PSDK3

You are currently browsing articles tagged PSDK3.

GameGaz Daily 2017.2.20




●PSXHAXで、caghandemir氏が公式ファームウェアのPS3にバックアップゲームデータをインストールできるようにする方法を公開していました。使用するとされているツールは以下の通りです。
・PSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデータを入手することができるWindows用ユーティリティPS3 Game Updater
・IDPSなしでファイルを挿入したり購入したゲームのEDATファイルをアンロックしたりすることができるWindows向けユーティリティTrueAncestor Backup Retailer
・PARAM.SFOファイルの編集ができるPARAM.SFO editor
PARAM.SFO以外のゲームデータとアップデータをマージしPARAM.SFOを編集、ゲームフォルダ名を変更(BLES12345ならばBLES12345GAME)しTrueAncestor Backup RetailerでHDDへ書き込むという流れのようです。動画も公開されていましたが、今は削除されてしまっています。

●PSX-Placeで、Dean氏がPS3向けのランチャープラグインsLaunchにファイルやフォルダをウェブ経由で閲覧したりリモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるプラグインwebMANを融合して1つにしたプラグインsMAN v1.02をリリースしたことを伝えていました。sMAN(sman.sprx)を使用する場合はboot_plugins.txtからwebftp_server.sprxとslaunch.sprxを削除(同時に使用できないため)する必要があります。

●GitHubで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunz v1.27をリリースしたことを伝えていました。PS2 Menu追加やCFW 481 DEXのサポート追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、zecoxao氏がEstwald氏のPSDK3v2にVitaのSDKをプラスした開発環境PSDK3v3をアップデートしたことを伝えていました。

●Maxconsoleで、世界初のNintendo Switchのマザーボードの写真を公開していました。発売前に盗まれて転売されたNintendo Switchは開封動画のみならず分解までされてしまったようです。
NintendoSwitchMotherBoard

●GBATempで、raima氏がNECのPC-9801エミュレータNeko Project IIを3DS向けに移植したNP2 for 3DS ver0.11をリリースしていました。Neko Project II、正式(?)名称「ねこープロジェクトII」は、ゆいネットワークサービスというグループなのか個人なのかよくわからない開発者によるもので、 調べてたら資本金が蟹カマ10本とか従業員数3名(書かれていないけれど多分猫の数じゃないかと)とか脱力系内容書かれてたのが結構好みです。

Tags: , , , ,

●Githubで、xyzz氏がPS VitaのOボタンとXボタンのアサインを入れ替えることができるユーティリティVita Button Swapper 1.0をリリースしていました。

●Githubで、zecoxao氏がPSL1GHTをベースにVita向けのライブラリを統合することでvitasdkとして利用できるようにした開発環境PSDK3v3をアップデートしていました。最新のvitasdk gcc-4.9を追加したそうです。

●IGN Japanで、NXが着脱可能のコントローラーを使用するのではないかという情報を裏付けるような取り外し可能なコントローラーの特許を取得していたことを伝えていました。

nx-patent

Tags: ,

●ポケモンGO公式Facebookで、前回アップデートで機能が削除されたiOS版『Pokémon GO』のバッテリーセーブ機能についてバグがあったので機能を削除したが、修正できたので近日中に公開すると発表していました。

●PSX-Placeで、masterfeizz氏がPC向けニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをVitaのHENkaku環境向けに移植したDeSmuME-Vitaをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはhttps://github.com/masterfeizz/DeSmuME-Vitaで公開されています。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.6の安定板をVita向けにリリースしていました。昨日はnightly buildでHENkakuに対応したvpkフォーマットのVita版が公開されているとお伝えしましたが、今回のはnightly buildではなく安定板になります。

●ツイッターで、Yifan Lu氏がHENkakuが3万台インストールされた記念にDynarecをサポートしたアップデートを公開したと発表していました。DynarecはDynamic recompilationのことで、プログラムを実行しながら再コンパイルできるようにするという、エミュレータや仮想マシンで使われる機能です。

●Githubで、zecoxao氏がPSL1GHTをベースにVita向けのライブラリを統合することでvitasdkとして利用できるようにした開発環境PSDK3v3をリリースしていました。

●NeoGAFで、マイクロソフトが公開したWindows 10 Anniversary UpdateでソニーのDualShock 4コントローラーが使えなくなったことを伝えていました。一部環境においてはデバイスへのアクセスができない状況になっているそうです。

●IGN Japanで、海外のみ発売されたマイクロソフトの新型Xbox One Sについて4KとBlu-rayに対応しただけでなくパフォーマンスも向上していると伝えていました。GPUクロック数が853 Mhzから914 MhzになったことやeSRAMのメモリ帯域が204GB/sから219GB/sになったことがパフォーマンスの向上につながったようです。

Tags: , , , , , , ,