2010年01月一覧

ゲーム最新情報 2010年1月25日のニュース

●iPhoneハッカーのGeohot氏がPS3をハックしたと公表した件で、Geohot氏は自身のブログで新たにPS3のLV0の機能名リストを公開していました。しかも


And now if calls have restrictions I don’t like, I zap them.
機能呼び出しに制限があるなら、そういうの嫌いなので突破する。


と頼もしいコメント付きです。

●GIZMODOで、マイクロソフトがDATEL製メモリーをアップデートで使用できなくしたために訴えられた件で、AppleがMac OSを自社製品にのみ独占利用しアフターマーケットを支配しているのと同様Xbox360もアフターマーケットの製品で非認可品の使用を禁じる権利があり、ソフトウェアライセンスでも認可されたアクセサリーのみ使用できることでユーザーに同意を得ていると述べていた事を伝えていました。それとこれとは話が違うでしょ。

●PSPGENで、CFWでは起動しないKingdom Hearts : Birth By Sleepに関するTest Kingdom Hearts : Birth By Sleepという記事を掲載していました。かなりの長文で何かが書かれていることを期待して読んでみたところ…ゲームレビューでした。しかしこのゲームの欠点はUMDで読み込みが遅くテンポ良くないとした上で君達をこのまま飢えた状態で放置できないと何やら意味深なコメントが…

●Team Cygnosが、Xbox 360のMODチップCygnos360 V2でfreeBOOTだけでなくXBRebootのイメージファイルもパッチをして使えるようにするCygnos360 V2 Toolbox 1.09 beta 2をリリースしていました。KVおよびSMCにパッチをしているようです。

●WiiBREWで、Wiiにインストールする時にIOSを選択できるDop-IOSの改造版Dop-IOS MOD v11がリリースされたことを伝えていました。Wiiリモコンとゲームキューブコントローラーがようやく使えるように修正、オフラインインストールの修正、Wiiのリセットボタンでローダーが終了しないよう変更、Wiiをスキャンしてインストール済みIOSの種々情報表示機能追加など変更多数です。

●Wii-addictで、dimok氏とr-win氏がWiiのファイルブラウザWiiXplorer R100とForwarder v3をリリースしたことを伝えていました。WiiXplorerはForwarderを起動しているとシステムメニューに戻れないバグを修正などが行われ、Forwarderは今回のWiiXplorerの読み込み時の不具合を修正したようです。

●Team Xecuterが、PCからXBOX360のHDDやDVDドライブを操作するための接続キットXecuter CK3 Proなどで使うUSBドライバーXecuter CK3 USB Drivers v1.1.0をリリースしていました。64bit版Windows 7に対応したようです。

●Technabobが、Windows Media CenterとZuneソフトウェアグループを同じグループとする組織改革を行い、一方でAppストアはWindows MobileとZuneを分け、ビデオはZune MarketplaceだがXbox 360への変換ができないというマイクロソフトの現状をもとにXboxとZuneを統合した携帯ゲームを出すことを考えているのではないかと伝えていました。

●Maxconsoleで、ソニーがPlaystationArc.comというドメインを登録していたと伝えていました。PS3モーションコントローラーの名称は”Arc(アーク)という噂(ゲーム最新情報 2010年1月20日のニュース参照)を裏付ける証拠となりそうです。



DSi スーパーオークション落札情報

ベル・コンシェルジュ
『★1月24日終了★ニンテンドー Nintendo DSi 本体★新色レッド★RED★赤★新タイプ★即出荷可★任天堂★プレゼントに最適★1円スタート★新品★送料無料★』
15,801円で落札されていました。(入札件数:59)

ここ最近めっきり最安値記録更新がなくなってきましたね。

過去のゲーム機スーパーオークションの落札相場情報はゲーム機ごとにカテゴリ分けしてあります。落札するためには過去の相場を知る事が重要です。

DSi入札のための価格参考情報
DSリンク小DSi 楽天市場の最安値リスト
[自動更新]
表示された価格より安くなる価格で入札しましょう


現在開催中のクローズドオークション
楽天懸賞市場でゲーム機多数出品中



PSP-3000 スーパーオークション落札情報

ベル・コンシェルジュ
『★1月24日終了★PSP-3000 PW★パールホワイト★本体★プレゼントに最適★1円スタート★新品★送料無料★』
40,000円で落札されていました。(入札件数:99)

な・ん・だ・と・ぉ?a?

過去のゲーム機スーパーオークションの落札相場情報はゲーム機ごとにカテゴリ分けしてあります。落札するためには過去の相場を知る事が重要です。

PSP-3000入札のための価格参考情報
PSPリンク小PSP-3000 楽天市場の最安値リスト
[自動更新]
表示された価格より安くなる価格で入札しましょう


現在開催中のクローズドオークション
楽天懸賞市場でゲーム機多数出品中



PSP 6.20時代のCFWとは〜Team GENが語る今後

PSPGENで、PSPのCFWのこれまでとこれからの展望に関する記事を掲載していました。【情報源:PSPGEN

長文につき翻訳のみでお伝えします。


ファームウェア6.20:内に秘めたる機能

OFW6.20には隠された機能があり、ソニーはアングラな世界からファームウェアを守ろうとしています。

今回はこのニュースを英語でお伝えしますが、英語が母国語ではないのでセンテンスや文法が間違っていても流して下さい。

ソニーがアングラなハッキングの世界に理解を示していないのは明らかですしその存在に対決姿勢を示しているのも事実です。この5年間の間見えない戦争が行われ続け、さらにここ最近は日本の巨大企業の戦略変更で勝利を得ている形です。

当初は新ファームウェアをリリースしていくことでハッカーとソニーのイタチごっこが繰り返されてきました。新ファームウェアが出るごとにexploit対策が行われ、ユーザーがアングラな世界に入れないようにしてきたのです。これが過去に多くのファームウェアがリリースされてきた理由です。

Yoshihiro_Magicien
「1.50の時代は良き時代でした」

その方法は一般的には成功したとはいえませんでした。特にパンドラバッテリーがリリースされた後はPSP-1000とPSP-2000のv1/v2でflash書き換えが容易にできるようになってしまったからです。

この素晴らしいアングラツール登場後、ソニーはPSP-2000v3でPSPの内部構造を変更し始めました。そしてPSP-3000ではバッテリーを”パンドラ化”とflash書き換えによるカスタムファームウェア化ができないマザーボードを採用してきました。

これが効果的だった最初の打撃でした。しかしDavee氏がこれを打破し、そしてそれがきっかけとなりPSP-3000で動作する5.03GEN for HENへとつながったのです(その前にリリースこそなかったもののMirium氏の5.02HENがありました)。GENチームと、特にGENyUS氏がPSP-3000オーナーへと福音をもたらし扉をひらいてくれたことは特筆に値します。ただ残念なことにその扉を開いたexploitは5.03までのファームウェアがインストールされているPSPでしか利用できません。

5.03GEN-D3

ここ最近はゲームを発売する側がアングラ界と対決姿勢を示しており、カスタムファームウェアがインストールされたPSPでゲームが起動できないように仕組んできています。カスタムファームウェアをインストールしていると購入したUMDまで起動できないとなるとますます対峙したくなるのがユーザーというもので、ハッカーたちはこぞってパッチを作成したり、非合法な話になりますがインターネット上でプロテクトを解除したバージョン(鉄拳6など)を流通させたりとしてきました。そのために購入したゲームをプレイするために違法ダウンロードに手を出さざるを得なかったりしていました。(まもすけ注:いや、それはダメだろ常識的に考えて。あほかっちゅうの。自分で吸い出してパッチしなさい。)

Yoshihiro氏がGENチームに復帰してこうした状況を嘆き、最新のゲームをわざわざ吸い出してコピーを取ったゲームにパッチを当てるなどという面倒なことをしなくても良いようにCFW5.50GEN-D3やCFW5.03GEN-CをはじめとしたカスタムファームウェアGENシリーズのアップデートに取り組みました。Yoshihiro氏がGENyUS氏の5.50GENに安心を与えてくれたことは理解しておく必要があります。この2つのカスタムファームウェアをリリースした日にはのべ26万人の方がこのサイトを訪れ、その前後も合わせるとのべ50万人の方が訪問したのです。この場を借りて御礼申し上げます。

最近、ソニーは今までとはまた別の、より慎重ながらより効果的な方法でアングラなハッカー界に対決姿勢を示してきています。今ここでは述べませんが状況を説明する時期には来ています。

6.10GEN-A

最初ソニーはおそらくファームウェアに解析が面倒なセキュリティチェックを用意したようです。その証拠に公開・非公開の事実にかかわらず既知のexploitが封じ込まれていました。驚くべきことにソニーが6.00以降のファームウェアで取ってきた手段が驚くほど想像以上に徹底的で大規模だったのです。一番驚いたのは2.00のころからあって秘密にしてきた非公開のexploitまでブロックしてきたことです。ここのところソニーはまるで”慌てて”対策してきているようには見えませんが、実は裏でかなり対策をしてきているのです。

この大規模対策話は真実ですが、それでも可能性はあります。もしexploitが発見されてHENが有効な5.03までダウングレードできたとしたら…ソニーでもブロックできない可能性もあります。この先6.20以下のファームウェアが入らない新型基板(過去の1.50のときと同じ状況)が登場した場合はまた状況が変わってしまいますが、PSP-3000とPSP-2000v3オーナーにはexploitが見つかりダウングレードができる可能性が現段階では残っています。

既にCFW 5.50GEN-DをCFW 6.XXGENにアップデートしない理由については過去に述べました(ゲーム最新情報 2009年11月28日のニュース参照)。ファームウェア6.XXでその構造は劇的に変わり、更に複雑になりました。6.XXのカスタムファームウェアを動作させるには非常に時間がかかります。もしCFW 6.20GENをリリースする時には、その構造の変化に対しどのように対応したのをユーザーの皆さんに明らかにできるでしょう。そして先のニュースで説明した通り現存のアプリケーション全て、場合によっては大半で済むかも知れませんが、ほぼ作り直しを全ての開発者の方にお願いすることになるでしょう。

ただ、6.XXGEN、それは可能なことです。もうしばらくお待ちください。


CFW 6.XXGENの開発は進んでいると判断して良いと思います。
ただ、リリースしたとしても全てのHomebrewは作り直しを余儀なくされそうです。当初は最新のゲームが起動するだけがメリットで、当然例えば6.20GENがインストールされたPSPが1台しかないユーザーにとってはファイラーをはじめとするユーティリティすら使用できないのでメリットが限定的になる可能性はあります。

しかしこれは以前1.50ベースのファームウェアから変わった時に経験した、一度は通った道です。さらには今当時のことを考えると通っておいてよかった道であるともいえます。

今後のソニーの対応如何によっては不確定要素もありますが(新基板登場など)、いつまでもChickHENに頼っているわけにもいかないですし、PSP goをハックするという目的もありますので進展を待ちたいところです。



ゲーム最新情報 2010年1月24日のニュース

●Lan.stフォーラムで、FrEdDy氏がPSP-3000のOFW6.20でHello Worldの表示に成功したと投稿していました。【記事

●PSPGENで、PSPのCFWのこれまでとこれからの展望に関する記事を掲載していました。フランス語だけでなく英語による記事もリリースしています。
ソニーの6.XX以降は構造が変わったためCFW6.XXGENのリリースは大変困難なこと、もしFrEdDy氏のようなexploitが見つかれば、CFW6.XXGENより5.03へダウングレードしてChickHENが使えることを述べています。ただし可能性として基板変更で6.XX以前のファームウェアが入らなくなってしまうことを心配しています。
6.10GEN-Aのスクリーンショットがあるので開発はしているようですが、まだまだ時間がかかるようです。【記事

●Waninkoko氏がTwitterでGameCube/Wii用LinuxカーネルZen Kernel v2.6.32-zen6をリリースしたとつぶやいていました。

●Wii-addictで、dimok氏とr-win氏がWiiのファイルブラウザWiiXplorer R099とForwarder v2をリリースしたことを伝えていました。WiiXplorer R099は起動時に黒みになるのを修正、Forwarder v2は新libogcへのアップデートとUSB読み込みの修正が行われたようです。

●Xbox 360の『Mass Effect 2』というゲームはディスクが2枚組になっていてプレイ中にディスクを入れ換える仕組みなのだそうです。まるでコピー対策のように見えます。この対応についてIGNでは、BioWareプロデューサーJessie Houston氏が不正コピー対策とはなんの関係もないと語ったことを伝えていました。コンテンツ量をディスクごとに正しくセットするためと説明しています。

●Lan.stフォーラムで、FrEdDy氏が投稿したPSP-3000のOFW6.20でHello Worldのビデオについてこのフォーラムはビデオだけの証明は受け入れないはずなのになぜそんなに盛り上がっているのかと疑問を呈していました。一週間前にフォーラムに登録したばかりのメンバーをビデオだけで信じるには値しないと感じています。それはその通り。

●GameGazフォーラムで、CLOVERS氏がKreationz氏のPSP用NINTENDO64エミュレータDaedalusX64 Alpha Revisions (459)を風来のシレンに最適化したSiren64(Rev459)をリリースしていました。

●mediumgauge氏がPSPのUMDの吸出しなどができるユーティリティPSP用ファイラー バージョン6.5をリリースしていました。メトロノームに小節数カウント機能を追加、オーディオプレーヤーを追加した他、バグ修正を行ったようです。

●Waninkoko氏がTwitterでcIOS38_build_240110をリリースしたとつぶやいていました。実験的にFATサポートを追加したそうですが、ほとんどテストしていないのできちんと動くかどうか保障しないそうです。