2018年05月一覧

GameGaz Daily 2018.5.8

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.02をリリースしていました。data.infエラーの修正などが変更点です。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.17をリリースしていました。PSPのゲームがEBOOT.pbpファイルとしてインストールされるようにしたこと(ただしnpdrm_free pluginプラグインが必要)などが変更点です。

●Unity Blogで、ゲーム開発エンジンUnityエディターの日本語をプレビュー版として配布することにしたと発表していました。先に日本語版のプレビュー版を配布するのはフィードバックが欲しいからだそうです。昨日から開催されてるUnite Tokyo 2018で発表されました。
基調講演の冒頭ではバーチャルYouTuberのキズナアイちゃんが登場して話題となっていたようです。先日アニメイトでキズナアイちゃんのグッズコーナー見かけて、こんなところにまで浸透しているのかと驚きを隠せませんでしたキズナアイ。個人的には猫宮ひなた推しです。

●GitHubで、SilicaAndPina氏がUnity for PSVitaでゲームの開発をしやすくするための開発者向けツールUnityTools v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaのメモリーカードにインストールされている正規アプリケーションのアップデータ(PKG)をダウンロードすることができるユーティリティTitle-Update-Downloader v1.0をリリースしていました。ダウンロードしたアップデータのインストールは★Package Installerで行います。

●コイン東京で、ソニーがブロックチェーン技術をプレイステーションネットワークに統合する特許を4月26日に出願したことを伝えていました。ブロックチェーンを通じて認可を行うデジタル著作権管理(DRM)システムについての特許で、ネットワーク内で分散して記録されている情報を認証して正規購入品として認証される仕組みだそうです。

●Polygonで、任天堂が周辺機器メーカーGamevice社からNintendo SwitchとJoy-ConがGamevice社の所有するコントローラーの特許を侵害しているとして訴えられていると伝えていました。同様の内容で任天堂はGamevice社に2017年に一度訴訟を起こされていましたが、前回は2ヶ月後に訴訟が取り下げられたそうです。今回アメリカ国際貿易委員会が「脱着可能なハンドヘルドコントローラーとコンポーネントを持つ、特定の携帯ゲーム機」の調査を開始したことも発表されています。今回の訴訟の内容は要するにこれがSwitchにパクられたという話ですが…
Nintendo sued by Gamevice


GameGaz Daily 2018.5.7

●ツイッターで、cfwprophet氏がPS4 True Proper Homebrew with Jailbreakというタイトルの動画を公開していました。

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – ipl (CTCaer mod v1.2)をリリースしていました。SDカードへの書き込みエラー発生時に続けるかやり直すかを選択できるようにしたことや、Samsung製などの一部動作対応できていなかったSDカードのサポート追加などが変更点です。

●GBATempで、natinusala氏がWindows/ Mac/ Linux/ Androidのどれからでも、あれこれセットアップしなくても簡単にNintendo SwitchでLinuxを起動することができるPainless Linuxをリリースしていました。

●Team OpenXboxが、Xbox Oneで使われているSmartGlassや通信プロトコルを解析し、PythonライブラリとするなどXbox Oneで使えるオープンソースのXbox OneツールOpenXboxをリリースしていました。Xbox Oneの電源を消し忘れて外出してしまった時に、帰宅するまで電源を消せないのをなんとかできないかと考えたことが開発のきっかけだそうです。


PS4 5.01向けのカーネルexploitが近日中に公開か

ツイッターで、Vultra氏がPS4 5.01向けのPS4 Linuxローダーを公開したと発表していました。

・・・この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2018.5.6

●ツイッターで、qwikrazor87氏が開発者向けにPSPのユーザープラグイン/カーネルプラグインをpythonで作成するためのMIPSコンパイラMIPSPiler v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、moriczgergo氏がWindows/Linux/macOSでfusée gelée起動時にペイロードを選択する画面をGUI化したPython GUIアプリケーションrocontrol v1.1.0をリリースしていました。
rocontrol

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss 0.4r447をリリースしていました。XenoGC(Nintendo Gamecubeのドライブチップ)は無効になっていないそうです。

●GitHubで、RedGuyyyy氏がスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESで一部のカセットROMに使われていた特殊チップのSuper FX対応ゲームを起動することができるファームウェアsd2snes gsu_v10をリリースしていました。starfoxでのバグ修正などが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.3をリリースしていました。新GUI(Linux版とWindows版のみでmacOS版は開発中)への変更などが変更点です。

●PSXHAXで、RetroGamer74氏がUnity for PlayStation4で開発したPS4向けのゲームボーイエミュレータPS4 GBEmuをリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.5.5

●PSX-Placeで、PS3ITAチームから転じたPSXITA TeamがPS4向けのLinuxディストリビューションPsxitarch Linuxをリリースしたことを伝えていました。PS4 PRO以外の全PS4対応で、PS4 PROの場合3Dハードウェアアクセラレーションが機能しません。

●PSXHAXで、RetroGamer74氏がFile Manager for PS4 HEN 4.55を現在開発中であることを発表していました。Unityを使って開発をしているようで、Unityを使ってPS4のFakePKGをビルドするチュートリアルも公開しています。


マックでハック Fusée Gelée Launcher for macOS by 岡崎ザ・オタク

GBATempで、OkazakiTheOtaku氏がfusee-launcherのmacOS版Fusée Gelée Launcher for MacOSをリリースしていました。

ReSwitched mac

・・・この記事の続きを読む