Wii U 最新ファームウェア 5.5.0でも有効なWii U exploitがリリースへ

GBATempで、Hykem氏がニンテンドーWii Uの5.5.0でも有効な、IOSUで動作するexploitをリリース予定であることを公表していました。


IOSUとはWiiUBrewによると
「Wii UモードでのARMで動作するオペレーティングシステム」
となっています。
ゲームタイトルをシステム上で起動する前に署名をチェックしたりハードウェア(ストレージやネットワーク、USBやWii U GamePadなど)へのアクセスの管理もIOSUの機能の一つです。

IOSUを掌握できるexploitであれば必然的にカーネルにもアクセスできることとなります。

具体的なことは明かされていませんが、Hykem氏によると現時点でのWii Uハック状況は

  • Wii UのIOSUのセキュリティを突破した
  • exploitは2.0.0から5.5.0(2015.12.18時点での最新ファームウェア)に存在するが、実際の動作にはファームウェアごとに移植作業が必要。
  • exploitではPowerPCのカーネルアクセスが不要なため新たなカーネルexploitを公開する必要がない。

としているため、今すぐにリリースできるような状況にはまだ至っておらず開発途中段階であることが分かります。

一応Hykem氏は「(exploitのリリースを)クリスマスプレゼントにしたいが、約束まではできない」としているため、仮にクリスマスではないにせよ近日中に何らかの形で公開される可能性が高そうです。

Wii Uの5.5.0がリリースされたのは今年の夏で、すでに4ヶ月近くアップデートがありません。その前の5.4.0が6月、さらにその前の5.3.2が昨年の12月ですからアップデート空白期間の4ヶ月というのは決して長い期間ではありませんが、2.0.0から5.5.0までexploitが動作するということは次にリリースされるであろうファームウェアでもexploitが有効である可能性が高いことが予想されます。

このexploitをリリースするのであれば、無理にクリスマスに間に合わせるのではなく次のファームウェアアップデートまで待ってからでも良いと個人的には思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『Wii U 最新ファームウェア 5.5.0でも有効なWii U exploitがリリースへ』へのコメント

  1. 名前:ron 投稿日:2015/12/18(金) 15:39:39 ID:dd081f175 返信

    歪んだ任天堂ハードファンのGBATempの連中が、いよいよ任天堂ハード撤退の後押しをしているのではないかと思うのは考えすぎだろうか。もうすでに任天堂はパイラシーを許容できるレベルにないほど追い込まれていると思うんだけど。あまり虐めると専業のアミーボ屋さんになっちゃいそう。

    • 名前:mamosuke 投稿日:2015/12/18(金) 23:03:00 ID:058ed2760

      アミーボ屋さんのIPビジネスを柱にしたいのは事実なので、ゲーム機をアミーボの宣伝に使う程度の力の入れ具合にするのはあり得たりするかも。

    • 名前:173210 投稿日:2015/12/19(土) 22:48:14 ID:f452133ae

      wololo.netが任天堂にも強ければいいんだけど…

      # GBAtemp.netでrxToolsの開発をしているからHykem氏に文句は言えない
      # とにかく奴らは声がデカイだけだから任天堂なら適当な手段で抹殺できるはず。