2013年11月一覧

ゲーム最新情報 2013年11月15日のニュース

●PSX-Sceneで、Dean氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMAN v1.13をリリースしたことを伝えていました。ISOファイルのネットワークスキャン設定追加などが変更点です。

●PSX-Sceneで、SP193氏がPS2のメモリーカードにインストールしてPS2で起動させることでHomebrewやバッグアップの起動が可能になるユーティリティFree McBoot (FMCB) v1.93をリリースしたことを伝えていました。HDD搭載DVDレコーダーPSXで動作しなかった問題を修正したことなどが変更点です。

●4Gamerで、SCEJAがPlayStation Vita TV発売に合わせてSENアカウントで起動(機器認証)可能な台数をPSP、PS Vita、PS Vita TVの携帯ゲーム機枠で最大2台から最大3台に変更すると発表したことを伝えていました。ただし2011年11月18日以降に購入したPSPおよびPS Vita用ダウンロードゲームが対象です。


PlayStation Vita TVでもVHBL起動確認

このブログの読者のyyoossk氏から連絡をもらいました。yyoossk氏は173210氏が移植した未公開exploitを利用したVHBLをPlayStation Vita TVで起動させたところ、問題なく動作したそうです。

続きを読む


ゲーム最新情報 2013年11月14日のニュース

●PSX-Sceneで、Dean氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMAN v1.12をリリースしたことを伝えていました。PSPを別フォルダを追加してサポートしたことやautoboot.iso/last-gameのディレイを無効化するとXMB読み込み直後にマウントするようにしたことなどが変更点です。

●TheSixthAxisで、日本での発売しか発表されていないPlayStation Vita TVについて現時点では日本のPSNアカウントでしか利用できないと伝えていました。日本以外のアカウントでログインすると”seservice is not available”と表示されてしまいログインできないそうです。カードリッジゲームが起動するかどうかは分かりませんが、少なくとも日本からPS Vita TVを輸入しようとしていた海外のユーザーには事実上のアカウントリージョン制限はショッキングな出来事です。

●IGNで、任天堂が海外向けにニンテンドーダイレクトを放送を行い3DSのアップデートでWii U専用だったMiiverseとニンテンドーネットワークIDを3DSに実装することを発表したことを伝えていました。近日中に3DS向けYouTubeアプリも配信するそうです。

[追記]
日本でも「ちょっとNintendo Direct Wii U/ニンテンドー3DS ダウンロードソフト 2013.11.14」を公開したと発表されていました。上記内容が日本でも発表されました。
http://www.youtube.com/watch?v=7eIZLVsufCs


ちょっとだけアップデート PlayStation 4 システムソフトウェア バージョン1.501

SCEのサーバーに、PlayStation 4のシステムソフトウェア バージョン1.501が公開されています。先日リークされてしまったバージョン1.50からちょっとだけバージョンが上がって1.501になっています。

続きを読む


ゲーム最新情報 2013年11月13日のニュース

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager v2.60Bをリリースしてました。Cobra機能を追加したCFW 4.46 Rogeroをサポートしたことなどが変更点です。

●Tortuga Coveで、KW氏がCFWをインストールしたPS3の本体IDを偽装やCFWのsyscall無効化など安全にPSNへ接続するための変更を行うことができるユーティリティPSNPATCH 1.05をリリースしたことを伝えていました。Cobra機能を追加したCFW 4.46 Rogeroをサポートしたことなどが変更点です。

●wololo.netで、m.rr氏がマドリッドで開催されているMadrid Games Weekというfゲームショウで2.61ファームウェアを搭載したPS Vitaのデバッグ機が展示されているのを発見したと伝えていました。スタッフに注意されるまで実機を触って写真などを撮ってきたそうです。

●TheSixthAxisで、ソニーのPlayStation 4は500GBのHDDを搭載しているものの保存領域としては実際に使えるのは408GBしかないようだと伝えていました。

●VG247で、ソニーがPS4使用に関する利用規約を更新しユーザーが購入したソフトウェアは使用のためのライセンスを供与したもので所有する権利を与えたものではないことから、特別に認められたものでない限り物理ディスクメディア/ダウンロードによる提供方法に関わらず売却することは認められないとの内容に改められていたと伝えていました。まともに受け取ると中古として流通させることになる売却を認めない、と読めますが、SCEワールドワイドスタジオプレジデントの吉田修平氏は規約更新を受けて次のように述べており、どっちやねん状態です。売却は出来るものと受け取っても構わないとは思いますが。


欧州の新利用規約で心配している方がいるようですが、欧州に限らず何処でもPS4のディスク製品を売却したり貸し借りしても問題ないですよ。


ゲーム最新情報 2013年11月12日のニュース

●PSX-Sceneで、Dean氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMAN v1.11をリリースしたことを伝えていました。http://127.0.0.1/setup.ps3へアクセスまたは”My Games”に”webMAN Setup”を追加したことなどが変更点です。

●PlayStationLifeStyleで、PS4の発売時には利用できるボイスコマンドには制限があることを伝えていました。ニューヨークで開催されたPS4プレビューイベントではPS4がスタンバイモードの時にはボイスコマンドだと起動できなかったそうです。なお、Engadgetによると本体起動中にボイスコマンドでゲームを起動したり電源を切ったりということは可能でしたがPS4発売時にボイスコマンドをサポートしたサードパーティアプリは皆無だとのことです。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.4をアップデートしていました。以下のツールが更新されています。

    ・PS3のCFW REBUG ”Package Manager”をベースにしたオプションをXMBの”Install Package Files”オプションと置き換えることで多彩な機能を実現するXMB Manager Plus (XMBM+)のMOD版XMB Manager+ 0.22.007 (mod) for COBRA 7.0
    ・PS1 / PS2 / PS3 / PSPのディスクイメージをチェックしたりタイトルIDなどを調べてくれるCaptainCPS-X氏のWindows向けコマンドラインユーティリティPS ISO ToolをGUI化したPSISO Tool GUI
    ・PS3_EXTRAフォルダ構造に変換するCreate PS3_EXTRA 1.3.2
    ・PARAM.SFOファイルの編集やPARAM.SFXをPARAM.SFOに相互変換できるPARAM.SFO editor 2.8.7

●MajorNelsonで、Xbox One発売日である11月22日からXbox OneでマイクロソフトのクラウドサービスSkyDriveが利用可能であることを伝えていました。
http://www.youtube.com/watch?v=E2Vlsqft27I