3DS Remote Desktop by RetroZelda





GBATempで、RetroZelda氏がニンテンドー3DSをクライアントとして使いPCをリモートコントロールするユーティリティ3DS Remote Desktopをリリースしていました。

3DS Remote DesktopはいわゆるPC画面を映し出してコントロールする「リモートデスクトップアプリ」で、PC側で動作させるサーバー(3DSRemoteDesktopServer.exe)と3DS側で動作させるクライアントアプリ(3DSRemoteDesktopClient)で成り立っています。

クライアントアプリが3DSのHomebrewとなっており、.3ds、.3dsx、.ciaと各種フォーマットが準備されています。

Windows側になるサーバー側にはconfig.iniが必要で、ボタン入力マッピング(Virtual-Key Codesの値が必要)やクライアント側の画面サイズ(3DSの場合は400×240)などを設定します。

3DS Remote Desktopが実用的なものかどうかは判断が微妙ですが、それはそれとして、最近3DSシーンがかなり盛り上がってきているのを感じます。ブログでは伝えていないHomebrewゲームなどもかなり多数発表されていますし、今後も3DS向けHomebrewが次々と開発されると思います。興味深いものがあれば記事にしてみたいと思います。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">