2011年07月一覧

ゲーム最新情報 2011年7月25日のニュース

●PSX-sceneで、No_One氏が、PS3のNOR FLASHメモリーのコピー/ダンプ/アップデートや2つのNOR FLASH切替によるデュアルファームウェア切替機能を実現するハードウェアによる改造プロジェクトPNM Projectの最新情報として3.60 NOR flashのダンプに成功したことを伝えていました。keyが変更になった3.60以降のファームウェアのPS3をJailbreakが近く実現するだろうとしています。ただし、No_One氏はこれから3週間の休暇に入るそうですので(羨ましい。3日でいいから俺にくれ)進展があったとしても休暇明け以降となりそうです。

●ツイッターで、crediar氏がSNEEK+DIのテスターを募集していました。

●Wii-infoで、Gannon氏がHomebrewローダーから直接Wiiにインストールしたインターネットチャンネル(Operaブラウザ)を起動することができるBootOperaの改良版BootOpera Mod USBをリリースしたことを伝えていました。文字通りUSBをサポートしたそうです。

●MCVで、ソニーで3Dを担当する責任者のMick Hocking氏がステレオスコピック3D(メガネ無しでの立体視映像)についてすでに市場にはメガネ無しでの立体視を実現するテレビが大小(小は遠回しに3DSのことも表しているのだと思われる)存在するが、モニターに対して距離と角度を保たないと3Dが見えないという根本的な欠点があるので現時点では3DコンテンツをHDで楽しむにはメガネは欠かせないと語ったことを伝えていました。PS3での3Dの方向性が現時点でのベストだと考えているようです。PS Vitaでも3Dへの対応を臭わせているソニーですが、3DSと同じ裸眼立体視ではなくあくまでメガネで行くつもりなのかもしれません、

●ツイッターで、Zooner氏が6.20/6.35/6.39PROに必要なファイルを簡単にメモリースティックへインストールすることができるMr.computer氏のユーティリティPRO Easy InstallerのMOD版PRO Easy Installer Mod v1.2をリリースしていました。

v1.2
– メイン画面の表示文字を変更
– CIPL Flasher が CIPL Installer になっていたのを修正
– Permanent Patch が Pernent Patch になっていたのを修正
– Yes,No,Exit から はい,いいえ に変更し、EXITを廃止
– 6.39/6.38 Downgrader を追加

●Wii-Homebrewで、Crediar氏がSDカードに保存したNANDからWiiを起動させることができるユーティリティSNEEK r167をリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが行われたそうです。


PRO Easy Installer v1.00 by Mr.computer

GameGazフォーラムで、Mr.computer氏が6.20/6.35/6.39PROに必要なファイルを簡単にメモリースティックへインストールすることができるユーティリティPRO Easy Installer v1.00をリリースしていました。

PRO Easy Installer

・・・この記事の続きを読む


xKey 360の公式FAQ

Xbox-sceneで、xKey TeamがXbox 360の光学ドライブをエミュレートし、USBメディアからXbox 360や初代Xboxのゲームを起動することができる製品x360keyについての公式FAQを掲載していました。

・・・この記事の続きを読む


ゲーム最新情報 2011年7月24日のニュース

●PS3crunchで、Drizzt氏がSexy ManagerとOpen ManagerをベースにしたPS3のバックアップマネージャーGaia Manager v2.07 UniCode Editionをリリースしたことを伝えていました。UnicodeをサポートによりPARAM.SFOの情報を正確に表示できる他、日本語表示などの情報も表示できるようになったそうです。

●サイバーガジェットが、CYBER セーブフリーク2(PSP/PS3/DS/Wii用)DS/3DS用ゲームカードが読み込める専用カードリーダーを付属し、DS/3DSもこのカードリーダーを使うことでセーブデータのバックアップが可能になったことを伝えていました。ただし3DS用ゲームでは、秘技データ(改造セーブデータ)利用できないためチートには対応していません。(Matyapiroさん情報ありがとね)

●JailbreakSceneで、Cobra TeamがCobra 3.0 firmware packをリリースし、USBドングルCobra USBをアップデートすることでCobra USBを差したPS3でCobra Teamオリジナルの3.55ベースCFWを起動させることができるとして、そのCobra CFW v3.55をリリースしたことを伝えていました。ただし、PS3本体のファームウェアは3.41であることが必要で、サポートは3.50までですがCFWは3.55と書いてあり、理解できない内容です。

●Xbox-sceneで、Sneakypeanut氏がXbox 360のオリジナルNANDイメージをベースにfreeBOOTイメージを簡単に作成することができるユーティリティEasy FreeBoot v5.31をリリースしたことを伝えていました。13559ダッシュボード追加やバグ修正などが変更点です。今後はUSBドライブへの保存をサポート予定だそうです。

●Team Xecuterが、最新版のJungle Flasherのバグは修正し終わり現在テスト中で、0272ファームで見つかったDVD再生のエラーも修正予定であることを伝えていました。新AP2.5対策にも取り組んでいるそうです。また、ロシアのハッカーがDG-16D4S MXICチップセットのSPIステータスのアンロックをするSPUTNIK360というハードウェア改造に取り組んでいることも紹介しています。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.39ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのCFW 6.39ME-9とPSP-1000/2000/3000/go(01g,02g,03g,04g,05g,07g 09gモデル)向けの再起動で公式ファームウェアに戻るカスタムファームウェアLCFW 6.39LME-9をリリースしていました。

v9
— 公式StaticELFファイル読み込み時のバグ修正(elf_fixを内蔵)。
— GAMEモードでのCPUクロック変更値が固定できていなかったバグ修正。
— ISOで発生する0x80020148エラーのパッチを追加。

その他、GoでNetworkUpdateを有効にすると、HIB Block機能が有効になるそうです。

また、neur0n氏はゲーム画面をテレビへ出力するためのPSP用プラグインFuSa_SD_for_63X(FuSa_SD_kai)もリリースしています。現時点では6.39ME-9のみサポートしているそうです。

●GameGazフォーラムで、ABCanG氏がゲーム中にPSPのHOMEボタンを押したときにゲーム終了以外にゲームの再起動やPSPのシャットダウン、スリープなどが選べるよう拡張メニューを表示することができるプラグインCustomHOMEbeta 0.6.4をリリースしていました。

【更新内容】
β0.6.4(update 2011/07/24)
・ゲームリセット機能のバグを修正
・元々のHOMEメニューが出るソフトのみで動作するように変更。
今回はcmlibを更新する必要はありません。


ゲーム最新情報 2011年7月23日のニュース

●GBAtempで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 2.0 beta 22をリリースしていました。タイトル名読み込み方法を変更、USBストレージの初期化方法変更が行われたようです。

●GBAtempで、scooby74029氏がSDカード上にあるWiiのNANDへアクセス/起動できるNANDエミュレーションSNEEKに必要なファイルをSDカードにインストールするためのPCユーティリティSneek InstallerのMOD版SneekyCompiler v1.3.8をリリースしていました。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.39ベースの05gモデル(PSP go)向けLCFW 6.39LME-8 for 05g beta4をリリースしていました。PSP goを02gモデルに偽装しUMDをマウントできるようにするmodel_spooferを統合したため、model_spooferプラグインなしでXMBにUMDをマウントできるそうです。設定はRecoveryMenuのconfigから行えます。

●ツイッターで、Zooner氏がPSPにUMDを入れたら自動起動させることができるプラグインAutoUmd v1.0をリリースしていました。ベータ版で問題になっていた、XMBに戻ると再びUMDが起動するのを起動しないようにしたそうです。