPlayer〜DSiマルチメディア再生に焦点を当てたマジコン?登場

Nintendo DSiで直接AVI/WMV/RMVBといった動画ファイルを再生できるSLOT1カードリッジの話題を以前お伝えしましたが(2009年6月8日のニュース参照)、名称はiPlayerとなり公式サイトはhttp://www.dsiplayer.com/であることが分かりました。またGBAtempではサンプルを入手したようで、インプレッションを掲載していました。ベースはAcekard2のようです。【情報源:GBAtemp

長文につき翻訳のみでお伝えします。

iPlayer


iPlayer Hands-On Impressions

iPlayerはスロット1を使うメディアプレーヤーで、Homebrew以外の市販ROMファイルの読み込み機能はありません。つまりiPlayerは現在市場に流通しているマジコンとは異なり映像音声メディアとHomebrewにのみ対応する戦略に基づき開発されました。

マジコン自体でもマルチメディア再生機能はありますが、オーディオコーデックとDPGビデオ(DSに最適化されたビデオフォーマット)にしか対応していません。DPGビデオはマジコンで使用する前にPCでフォーマット変換を行う必要があります。これはDSのCPUが一般的なビデオフォーマットを再生できるほどの能力がないためです。

この問題を解決するためにiPlayerは専用CPUとRAMを搭載し、各種フォーマットのファイルをダイレクトにデコードできるようになっています。そのためユーザーはDSで再生するためだけ事前にフォーマット変換をするような無駄なことをする必要がありません。

iPlayerがサポートするコーデックは多種に渡り、DivX, Xvid, Quicktime, Windows Media video, Realmedia, MPEG, ASF, VOB, Flash videoなどに対応しています。これ以外のフォーマットにも実際には対応していますが不安定だったりかなりの再生遅延があったりするようです(MP4, H264など)。MKVフォーマットは’VIDEO’メニューではファイルが表示されないため使用できませんが、’Files’メニューからなら読み込めます。H264のような処理が重いフォーマットの場合は実用的な速度での再生ができません。マルチオーディオトラックのあるファイルの場合はメインのオーディオトラックのみ再生できます。その場合再生トラックの変更はできません。字幕についてはサポートしていません。

現在主流のXviD, Realmediaについては極端にビットレートが高くなければ驚くほど完璧に再生できます。ただ、フレーム落ちがないわけではなく、突然フレームが飛ぶこともありましたが問題になるほどではありません。音声も同様に良好で、DSのスピーカーからきちんとステレオで出力されますが、ヘッドフォンを使うぶんには問題ないですがスピーカー自体からの出力はかなり小さいです。ただし、ボリュームの可変範囲は2倍程度まであるので一番大きくすれば聞く分には十分な程度にはできますが、それでも普通のDSゲームと同じくらいにしかなりません。

ビデオのクオリティは非常に良好で、色表現に限界があるはずのDSLite/DSiの液晶画面でも非常に綺麗に見えます。元が綺麗なビデオファイルならキレのいいクリアな映像になります。映像は上画面で再生され、下画面にはプレーヤーのコントロール画面とファイル情報が表示されます。下画面は再生後しばらくするとバックライトがOFFになります。画面再生サイズはオリジナルと同じアスペクト比(ワイドスクリーンの場合は上下黒味になり表示部分としては小さくなります)での再生のほか、DSの画面いっぱいに伸ばしての再生も選択できます。ただしワイドスクリーンの場合かなり引き伸ばされます。これはワイドスクリーンのサイドをカットして4:3モードにするオプションがないためです。

サンプルビデオを見て、iPlayerの映像音声の同期性能はかなり印象に残りました。ビデオを十字キーや画面のスライダーで早送り巻き戻しができるのですがその場合映像と音声がばらばらに動いているようで、再生を始めるまではそのままなので見ているといらいらします。もちろんこれはコーデックやビットレート、microSDの速度にもよって変わってきます。

他にも、あったら良いと思っていた機能ですががブックマーク機能というものがあります。これは長編ものの映画やポッドキャストの途中でその位置を保存しておくことができる機能です。

音楽再生は期待通り素晴らしいです。MP3, WAV, OGG, Ape, WMAでテストしましたが動作にはまったく問題がありませんでした。

DLDIはHomebrewをサポートしており、パッチは自動的に行われます。ソフトリセットにも対応しています。

設定メニューで輝度、言語(英語/中国語)、スキン、バックライトのフェード時間、DLDIパッチ、ソフトリセットの設定が可能です。

iPlayerはAcekard2のハードウェアとファームウェアをベースにしています。GUIも分かりやすくまとまっており動作も良好です。特に再生中のファイルのID3タグやコーデック、ビットレートなどの詳細表示は優れものです。ただタッチスクリーンの反応が正確だとは言い難く、何回かタッチしないと動作しないときがありました。

全体的に第一印象としてはかなり良かったです。カードリッジの作りも良好です。高ビットレートの動画ファイルや特定のフォーマットファイルにこそ対応できていませんが、再生できるフォーマットは多岐におよび(Xvid, DivX, RMなど)、扱いも簡単なので機能としては十分です。将来ソフトウェアアップグレードでトラッキング時に同期がうまく取れない問題や、音のボリューム、GUIのレスポンスの問題などが改善されることを期待したいところです。実際iPlayerチームは今後ソフトウェアの改善を予定してお、先ほどの要望も真剣に検討すると話してくれました。

以上で最初のインプレッションを終了します。後に完全レビューをお届けする予定です。GBAtempDS関連の最新ニュース、情報にご期待ください。

注意:今回レビューしたiPlayerはサンプル版です。ラベルも製品版ではありませんしプラスチックケース自体も変更されるかも知れません。


ベースはAcekard 2i (2iとは書いてありませんが常識的に考えてAcekard 2iでしょう) のようです。とするとiPlayerもAcekardチームなのでしょうか。
バックアップROMの起動はできませんが、マジコンが違法扱いされて市場から駆逐されるくらいならiPlayerのような方向性の製品でよいと思います。日本独特の”マジコン”という呼び方も変えたほうが良いかもしれません。
発売日や価格などは明らかにされていませんが、情報が入ったらまたお伝えします。



任天堂版App Store登場でHomebrew=DSiウェア?

MAXCONSOLEで、打倒Appleを目指し任天堂がDSi版App Storeを計画していることを伝えていました。【情報源:MAXCONSOLE


Nintendo planning ‘major app strategy’ for DSi app store
任天堂はDSiショップで’アプリ戦略’メジャー化計画

According to a UK trade publication, Nintendo is planning a major app strategy for the DSi in similar fashion to the Apple App store. Apparently Nintendo has a plan which will push developers towards creating short content for the new DSi.
UK trade publicationによると、任天堂はApple社におけるApp storeと同様の手法でDSiへアプリを配布する計画があるそうです。任天堂はどうやら新型DSiにちょっとしたコンテンツを作ってもらうため開発者に対して働きかけをする計画のようです。


あり得る話ですね。
ただ、同じ話題をDCemuでは Rumor: Nintendo pushing developers to make small DSiWare ‘apps’という形で、あくまで未確認情報として掲載しています。

任天堂はAppleの戦略を指をくわえて長い間見ていたのかもしれません。待望の環境がDSiでようやく整ったというところでしょうか。
SDKは有料かもしれませんが配布され、公認Homebrew開発が可能になり配布も出来るとなるとDSでのHomebrewコミュニティに大きな変化が訪れる事になります。Homebrewという名称がDSiに限ってはDSiウェアと呼ばれる事になるのです。いままでマジコンという裏ツールによって支えられて来たHmebrewの転換期になるのかもしれません。
いずれにせよ3月22日に行われる世界のゲーム開発者が集うゲーム開発者会議(GDC)ですべてが明らかになる事でしょう。


ニンテンドーDSシリーズ1億台販売〜PSPもすごいがDSはもっとすごい

任天堂がニュースリリースで、DSシリーズ(DS,DSLite,DSi)が全世界累計販売台数1億台を突破した事を誇らしげに伝えていました。【記事


ニンテンドーDSシリーズ1億台販売

任天堂株式会社(社長:岩田聡、本社:京都市南区)は、このたびニンテンドーDSシリーズの当社グループからの全世界累計販売台数が、3月6日時点で1億台を超えましたのでお知らせします。

 2004年11月21日の発売から、4年3ヶ月と2週間でのニンテンドーDSシリーズの1億台突破は、家庭用ビデオゲーム機史上最速ペースでの広がりとなります。

 当社は、ニンテンドーDSシリーズの新しい一員であるニンテンドーDSiの国外展開を来月早々から始めますが、これからも、多くの皆様のご愛顧にお応えできるよう、新鮮な面白さや驚きをお客様にお届けしながら、「一家に一台」から「お一人様に一台」ご愛用いただけることを目指します。

[ご参考]
当社では過去に、「ゲームボーイ」シリーズが、1989年4月21日の日本発売から約11年と2ヶ月経過した2000年6月に1億台を達成しております。ただし、この当時は、単体ベースでの決算が主でしたので、この成果も日本の任天堂(株)からの販売が基準となっており、当社海外子会社への出荷分も含んでの内容でした。
この「ゲームボーイ」シリーズの全世界累計販売台数は、1億1,800万台まで伸びました。
その後、機能を向上した「ゲームボーイアドバンス」を2001年3月に発売しており、そのシリーズ全世界累計販売台数は、8,100万台となっています。

DS販売台数グラフ


PSPは先月世界累計売上台数5000万台達成したと公表していますが、DSとはダブルスコアの差がついている事になります。

とはいうものの、PSPはゲームボーイなどの過去の任天堂製品より遥かに上を行っています。いかにDSシリーズが過去に前例のないヒットの仕方をしているのかが分かると思います。わざわざご参考と称して任天堂自身それを暗に伝えている勝ち誇り方に勝者の余裕が見て取れます。
驚くべきはグラフを見て分かる通り、DSの販売台数は頭打ちになる事も無くリニアに伸びていることです。これは今後も成長する余地があることを示しており化け物ぶりの証明ともなっています。

DSとPSP、互いに意識し合うライバルが同じ時代に存在することで切磋琢磨しあい、ここまで成長して来たのだと思います。その恩恵に預っているのは我々ユーザーです。この時代にゲーム機に恵まれて過ごせる事に感謝の気持ちでいっぱいです。


Flash cart(日本名 マジコン)に完全合法製品発売

ついにR4販売違法判決が下るなど存在の終息へ向けて何かと騒がしいマジコンですが、2つ3つとゲームカードリッジを持ち歩かなくともバックアップしたものなら1枚のカードリッジに入れて持ち歩けるので便利だったのに、と残念な思いでいるユーザーも多い事と思います。

そんなユーザーにぴったりの、複数のゲームを1つのカードリッジで持ち歩くことができ起動したいゲームの切り替えも可能な、マジコンと同じような機能をもった完全合法商品が発売されたことをMAXCONSOLEが伝えていました。【記事


Here is the ‘world’s first DS Lite game selector’
新登場”世界初DSLite用ゲームセレクター”

An interesting little piece of hardware here, but a flash cart will do the game switching job a whole lot better it must be said. The creators of the following hardware claim that after clipping their peripheral on the back of the DS Lite, you will be able to alternate between 3 DS games just by flicking a switch!
面白いハードウェアの登場です。このフラッシュカート(マジコンの事を英語ではフラッシュカートと呼ぶ)でゲームの切り替えが自由自在です。このハードはDSLiteの背面に装着し、3つのDSのゲームをスイッチで切り替えて動作させる事が可能となっています。


NDS-GameSelector1NDS-GameSelector2

…これなら確かに合法だ。
1枚のカードに複数のゲームを入れて持ち歩きたかったのにとお嘆きの皆さんにとって待ちに待った100%合法製品だと思います。
ちなみに13.42ドルだそうです。

購入してみたい気の毒な方、SuccessHKで販売中です。


ついにヤフオクでマジコン出品禁止 強制出品削除も

Yahoo!オークションで、マジコンの出品を禁止する旨のお知らせを掲載していました。マジコン包囲網は急速に展開しています。【記事


「マジコン」出品禁止のお知らせ

いつもYahoo!オークションをご利用いただき、誠にありがとうございます。
本日、任天堂株式会社ほかゲームメーカー数十社により提訴されていた、いわゆる「マジコン」の販売等の差し止めに関する民事訴訟において、原告の請求が容認され、「マジコン」の違法性について一定の判断がなされました。
Yahoo!オークションにおける「マジコン」の取り扱いにつきましては、先にご案内していますが、本日の判決を考慮し、Yahoo!オークションでは、「マジコン」の出品を禁止することといたします。
また、本日までに出品されたものも含め、「マジコン」と判断した出品物は発見次第削除いたします。出品の際に要したシステム利用料などの返金はいたしませんので、なにとぞご了承ください。


東京地裁のR4輸入販売差し止め判決に伴うYahoo!の対応策になります。Yahoo!では以前からマジコンの取り扱いについて注意喚起していましたので当然の流れです。

判決はR4に関するものですが、マジコンに類する物も出品禁止対象です。ま、そうでしょうね。
出品強制削除も実施するそうですのでオークション界からマジコンが駆逐されたも同然です。

ネットの世界では急速にマジコン対策が広がっています。DSでのHomebrew起動の終焉にならないためにも今後はDSiでのSDスロットハッキングに世界が精力を注ぐことになるでしょう←希望的観測