UMD Killer

You are currently browsing articles tagged UMD Killer.

ゲーム最新情報 2012年6月5日のニュース




●PS3Haxで、NEVIK氏がfail0verflowやMathieulh氏が開発したPS3のファイルの復号化や展開、パッケージ化などのための各種ツールをMacOS(10.6/10.7)向けにしたPs3Tools.v1 for Mac OSX 10.6/10.7をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、True BlueチームがPS3のJailbreakドングルTrue Blueで3.60以上のファームウェアを要求するゲームを起動するためのTeam PARADOXなどが作った新たなゲーム用パッチTrue Blue v2.7 EBOOT Patchを数種類リリースしたことを伝えていました。使用するにはTrue Blue 2.7が必要です。

●SCEJが、ピアノ・ブラック、バイブラント・ブルーのPSP-3000本体と、2GBのメモリースティック PRO デュオ、本体各色に合わせたオリジナルポーチとクロスがセットになった限定版PSP-3000 バリューパックを2012年7月5日(木)より17,800円にて数量限定で再発売すると発表していました。昨年夏に発売された限定版の再販売になります。

●Avanaboy-Consoleで、Avanaboy氏が、PSPのUMDのゲームをms0:/ISOフォルダに、UMDビデオをms0:/ISO/VIDEOにリッピングして保存することができるUMDダンパーのプラグインバージョンUMD Killer V1.5 PRX EDITIONのソースコードを公開していました。

Tags: , , ,

●Avanaboy氏が、PSPのUMDのゲームをms0:/ISOフォルダに、UMDビデオをms0:/ISO/VIDEOにリッピングして保存することができるUMDダンパーUMD KillerについてUMDビデオをダンプするとフリーズするバグがあると報告を受けているので調べたとことろ、UMDビデオのダンプはカーネルモードでしかできないことが分かったが、CFWのノーマルEBOOTではカーネル関数にアクセスできないのでprx形式のUMD Killerをリリースするそうです。
[追記]
早速Avanaboy-Consoleで、Avanaboy氏がUMD Killer V1.5 PRX EDITIONをリリースしていました。

●Wii-Homebrewで、eN-t氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)を簡単にインストールできるようWADファイルに変換したりUSBバックアップマネージャーやゲームキューブをリッピングするためのCleanipなどのツールをダウンロードできるユーティリティDMLizard v1.5をリリースしたことを伝えていました。ワンステップでDMLパッケージやUSBバックアップローダーをダウンロードする機能の追加などが変更点です。

●Wii-Addictフォーラムで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiLoader 0.8 beta 3をリリースしたことを伝えていました。バグ修正とlibogc最新版による新型Wiiリモコンサポートが変更点です。

●360Crunchで、CodeXecution.ComとModControl.Comの二つのサイトがReset Glitch Hack済Xbox 360本体に取り付けたXecuter CoolRunneなどと同じチップセットを利用しているデバイスで2種類のNANDからの起動切り替えを実現するRGH CPLD DualNAND Mod v0.5をリリースしたことを伝えていました。TX cool Runner CPLDやMatrix 360 Glitcher CPLDの図面追加などが変更点です。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーを日本語化したWiiFlow Mod r251 日本語版をリリースしていました。

更新内容 
*エミュレータがWiiflowに戻らない問題を修正
各エミュのiniにReturnLoader=yesを追加すると
WiiFlowLoader.dolが読み込まれ、ゲーム終了後にWiiflowに戻れるようになります。(Wii64で戻れない問題の対策)

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrewChannelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 3.71.2をリリースしていました。USB Geckoでのwiiloadのバグを修正したそうです。

●PS3 Media Serverフォーラムで、SubJunk氏がWindowsとLinuxで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Server 1.52.2 SubJunk Build 71をリリースしていました。SubJunk Buildは正式リリースではなくテストバージョンになります。AvisynthエンジンのTrue Motion機能追加でGPU処理速度向上などが円好転です。

Tags: , , , , , ,

●Google Codeで、dj_skual氏とGiantpune氏がWaninkoko氏のSaveGame Manager 1.5をベースにUsbLoader GxのデザインにマッチさせたWiiのセーブデータ用ユーティリティSaveGame Manager GX rev125をリリースしていました。コントローラーマッピング追加などが変更点です。
[追記]
カスタマイズWiiで、K-M氏がSaveGame Manager GX r125 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*操作設定(ボタンの割り当てを変えられる設定)を追加
*SDカードが取り外されたことを自動検出するようにした

●Avanaboy氏がPSPのUMDのゲームをms0:/ISOフォルダに、UMDビデオをms0:/ISO/VIDEOにリッピングして保存することができるUMDダンパーUMD Killer V1.2をリリースしていました。ms0:/ISOとms0:/ISO/VIDEOフォルダの作成に対応したそうです。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのファームウェア6.60ベースでPSP-1000/2000(非対策基板)向けのカスタムファームウェア6.60ME-1.7とPSP-1000/2000/3000/go(01g,02g,03g,04g,05g,07g 09gモデル)向けの再起動で公式ファームウェアに戻るカスタムファームウェア6.60LME-1.7をリリースしていました。

v1.7
– SpeedUpMsが有効になっている時にPSPをスリープさせるとまれにフリーズするバグを修正
ーー RecoveryMenuのテキストの色を変更するオプションを追加
– パッチの最適化.

Tags: , , ,

●SKFU’s Blogで、SKFU氏がPS Vita/PS3/PSPとPSNとの間の通信データにフィルターをかけたりデータを置き換えたりなどができるWindows用ユーティリティSKFU’s VITA Pr0xy 1.10をリリースしていました。ベータの文字が外れて正式版になった他、ログ読み込み機能追加やログ保存機能改善、WindowsだけでなくMacとLinuxもサポートしたことが変更点です。

●QJで、Avanaboy氏がPSPのUMDのゲームをms0:/ISOフォルダに、UMDビデオをms0:/ISO/VIDEOにリッピングして保存することができるUMDダンパーUMD Killer V1.0をリリースしたことを伝えていました。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWanonkoko氏らのSD/USB LoaderなどをベースにしたWiiのローダーConfigurable USB LoaderをR2-D2199氏が改良したMOD版を日本語化したConfigurable USB Loader v70 MOD r23 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*DMLr52以降に対応(boot.binのSDへの書き込みを無効化)
*dml_r51_minusオプションを追加
*フィルタにゲームキューブを追加

●Engadget 日本版で、PlayStation Vita用のソーシャルアプリFacebookとFoursquareの配信が日本のPlayStation Storeで開始されたことを伝えていました。1.61へと最新バージョンが巻き戻った隙にさっさとダウンロードしました。

Tags: , , , ,