ゲーム最新情報 2010年5月12日のニュース





●Lan.stフォーラムで、FrEdDy氏が所属するTeam ProjectXXとしてSplinter Cell: Essentials(ULES002810:EU版)のセーブデータを使ったexploitをリリースしていました。FrEdDy氏のテスターをしていたAndrea1234567890氏が信頼してデータを渡したDark-Smn氏がゲーム名を公開するという愚かな行為に出たためのリリースです。なお、Dark-Smn氏はこれでHENをリリースすると言っていますがリリースされたのは単なる”Hello World”で、ゲームもPSP発売当初に販売されたもので日本で探すのはまず無理です。ネット上にもあまりないようです。
どこかで聞いたような流れですね。これがHENにたどり着く可能性は限りなく少なく、Patapon2でimportされなかったライブラリで偶然凄いもの(カーネルexploitとか)が見つからない限り、単なるHello Worldで終わる可能性大です。
Patapon2は体験版だったからこそ今のHalf Byte Loaderがあることは覚えておきましょう。(qwertyuさんよっちさん情報ありがとね 今日忙しくって記事が遅くなりました)

●BBC NEWSで、Business Software Allianceの調査結果としてソフトウェアの不正コピー利用は世界的に増加を続けていると伝えていました。国数での統計だと50ヶ国で減少し19ヶ国で増加しているようですが、アジア地域での不正コピー被害が過大となっているようです。不正コピーを利用している割合はアメリカ20%、イギリス27%、オーストラリア25%、日本21%などの先進国の数字に比べると、発展途上国はグルジア95%、ジンバブエ92%、バングラデシュ91%などほとんど全部みたいな数字になっています。なお、この統計はPC含めたソフトウェア全体の数字でゲームに特化したものではありません。
なお、不正コピーによる被害額という数字が出てくるといつも莫大な金額がでてきますが、任天堂の決算説明会で岩田 聡社長は被害額を、単純に「ダウンロードした数」×「ソフトの市場価格」としても、ダウンロードした人(全員)が買うつもりだったのをそれで買わなくなったのかというと必ずしもそうではないので、それを数えることは無意味なことだと思っていると語っています。

●Developで、Blitz Games Studios創設者の一人であるAndrew Oliver氏がゲームの不正コピーはそんなに大きな問題ではなく、本当の問題は中古市場が存在することであると語ったことを伝えていました。ゲーム購入後数週間後にはゲームをクリアしたから、あるいは飽きたという理由で次のゲームの購入資金のためにユーザーが売却したゲームは多いときで4回購入→売却を繰り返すが、その間は発売元や開発者に一銭もロイヤリティが支払われないことをその理由に挙げています。

●MCVで、ある情報筋からの情報としてXbox 360とPlayStation3は早ければ6月のE3で、遅くとも年末(クリスマス商戦)までには値下げを発表するだろうと伝えていました。PS3についてはHDDが40GBまたは60GBとなるエントリーモデルが200ポンド(120GBモデルが249.99ポンドなので最近激しい為替変動を考慮せず感覚的に日本円に換算すると24,980円というところか?)で登場し、NatalとMoveで押され気味となるWiiも対抗して値下げを検討するだろうとしています。

●Maxconsoleで、Playstation Purpuraを紹介していました。なんでもPS3の3D用に新たに開発された立体視用メガネ、でもなんでもなく、PS3(のコントローラー使ってゲームの)やりすぎにより手にアザができて変色してしまう病気とか…

●Engadgetで、カナダの小売り販売店GamestopのサイトでPS3のモーションコントローラーPlayStation Moveを販売価格59.99カナダドルで販売していたことを伝えていました。ソニーはカナダドルと米ドルをほぼ同一価格にする意向があるためアメリカでも59.99になりそうです。また、コントローラーとカメラのセット価格は99ドルではないかと予想しているようです。

●GBAtempで、Yellow Wood Goblin氏がニンテンドーDS用Flashcart R4/ AcekardのオープンソースオリジナルファームウェアWood R4 v1.07 / Wood R.P.G. v1.07をリリースしたことを伝えていました。バグ修正と、R4のハードウェア設計上の限界のため実装できなかった8MBセーブデータを使えるようにしたそうです。

●Engadgetで、マイクロソフトが韓国市場に置いて3D対応テレビを発売するLGとパートナーシップを結び3D対応Xbox 360を展開すると発表したと伝えていました。6月末に発売するLG製3Dテレビでの3D化を考えているようですが、逆に言うとそれまではXbox 360 Slimなどの新製品は出ないのではないかとしています。マイクロソフトとしては3Dの流れが出来てこれば世界展開する考えのようです。

●Xbox-sceneフォーラムで、Coolshrimp氏がJtag Hack可能なXbox 360にfreeBOOT 0.032イメージを作成・インストールできるオールインワンユーティリティJtag Tool 1.62をリリースしていました。Windows 7での問題をはじめ、各種バグ修正が行われたようです。

●Xbox-sceneフォーラムで、Xbox1CrewのScuba156氏がBANされたXbox 360からセーブデータのバックアップを取り出しフラグを除去することができるユーティリティBatch Con Flag Removerの名称を変更し、BANされたXbox 360のプロファイルからセーブデータを救出するユーティリティCONSaver v1としてリリースしていました。

●Xbox-sceneで、JS-TEAMがHomebrew可能なXbox360用のカスタムダッシュボード(XEXの実行ファイル管理ツール)XexDash v0.03bをリリースしたことを伝えていました。ファンスピードコントロールの修正とバグ修正が行われたようです。


  1. 飛鳥’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    温存していたExploitが…。
    これで、FW6.30で可能性があるexploitは、J416氏と、JAX氏の物だけですね…。

  2. blodk’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    PSPハック界も名声争いが絶えないですね…
    著名なハッカーの方々が去った今こそ、協力し合うべきだと思います…

  3. よっち’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    なんかPSP界も終わりが近づいてますね…………

  4. rew’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    KHBBS用のパッチが出てますが…。

  5. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    以前から資源を食い尽くしていると書いてきましたが、こういう無駄使いの蓄積はまさに資源の無意味な消費です。

    入手しにくいゲームならばなおさら、万が一の偶然でカーネルモードexploitでも見つからない限り、仮に世に出ないかもしれないことを承知の上でも温存しておくべきでしょう。

    HBLでオープンソース化した今の現実を見ると、今後はゲームを使わないexploit(誰でも手に入るもの)を探して行ったほうが良いと思います。
    モンハンくらい巷にあふれてるゲームなら別ですけどね。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です