2013年01月一覧

ソニー PlayStation Mobile対応ゲームを合計6タイトル無償配布

TheSixthAxisで、ソニーが6週間に渡り週に1本PlayStation Mobileのゲームを無償で配布するキャンペーン行っていることを伝えていました。

→→→続きを読む


ハック不要のマイクロソフト公式アカウントリージョンチェンジャー

Major Nelsonで、マイクロソフトがXbox LIVEアカウントのリージョン変更に対応したことを発表していました。

→→→続きを読む


Wii U スーパーオークション落札情報 プレミアムセットなのに26,000円

四季 楽天市場支店
『※プレミア価格※ 品薄商品の為、仕入れ価格が高騰しております。「Wii U プレミアムセット」本体/ニンテンドー/任天堂 100円スタート!100円で落札できるかも!【特別セール!店長太っ腹100円オークション!】10倍ポイント付き!送料無料!新春目玉オークション!』
26,000円で落札されていました。(入札件数:51)

まず、最近(といってもここ1〜2年の間に)このブログを読んでくださるようになった読者の方は「なんだこの記事は」と感じた方もいると思いますのでとりあえず説明しておきます。

楽天のスーパーオークションは普通のオークションとは異なり「開催期間中、常に現在の最高落札価格が表示されない」という特殊なオークションです。

かつては毎日のように数品必ずスーパーオークションにゲーム機が必ず出品されていました。時折とんでもなく安い価格で落札されていたことも多々あったのです。入札の際に必要な情報は一般的な相場の情報よりも今まで最も安く落札できた価格はいくらなのかという情報の方が重要で、落札者の集り具合によっては過去の最安価格をどんどん更新するような格安落札が実現できていたのです。

スーパーオークション全盛期にそういった最安落札価格の情報を提供しているところがなかったのでこのブログでは記事という形で記録を残し続けてきました。過去の出品ページはオークション終了後2週間で削除されてしまうためオークションサイト自体に記録が残らないためです。

このブログではいままで開催されて来たゲーム機のスーパーオークションのほとんどの情報を記録として残しています。2008年のブログ開設年から続けてますのでスーパーオークション関連の記事だけで4年以上続けて来たことになります。ブログのHOMEページの右カラムに
「楽天スーパーオークション ゲーム機最安落札価格 一覧」
というリストがありますが、それが最安記録リストです。

かつてはこの最安記録情報を参考に入札していた方もいました。

残念ながらここ数年はスーパーオークションにゲーム機が登場することは殆どなくなってしまいました。そのためこうしてたまーに登場する変な記事になってしまったというわけです。

ところで今回のWii Uですが、過去の最安記録、とはいっても今までに1回しかなかったのですがその記録価格は34,502円でした。

ちょうどWii U発売直後でネット通販から在庫が消えていた時期だったためとんでもないプレミアム価格になるかと思いきや常識的な範囲でのプレミアムしか付きませんでした。今回は市場でWii Uがタブ付いているのとスーパーオークションへの興味のなさも相まって26,000円という安価な落札価格が実現できました。

もっとスーパーオークションへの出品が多ければこの企画も意味があるのですが、ここまで少ないと続けていく意味あるのかなと自分でも疑問ではあります。

ただ、今でもこうしてたまにオークションが開催され思いもかけない安価な落札が生まれるので安くゲーム機を購入したい方は根気よく待ってみるのも手かもしれません。

過去のゲーム機スーパーオークションの落札相場情報はゲーム機ごとにカテゴリ分けしてあります。落札するためには過去の相場を知る事が重要です。

Wii U入札のための価格参考情報
現在販売されているWii Uの販売店リスト(安値順)です。
Wii U プレミアムセットの最安値リスト

Wii U ベーシックセット

現在開催中のクローズドオークション


ゲーム最新情報 2013年1月16日のニュース

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.1をリリースしたことを伝えていました。

●/dev/ram0で、deroad氏がPS3のHomebrewでPlayStation Moveを使うためのPSL1GHT V2向けライブラリlibmove 0.1をリリースしていました。

●Team Xecuterで、管理人のUbergeek氏がReset Glitch Hackとも違う新たなHomebrewのためのハッキング方法を発見したことを示唆していました。まだ未完成で、今後の開発に向けてRRoDの修理をしていないXbox 360 PHATのXenon基板の本体丸ごと提供してくれる人を募集しています。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Serverを非公式の形で機能を追加して独自にビルドしたUniversal Media Server v2.2.5をリリースしていました。レンダリング時のトランスコーディングの不具合修正やビデオセッティングフォルダとサーバーセッティングフォルダの統合などが変更点です。

●日経電子版で、任天堂が据え置き型ゲーム機と携帯型ゲーム機とで別々だった開発組織を統合する組織変更を行い開発体制を見直すことを伝えていました。Wii Uと3DSの次世代の開発にその成果が現れそうですね。

●Homebrew-Connectionで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識しNANDを読み込みやCpuKeyの入手、Jtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティの次のバージョンAutoGG 0.8.7でLAN経由での読み書きに対応することを発表したと伝えていました。その機能はSwizzy氏のSimple NandflasherやTeam FSDのFreeStyleDashをベースにしているそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=KXJ34Jgek2Q

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.4をリリースしていました。cIOSの作成が変わったことが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年1月15日のニュース

●PS3Crunchで、Team REBUGがPS3のシステム情報表示やNORMAL/REBUGシステムモード切替、LV1パッチ選択、QA flagの有効化などを行うことができるユーティリティREBUG TOOLBOX 02.01.00をリリースしたことを伝えていました。Rebugのみでしか使えない機能はあるものの他の4.30 CFWをサポートしたことなどが変更点です。

●KDSBest氏が、自身のブログでリバースエンジニアリングのイロハ記事パート1とパート2公開に引き続きパート3を公開していました。

●PS3Haxで、PsDev氏がcfwprophet氏のリリースしたUnofficial MFW Builder 0.2.3向けのcreate_cfw_430スクリプトをリリースしていました。4.xx CFWをサポートしたそうです。

●PSX-Sceneで、Nathan_r32_69氏がPS3のPUPアップデータの内容を改変することでファームウェアダウングレードのように新しいファームウェアのPS3に古いファームウェアをインストールしたりすることが可能になるWindows用ユーティリティPUP’s Syscon Changer v1.0をリリースしたことを伝えていました。ただしCFW向けなので実際のダウングレードには使えません。

●Google Codeで、gave92氏がニンテンドーWiiのオープンソースウェブブラウザWiiBrowser R28をリリースしていました。ユーザーから報告を受けていたバグを修正したそうです。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN 04.18.04をリリースしていました。オンスクリーンキーボードを利用している際入力をキャンセルするとその後入力を受け付けなくなる不具合の修正や、jpegの画質上限を90%までに増やしてバッファを1MBにしたことなどが変更点です。