ゲーム最新情報 2010年12月18日のニュース

●PSGrooveで、NZHawk氏がPS3のLV2メモリーをPC(Linux)で閲覧・編集(パッチ)しPSIDなどを変更したりすることができるするためのユーティリティPSPoke v1.1をリリースしたことを伝えていました。パケットを読み書きするLinuxのNetcat(UNIX系OSのコマンドラインアプリケーション)を使ってPS3と接続するようです。

●PSGrooveで、ManuNg氏がFTP経由でPS3ゲームのリスト管理などができるユーティリティPS3Win v0.9.6をリリースしたことを伝えていました。

●Blog de Waninkokoで、waninkoko氏がPS3のdev_flashには手を付けず、新たに”dev_fflash”という書き込み可能なflashデバイスを作成するユーティリティFreeFlash v1.0をリリースしていました。使用にはバージョン偽装ペイロードまでは不要ですが、peekとpokeのsyscallができるペイロードが必要だそうです。

●4Gamerで、SCEJが『パタポン3(仮)』の無料体験版2011年1月6日に『パタポン 3 〜ビックリたっぷり、100時間体験版〜』を公式サイトおよびPlayStation Storeで配信すると発表したことを伝えていました。100時間という数字の所以が気になりますが、本当に時間制限が設けられているわけではなく、100時間遊べるボリュームであることを表現しているだけのようです。。

●Maxconsoleで、SEEE社長のAndrew House氏が、ソニーという会社は革新的な提案をしていく社風でそれがPSP2にも引き継がれるだろうとした上で、まだ未発表の製品の話はできないので今は現行のPSPでその提案をしていきたいと語ったことを伝えていました。新型に移行するまではPSPに全力を注ぐという意思表示だと捉えて楽しみに待ってます。PSP goの進化を。

●GBAtempで、SupercardチームがSupercard DSTWOで電子ブックを読むためのプラグインSCDS2 iReader v1.11をリリースしたことを伝えていました。ボタンの感度が良すぎて扱いにくい(特に縦モードにするためのRボタン)問題を修正、アイドルモード追加によりファイルリスト表示に問題があったのを修正、背景とフォント色変更機能と言語選択機能追加が変更点です。

●GBAtempで、Top Toy DSチームがおよそ2年ぶりにニンテンドーDS用Flashcard DSTT/DSTTiの公式カーネルDSTT/DSTTi TTMenu kernel v1.18をリリースしたことを伝えていました。Info Libraryを5415にアップデート、チートライブラリをアップデート、YSMenuの追加などが変更点です。

●GBAtempで、RetroGameFan氏がニンテンドーDS用Flashcart DSTT/i、R4/i SDHC、DSONEi、M3Real/M3iZero及び各種R4クローンなどの最新型ではないFlashcart用のファームウェアmulti-card firmware v6.42をリリースしたことを伝えていました。マルチと名前が付いていますが、DSTT/i & R4/i SDHC v6.42、YSMenu for M3Real/M3i v6.42、YSMenu for R4 Clones v6.42と、ファームウェアは別個に用意されています。クレジットには日本版ゲーム修正担当としてRudolph氏の名前が書かれていますが、皇帝氏?

●GBAtempフォーラムで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii 4.4.4をリリースしたことを伝えていました。IOSにパッチをした後フリーズするバグを修正などが変更点です。

●Xbox-sceneで、Heezer氏がドイツで購入したXbox 360 Slim 4GB Kinect同梱版についていたHitachi−LG DL10Nドライブがいつから採用されていたのかを調査する上で重要となる本体製造日などに関する情報を公開していたことを伝えていました。製造日は2010年10月9日だったようです。まだデータが少ないので正確ではないとしながらも、今後Xbox 360 Slimを新規購入した場合に少なくとも製造日が2010年10月9日以降だった場合新型日立ドライブが搭載されている可能性が高そうです。

●Xbox-sceneで、slasherking823氏がアップデートしてUSBストレージ対応となったXbox 360でフォーマットしたUSBドライブをPCで読むためのユーティリティUSB Xtaf GUI v33をリリースしたことを伝えていました。コード書き直しや不具合修正の他、外付けHDDもサポートしたそうです。
[追記]HDDサポートなどに問題があったようで、現在最新版はUSB Xtaf GUI v36となっています。

●Kinect-hacksで、Mac OS XにKinectのオープンソースドライバーOpenKinectをインストールするチュートリアルが公開されたことを伝えていました。そのうちXbox 360よりもKinectの方が売れる時代がくるかもしれません(笑)

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN 01.11.01をリリースしたことを伝えていました。USBマウス/キーボードのサポート追加、ブルールイリモコンのサポート追加が変更点です。

●PSGrooveで、X3Maxチームが以前から真贋が問われていたPS3 3.50のJailbreakではなく3.50のダウングレーダーをリリースしたことを伝えていました。ブルーレイ再生問題が起こらないダウングレーダーなのはいいですが、3.50Jailbreakは本物だと強く主張しておきながら先にダウングレードを持ってくる姿勢は理解不能です。

●GoNintendoで、3DSのソフトウェアカードを製造するMacronix社が3DSのカードの容量は1GBから8GBまでとなっていることを明らかにしたことを伝えていました。最大で2層DVD並みですので、開発者が容量に悩まされることはないだろうとしています。個人利用でのバックアップも違法化されそうな世の中ですが、8GBのバックアップはさすがにまだ非現実的です。

●GBAtempで、Yellow Wood Goblin氏がニンテンドーDS用Flashcart R4とクローンのR4iDSN、 Acekard R.P.GのオープンソースファームウェアWood Firmwares v1.20(Wood R4 v1.20/Wood R4iDSN v1.20/Wood R.P.G. v1.20)をリリースしたことを伝えていました。globalsettings.iniプロセスの高速化、ローダーの内部改良、ソフトリセット・DMAモード・SDセーブパッチの最適化、スキンにlower_screen.bmpがない時に画面表示不良を修正、スキンにメニュー背景画像がなかったり背景画像ファイルが破損していた場合にスタートボタンを押すとフリーズしていた不具合を修正、uisettings.iniで時計表示のam/pm表示位置や表示色を設定できるオプションを追加(座標などを指定)などが変更点です。


TWITTER


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『ゲーム最新情報 2010年12月18日のニュース』へのコメント

  1. 名前:Lock 投稿日:2010/12/18(土) 21:49:43 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    試してみましたが,電源を切ると「dev_fflash」が消えてしまうので,維持するなら起動するたびにFreeFlashを起動する必要があるみたいです。

  2. 名前:まも助 投稿日:2010/12/20(月) 02:55:33 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >Lockさん

    そうでしたか。まあdev_flashに手を付けない代償ということですね。