Dios Miosのリリースは「完成後」 パブリックベータの公開なし





ツイッターで、Crediar氏が開発中のUSB/SDカード起動をサポートしたバックアップローダーDios Mios(DM)がパブリックベータ版は公開せず、完成した段階で一般公開することを伝えていました。

Dios Miosはオープンソースプロジェクトで、Google Codeでソースが公開されます。

5月最初の時点でDios Mios r1だけが作られていましたが中身は実質カラで、本当にオープンソースなのかを疑いたくなる内容です。

ところがCrediar氏は昨日の段階で次のようにコメントしています。


”DMについて、リークされないようにパブリックベータは出さない。次のDMのニュースはリリースのお知らせになる。リリースは完成したとき。”

アーケードゲーム基板TriforceエミュレーターQuadForce v 0.1 FINALを勝手にリークされたとして未完成の状態でリリースして開発から手を引いたCrediar氏は今度のDios Miosで念には念を入れて完全に囲い込みをしているようです。

問題は完成するのがいつか、ということと、オープンソースなのか、ということです。

Tags: , ,

  1. nana’s avatar

    r1というのはGoogle Codeのページを作るときに作られるものなので
    とりあえず保管サイトを作っておいて公開後にソースを追加する、ということでしょう。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です