Wii Uでローダー不要のバックアップ起動





GBAtempで、ニンテンドー Wii Uの(違法コピー含む)ゲームをUSBドライブや内蔵メモリーにインストールして起動させる方法が公開されたことを伝えていました。


これはブラジルのハッカーチームが公開した方法で、Wii Uの、自分で購入したものではないダウンロードタイトルでもUSBドライブや内蔵メモリーにインストールして起動させることができてしまうというもので、簡単に言うと違法コピーゲームを正規版と同じようにプレイできるようにしてしまう方法が公開されたというものです。

今回の特徴はeショップから購入したダウンロードタイトルのみが対象で、バックアップローダー類が必要ないというところです。

正規の方法で購入したゲームと同じように、USBポートに接続したフラッシュメモリやHDD、内蔵メモリーにインストールが可能、インストールするとゲーム自体がメインメニューの中に表示され、普通にそのまま起動できてしまうというもののようです。

仕組みとしてはダウンロードタイトルを、WUDダンプデータから抜き出したチケットデータを使いWUP installerでインストールするというもので、チケットデータは自分のWii Uのものでなくても構わないところがブラックです。チケットデータはモディファイが必要で、Pythonスクリプトになっているtik_modifierを使います。

いくつか注意点があり、インストールするドライブはWii U専用にフォーマットしたまっさらものであること、vWii 用のドライブを絶対に使わないことなどが挙げられています。

一旦インストールできてしまうと、ゲームアップデートも普通に適用できる上にダウンロードコンテンツも有効と、正規購入のものと変わらない状態になるようです。

詳しい方法については書きませんが、Wii Uのセキュリティは危険水域に突入する段階まで来てしまった印象を受けます。

Tags:

  1. りょうた’s avatar

    3dsのfreeshopもそうですがeshopに関するセキュリティはどうしようもないですね…
    switchが同じような目に合わないことを祈ります

  2. dag’s avatar

    内容からすると3dsのCIAインストールに似た感じでしょうかね

  3. ううむ’s avatar

    任天堂は本当にどうしょうもないハードメーカーだとサードメーカーに見限られたら
    もう二度と信用してもらえないでしょうね

  4. a’s avatar

    3dsの時も鉄壁のセキュリティが凄いみたいなこと言ってた気がするけどdsマジコンぶっ込んで即起動。
    うんこちゃんは据え置きなのに早々にOTPまで掘られて死体蹴り。
    セキュリティ脆いわサード軽視するわで結局自社専用ハード化してコケる。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">