ゆず(yuzu) Nintendo Switchエミュレータプロジェクト始動

GBATempで、bunnei氏がNintendo Switchエミュレータプロジェクト yuzuを公開していました。

yuzuは現段階ではまだ「プロジェクトをはじめました」段階で実用には至っていません。
開発はオープンソースとして行われます。GitHubでソースコードが公開されているC++による開発です。動作するプラットフォームはWindows、Linux、macOSがターゲットですが、現時点ではHomebrew開発や調査目的が目標として置かれています。バックアップゲーム起動などは、仮にできたとしてももっと先の話ですが、グラフィック機能の実装は今の所考えられていないようです。

bunnei氏はニンテンドー3DSエミュレータ Citraの立ち上げにも関わっていた開発者です。どうも3DSとSwitchは似ているらしく、プロジェクトとしてはCitraの派生版として開発が始まります。

yuzuの公式サイトはhttps://yuzu-emu.org/です。

ちなみにエミュレータ名になっているyuzuは日本語の柚子のことで、Citraの開発チームで選んだそうです。

Citraは柑橘類(Citrus)の意味で、3DSの型式名にあるCTRからきています。その派生というニュアンスを込めたかったのか、Citrus junos(柚子)から柚子(yuzu)になっています。決してゆずやゆづ(羽生結弦)ではありません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『ゆず(yuzu) Nintendo Switchエミュレータプロジェクト始動』へのコメント

  1. 名前:sirome 投稿日:2018/01/15(月) 00:40:25 ID:b6c0d41da 返信

    ゆずソフトからでわ(((