PlayStation Vita システムソフトウェア バージョン3.30





SCEJAが、PlayStation Vitaのシステムソフトウェア バージョン3.30を公開していました。

前バージョンである3.18のリリースから2ヶ月弱でのアップデートになります。公式発表での変更点は公式サイトを見てもらうとして、事前に公表されていた、ホーム画面のアイコンや背景などのデザインを変更できるカスタムテーマ対応などを含む機能追加がメインの中規模なアップデートという感じです。

かなり更新内容が沢山あるため、いつもの「システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました」の文言はありません。過去の大型アップデートの最もそうでしたが「システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました」というのは書く内容に欠く時に掲載される程度の文言のようです。

さて、いつものXMLファイルを覗いてみましょう。

XMLファイルに書かれている情報は以下です。

level0_system_version="01.600.000"
level1_system_version="03.300.000"
level2_system_version="03.300.000"
map="01.800.000"
version system_version="03.300.000"

ビルドされたのは2014年9月25日です。

大量の未公開カーネルexploitやユーザーexploit流出事件の始まりは9月12日のqwikrazor87氏のツイートですので、3.30は事件から2週間後にビルドされたことになります。

そもそもVitaの3.30は9月頭の時点でテーマ設定が可能になるアップデートとして秋に公開されることが公表されていたものです。秋と言うことから10月に入ってから公開予定だったと思われますが、今回の3.30はタイミング的にexploit流出事件を受け何らかの対策をしてからビルドしたと考えるとつじつまが合うスケジュールのように見えます。

となると、当然まずkxploitは対策されているはずですが…

五里霧中さんからのコメントによると

3.30のアップデートが来たので早速実行し、

3.18 TN-V10 – Mystylist (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 1 (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 2 (JP)

の死亡を確認しました。

とのことで、対策されているのは間違いなさそうです。

また情報があれば追記します。

[追記]
The Z氏がいろいろ調べて情報を挙げてくれてます。ちょっとまとめてみました。

・kxploitは対策済
・オープンソースコンテンツ管理アシスタントQCMAは対策済
・OpenCMAは動作確認
・SKFU氏のメールのリンクで起動させるPackage Installerは対策済
・絶対ヒーロー改造計画exploitは対策済
・Gladiator Begins exploitは対策済
流出したexploitが全部対策された訳ではない。動くものもある。
・パタポン2のセーブデータは読み込み可能

[追記2]
3.30にアップデートしたので試してみました。

・Gladiator Beginsはセーブデータ読み込みはできるが、アイテムボックス選ぶとフリーズして「エラーが置きました。(C1-2858-3)」発生
・鉄拳2はメニュー読み込まず黒味のまま
・某氏の未公開exploitのHello World起動せず
・Package Installerはメールリンクをタップすると「ただいまこの操作はできません。」

かなり本気に対策してきた感があります。

Tags: , ,

  1. かん’s avatar

    アップデート時に表示される規約変わってますね

  2. ようと’s avatar

    ネイティブハックこないですかねー?

  3. るりるり’s avatar

    自分の好きな作品(ゲーム)のテーマ待ちですわ……
    数日は無料のやつにするけど、それからはノーマルで維持予定。

  4. yyoossk’s avatar

    http://www.ps4psvita.com/2014/09/scene-un-vistazo-al-kit-de-desarrollo.html
    godmangenって偽動画作ってた人ですっけ?
    微妙な感じですが新型vitaの試作機みたいです

  5. w’s avatar

    物理ボタンがないとかwww

  6. yyoossk’s avatar

    予告どおりwebkitも対策されてるみたいです

    http://wololo.net/2014/10/04/ps-vita-firmware-3-30-what-is-patched-what-is-still-working/

    Stef says:October 4, 2014 at 2:20 pmWhat about webkit ?

    Reply
    josh_axey says:October 5, 2014 at 7:20 amYes, currently used vulnerabilities have been patched by updating the WebKit build on 3.30.

    Mozilla/5.0 (PlayStation Vita 3.30) AppleWebKit.537.73 (KHTML, like Gecko) Silk/3.2.

  7. bread’s avatar

    全く関係無い事をお聞きしますが、
    拡張子がpsarcのファイルってvitaで使えたりするのでしょうか?
    Sony_PSVita_SDK_EPIC_ownedの中にpsarcに複合化できるexeがあったので・・・

  8. yyoossk’s avatar

    なんというファイルですか?

  9. yyoossk’s avatar

    もしかしてpsp2psarc.exeですか?
    いろいろ試しましたが複合化というよりsrcにされてるだけみたいでした。
    ためしにaldostoolsのsrcを複合化するやつを使ったら、srcになる前のファイルがそのまま
    でてきただけでした。
    試したものが悪いのかな?
    自分プログラミングは無知なので間違っていたらすみません。

  10. yyoossk’s avatar

    でもためしにpkginstallerでqcmaにつないでみたらpsarファイル認識してる
    インストールできませんでしたが

  11. yyoossk’s avatar

    なんどもすみません
    pkginstallerはどんな拡張子でも認識はするみたいでした。

  12. bread’s avatar

    >yyoossk
    そうですね。 psp2psarc.exeの事です。
    でもvitaの開発ツールにあるという事は必ず何かありそうですよね・・・。
    私もプログラミングは無知でただ楽しいから色々やってるだけですよー。

  13. bread’s avatar

    >yyoossk
    私はvitaのFWを展開した中身を新しいフォルダに突っ込んでpsarcに複合化して
    ps3_psarc_guiで展開してみました。
    とりあえずしっかりと展開できたのでpsarcとして複合化されているみたいですね・・・

  14. yyoossk’s avatar

    ですなー
    自分もいろいろ探してみます

  15. yyoossk’s avatar

    psarcはps3のゲームデータの中によくあるみたいです。
    ものによってはbgmとか入ってるみたいです。
    何かしら関係があるとは思いますが、無知なもので何もわかりません。
    自分も色々試して見ます。

  16. bread’s avatar

    >yyoosskさん
    ダメ元でさっき複合化したvitaのFWの名前をPSP2UPDAT.PUPにリネーム。
    それをPS VITA Firmware xTractorに突っ込んでみたら展開できました。
    うーん、psp2psarc.exeで拡張子psarcに複合化→拡張子をPUPにリネーム→VITAのPUPを展開するソフトで何故か展開できた。
    これは何かありますねー

  17. yyoossk’s avatar

    もともと展開できますよ?その中のpkgとかは無理だと思いますが

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">