PlayStation 3システムソフトウェア バージョン4.82





SIEJAが、PlayStation 3のシステムソフトウェアバージョン4.82を公開していました。(glanheitさん、Monolithさん、オレクラスさん、くーさん情報ありがとね)


前バージョンの4.81は昨年の11月1日に公開されています。ソニーの1年以上経ってからのファームウェアアップデートは異例で、そもそもPS3自体今年の5月に出荷が完了しているモデルです。

同じパターンでソニーではカーネルexploit対策でその半年前に生産終了したPSPに対し3年半ぶりに新ファームウェアを公開したこともあります。

ちょうど先日 PS34.81にカーネルexploitが見つかり、さらに流出したこともありますので、 PS3のアップデートと聞いただけでカーネルexploit対策に違いないと誰もが思うことでしょう。

実際の中身はどうだったのでしょうか。公式発表によると、変更点は

■バージョン4.82で更新される主な機能

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

と、いつもの文言だけのためこれだけでは判断しかねます。

4.81exploitは流出したとはいえPS3 4.81 IDPS Dumperが公開されたくらいで実際にシーンが動くのはこれからでした。現時点で確実に4.82でexploitが対策されたとの確認は取れていないようですが、このタイミングでのアップデートは「exploit対策以外考えられない」状況です。

3.55でなくても最新ファームウェアからのCFW化が期待されていただけに、もし本当に4.82がexploit対策だとしたらソニーの仕事の早さにただただ感心します。

Tags: , ,

  1. Real’s avatar

    カーネルexploit潰しでしょうねぇ。
    まもすけさんの言う通り、ソニーの仕事の早さに感心します。

  2. ななし’s avatar

    どこまでいってもいたちごっこですね。
    まぁ、流出した時点で終わったなと思ってました。

  3. 凜’s avatar

    という事は4.81でアプデは辞めときますか・・・
    公開されるんですかね(笑)

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です