EID Root Key Dumper

You are currently browsing articles tagged EID Root Key Dumper.

ゲーム最新情報 2015年7月25日のニュース




●wololo.netで、PS VitaのネイティブハックRejuvenateを発表したYifan Lu氏がVitaのセキュリティプロセッサーの詳細調査のために1400ドルを目標に募金を始めていると伝えていました。早々と目標の1400ドルは達成したため現在募金活動は終了しています。何をするのかまでの詳細は明かされていませんが、少なくともFoxconnから闇市場で純正部品を調達とか、開発キットをソニーから買うとかそういう類いではなく「100%合法な取引」で合法な何か購入するようです。

●PSX-Placeで、twisted0ne1989氏がPS4のリモートプレイをWindows PCの画面上でできるようにするためのアプリケーションRemote Play PCの動画を公開したことを伝えていました。現在まだ開発中の段階ですが、これは公開が非常に楽しみですね。コントローラーやキーボードのマッピング機能があるため多様なコントローラーが利用できるメリットもあります。

●PSX-Placeで、Joonie氏がCEX to DEX(PS3の市販機から開発機へのコンバート)などに必要なEID Root KeyをダンプすることができるユーティリティEID Root Key Dumper 4.75をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.75 CEXをサポートしたそうです。

●PS4NEWSで、hesvhytg(bigjokker)氏がPS3のEBOOT / SELF / SPRX / SDAT / EDATファイルに再署名することができるユーティリティESSSE RESIGNER v3.8.3をリリースしたことを伝えていました。不具合修正が変更点です。

●GBATempで、marc_max氏が3DSのブラウザexploit(Webkit exploit)を利用し『The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D』(日本版はゼルダの伝説 時のオカリナ 3D)のセーブデータのダンプや書き戻しを可能にするOcarina of Time 3D Save Dumper/Injectorをリリースしていました。日本版のサポートについては記載がありません。ちなみに新型3DSでは動作せず、なおかつ対応ファームウェアは9.Xから9.5.0-22までのため、9.5.0-23以降には非対応です。

●GBATempで、WulfyStylez氏がニンテンドーDSiのNANDメモリの復号化/再暗号化によるNANDモディファイなどが可能になるユーティリティTWLTool v1.1をリリースしていました。セーブデータのダンプや書き込みも可能になる他、システムタイトルのダウングレード、対策されてしまったSudokuhaxのようなDSiWarehaxのNANDへの直接インストールによるexploitの有効化などが可能になるそうです。

Tags: , , , , ,

●PSX-Placeで、 Joonie氏がEstwald氏(Hermes氏)のオープンソースバックアップマネージャーのMOD版 IRISMAN 3.46をリリースしていました。今まではaldostools氏が開発していましたが、今回のIRISMANはaldostools氏公認だそうです。近く公開される4.70 DEX(Regug 4.70 REX / D-REX)をサポートしたことなどが変更点です。その他4.70 DEX対応版として新たにPS3のプラグインローダーの非公式版 PRX Loader 1.10 UnofficialとCEX to DEX(PS3の市販機から開発機へのコンバート) などに必要なEID Root KeyをダンプすることができるユーティリティEID Root Key Dumper 1.00 for 4.70 DEXも合わせてリリースしています。

●PlayStation.Blogで、ベータ版をプロキシ使ってインストールできてしまったりと何かと話題の2.50ですが、ようやく本公開となります。

●PlayStation公式サイトで、PlayStation Vita/PlayStation TV システムソフトウェア バージョン3.50 アップデートを2015年3月26日から公開すると公表していました。PS4との同時アップッデートになりますが、Vitaの場合はあれこれと対策も盛り込まれていそうです。

●GBATempで、AlbertoSONIC氏がニンテンドー3DSのHomebrew用バナーやアイコンファイルを作成することができるWindows向けユーティリティ3DS Banner Maker 2.0をリリースしていました。

Tags: , , , , ,

●PS3Haxで、zecoxao氏がCEX to DEX(PS3の市販機から開発機へのコンバート)などに必要なEID Root KeyをダンプすることができるユーティリティEID Root Key Dumper v1.0をリリースしたことを伝えていました。前回とバージョンは変わっていませんが、新たに4.65にも対応しました。

●ツイッターで、任天堂が10月24日(金) 朝7:00から「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」を紹介する映像「スマブラWii Uがスゴい50の理由」を放送すると発表していました。朝放送するということは、つまり全世界同時放送です。

Tags:

●PS3Haxで、zecoxao氏がCEX to DEX(PS3の市販機から開発機へのコンバート)などに必要なEID Root KeyをダンプすることができるユーティリティEID Root Key Dumper v1.0をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.50向けだったflatz氏が開発したEID Root Key DumperをCFW 4.21/4.46/4.53に対応させたものです。

●PS3Haxで、3141card氏がプログラミング言語Luaで作成したプログラムをPS3でそのまま実行することができるLuaPlayerを開発環境psl1ght v2でコンパイルしてCFW 4.XXに対応させたLuaPlayer v5.2.3をリリースしたことを伝えていました。Liaの最新バージョンである5.2.3に対応させたものですが、Luaには5.3.0(alpha)というバージョンが既にリリースされています。

●PS3NEWSで、ReActPSN氏がPS3でダウンロードしたコンテンツを再アクティベートして使えるようにすることができるPSNライセンスジェネレーターreActPSN V3.16をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.65のサポート追加などが変更点です。

Tags: ,

●PSX-Sceneで、flatz氏が3.55 CFWに戻さなくても4.50 CFWのままCEX to DEX(PS3の市販機から開発機へのコンバート)などに必要なEID Root KeyをダンプすることができるユーティリティEID Root Key Dumperをリリースしたことを伝えていました。4.50 CFWでもダンプできるようにしたのは革新的です。

●PS3Haxで、tevenCapes氏がIris Managerの非公式版でGUIをシンプル化したSimplicity v2.58.1をリリースしたことを伝えていました。

●PS3Crunchで、Team MatrixODEがPS3の光学ドライブエミュレータの新製品Matrix ODEを発売すると発表したことを伝えていました。Slim/Super Slimモデル対応で、機能としては先行して発売されているCobra ODEやE3 ODEと同様ですが、Team MatrixODEは「E3 ODEより安定性が高く値段も安い」ことを特徴として挙げています。

●ファミ通.comで、ソニーが2013年度第2四半期の連結業績を発表したことを伝えていました。ゲーム分野の売り上げは為替の影響で増益の数字になっているものの、前年同期の為替レートを適用して単純比較するとPS2/PS3/PSPの販売台数減少(PS3のソフトウェア販売だけは伸びている)で減収相当、PS Vitaの値下げに起因する損失と決して数字ほど好調ではありません。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgar氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 0.9.5をリリースしていました。Atrac3+プラグインの不要化やAndroid-x86のサポート追加などが変更点です。なお、PPSSPPは登場から1周年だそうです。

Tags: , , ,