3.56/3.60key実装によりCFW内部でEBOOT復号 Rogero CEX-3.55 CFW v3.5





Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3初の3.56/3.60キーを実装したカスタムファームウェアRogero CEX-3.55 CFW v3.5をリリースしていました。

このCFWは3.56/3.60キーを実験的に実装しただけですので、期待するような機能を実現しているわけではありません。現時点ではPS3のCFW 3.55にそれより新しいファームウェアのキーを実装できることを証明できただけだと言っても過言ではありません。

b3.5の機能は以下のようになっています。

    v3.5
    ——
    1- 3.56と3.60のappldr/NPDRMキーセット実装
    2- バージョンチェックのパッチによる回避と新しく追加したkeyの使用を有効にするための拡張インデックスキーテーブルインデックス追加
    3- パッチ等なしに3.56 EBOOTのゲーム(要求ファームウェア3.56)の起動に対応。CFWはオンザフライでEBOOTの復号が可能。
    4- 3.60 EBOOTのゲーム(要求ファームウェア3.60)は新たに追加されている3.60のバージョンチェックにより現時点では読み込みエラーが発生する。appldr以外に必要な認証でエラーとなっている可能性が高いと思われる。

現在は動作しない3.60 EBOOTの場合はCFW 3.55で復号して起動させるためには何らかのパッチが必要になります。

最新ファームウェアベースのCFWを期待している方も多いと思いますが、exploitが見つかっていない現段階ではCFW 3.55に機能に機能を盛り込んでいくのが当面のハッキングの方向性になりそうです。

Tags: , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です