ゲーム最新情報 2009年12月19日のニュース





●Datelの通販サイトCODE JUNKIESで、PSP-3000やPSP goを含む全PSPでチートコードを利用できるAction Replay PSPの販売ページが公開されていました。価格は24.99米ドルですので日本円換算すると2,300円程度です。日本でプロアクションリプレイとして販売されるときはもっと高いでしょう。US CODE JUNKIESとEU CODE JUNKIES先日見た時には掲載されていなかったのでいよいよ発売間近なのかもしれません。(PSP@さん情報ありがとね)

Action Replay for PSP-1000 2000 3000 PSPgo

構成品にメモリースティックもバッテリーもありません。USBケーブルでPCと繋いでアップデート?CDROM付属??要WiFi接続でPSPのインターネットブラウザ使用???【記事

●The Lost Gamerで、リトルビッグプラネット ポータブルAccessories4Technology社製オフィシャルアクセサリーの広告の中に対応PSPとしてPSP-4000の名前が書かれていることを伝えていました。MCV magazine 最新号の568号で広告が掲載されています。(とりさん情報ありがとね)

Little Big Planet and PSP-4000

●任天堂が店頭でユーザーがどんなソフトを購入したらいいのか迷っているユーザーのためにソフト情報を誰でも簡単に検索、表示、閲覧することができる商品情報検索端末「Wii・DSソフト おさがしガイド(仮称)」を開発し、試験運用を開始したことを発表していました。2月中旬まで試験運用をして評判が良ければ順次全国展開するようです。設置店舗は以下です。
  1. ジョーシン 大日店(大阪府守口市)
  2. ビックカメラ 有楽町店本館(東京都千代田区)
  3. ビックカメラ ラゾーナ川崎店(神奈川県川崎市)
  4. ヤマダ電機 LABI1池袋モバイルドリーム館(東京都豊島区)
  他2店

●Tehskeenで、Yellows8氏がWiiのメッセージボードメールを任天堂のサーバーから受信、復号、.emlや.txtに変換することができるGetwiimsg 1.1をリリースしたことを伝えていました。wc24msgboardkey.binにあるinternal KD AES keyが必要ですが、IOS35 v3088の場合00000006.app.内の0x5f780に入っているそうです。

●KOTAKUで、ソニーがプレイステーションネットワークサービスの有料化に向けて調査を実施していることを伝えていました。本体の保障期間3年へ延長といったサービスを始め全タイトルの体験版を1時間自由にプレイなど、有料化ならではの項目が並んでいます。サービスの組み合わせで価格が異なりますが、一番高くても年間69.99ドル(月額9.99ドル)のようです。

●PlayStation Insiderで、過去にはPS3Slimやファームウェア3.0の情報をリークしてくれた信頼できる情報筋からの情報としてPSP-4000にはbluetoothが搭載されているようだと伝えていました。基本的にはUMD付きのPSP goがPSP-4000の模様です。ただ、その情報筋はPSP goが発売直前に値下げするという情報を出してきたらしく、外すこともあるようです。
その他、情報筋からの情報は以下。
・2010年末まではPS3のPS2エミュレーターは出ないがその翌年には全PS(PS2含む)のエミュレートをサポート。
・PS3のPSPエミュレーターと言われているものは実はPS3とPSP go/PSP-4000をbluetoothで接続し、DualShockを使ってPS3上でプレイするものでエミュレーターと表現するのは間違っている。
など。

●WiiNEWZで、Sundisk TeamがWiiのMODチップSunDisk 8GB〜64GBでBCAデータをサポートするSundisk Firmware v1.5をリリースしたことを伝えていました。

●MCVで、SCEAのマーケティング担当John Koller氏が2010年もPlayStation2をサポートすると明言したことを伝えていました。まだまだ新タイトルも発売するようです。

●GAMERSYDEで、PS3のファイナルファンタジーXIII冒頭部分の10分間のデモビデオを公開していました。これ見ると欲しくなっちゃいますね。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です