ゲーム最新情報 2009年12月7日のニュース





●examinerで、Xbox360のゲーム「Call of Duty:Modern Warefare 2」に存在する”javelin missile exploit”(Javelinロケットを使い自分の周囲広範囲にいる的を殺してしまうexploit)をオンライン対戦で使ったユーザーに対して、Xbox LiveオンラインサービスPolicy and EnforcementディレクターStephen Toulouse氏がTwitter1日から数週間の間Xbox LiveからBANするが、場合によっては恒久的にBANする対応をとると語ったことを伝えていました。改造ユーザー含めてとにかくマイクロソフト的基準でに”フェア”なユーザー以外はオンラインから排除する方針のようです。

●WiiBREWで、Wiiのシステムメニューより前に起動するPreloaderの改造版Priiloader v0.2がリリースされたことを伝えていました。USBGecko利用時やdol/elfファイル読み込み時のバグ修正や、bootチェック、SDカードがないときのUSBサポート復活などの機能追加が行われたようです。

●ThatOtherDevで、逆スペースインベーダーのようなWiiのHomebrewゲーム1bit Invadersをリリースしていました。個人的にこういう発想のゲームが好みです。
Youtube: 1bit Invaders

●HackMiiで、Team Twiizersのbushing氏は年末にドイツのベルリンで開催される26C3(Chaos Computer Club :カオスコンピュータークラブ主催のハッカーが集う26th Chaos Communication Congress:第26回カオス通信会議)について、会議に参加はしたいが今年はWii関係は新たに発表するような事項はないし、DSiのハッキングについては報告できるような進展がないと伝えていました。ただうまく行けばここ最近取り組んできたプロジェクトをはじめWiiで少なくとも1点の発表、DSiのハッキングの進行状況なども報告できるかもしれないそうです。

●Nintendo Everythingで、Wii HDの存在を否定したニンテンドーオブアメリカ社長Reggie Fils-Aime氏に「Wii HDは存在するなどと言っているのはアナリストのMichael Pachter氏だけだ」(ゲーム最新情報 2009年11月7日のニュース参照)と名指しされたMichael Pachter氏はそれでも2010年にはWii PlusとしてHD版を出してくると思っていると語ったことを伝えていました。Wii Plusという名称はあり得ますね。

●Xbox-sceneで、JTAG Hack対策前Xbox360でストレージデバイスからパッチ済のXEX(Xbox360の実行形式ファイル)を起動することが出来るXeXLoader v0.12がリリースされたことを伝えていました。ストレージデバイスのファイルシステム管理やゲームのリッピングも可能なようですが、テスト環境は複数ファームウェア搭載に対応したMODチップCygnosとfreeBOOT利用だそうです。

●Xbox-sceneで、XBox360のダンプしたflashの復号化および展開、暗号化が可能な360 Flash Dump Tool v0.91がリリースされたことを伝えていました。Jasper基板の16MB NANDはサポートしたようですが、Large Blockに関しては目下作業中だそうです。


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です