[翻訳版]カスタムファームウェア 5.03GEN for HEN-Aリリース〜PSP-3000対応





ついにPSP-3000でもCFW起動が実現です。
PSPGENで、PSP-3000にも対応したCustom firmware 5.03GEN for HEN-Aをリリースしていました。今回は翻訳版です。【情報源:PSPGEN

5.03GEN for HEN-Aのリリース予告 動画ありを経てリリースが遅れている報告および動作概要もありましたが、2008年10月16日の発売からおよそ8ヵ月、今日こうして無事PSP-3000でCFW起動の日を迎えることができました。ただし、HENですから電源切ったら元に戻ります。

[google翻訳+まもすけ翻訳テキトー版]


Custom Firmware 5.03HEN for HEN-A is now available!
CFW5.03GEN for HEN-A登場

We are finally arrived at our first launch of the Custom Firmware 5.03GEN for HEN-A and we are pleased that you are as likely to want to test it.
ようやくカスタムファームウェア5.03GEN for HEN-Aのファーストリリースを発表できる運びとなりました。皆さんにぜひテストしていただきたいと思います。
It is entirely compatible with the 5.03 official firmrware and offers, plus allthe benefits of 5.02GEN-A.
公式ファームウェア5.03に対応し、5.02GEN-Aの機能を付加しました。
 ・ COMPATIBILITY PSP-3000 and PSP-2000 v3
 ・ PSP-3000とPSP-2000v3基板に対応
 ・ Playing PS1 games
 ・ PS1ゲーム起動可能
 ・ Playing PSP games backups
 ・ PSPのバックアップISO起動可能
 ・ GEN VSH MENU available
 ・ GEN VSH MENU搭載
 ・ Recovery in VSH available (some bugs remain unresolved – see below)
 ・ VSH MENUでリカバリー搭載(バグの残件あり。詳細は後述)
 ・ Access to PSN
 ・ プレイステーションネットワークにアクセス可能
 ・ Etc.
 ・ その他

Known bug:
既知の不具合
The recovery mode of 5.02GEN-A has been patched to run on the PSP-3000. It allows you to change the majority of the usual. Note that we encounter some problems with this recovery in VSH and he will probably wait for a patch to correct tobe 100% functional. Note that the GEN VSH MENU works, it very well.
5.02GEN-AのリカバリーモードはPSP-3000で動作するようにパッチ済です。設定を変更することが可能です。VSH MENUのリカバリーでは問題が発生することがありますが100%動作するように修正します。GEN VSH MENU自体は正常に動作します。
Here are the menus and their equivalents:
以下がメニューと機能の一覧です。
 ・ USB toglie = OK
 ・ configuration ok
  ・ Skip Sony: not (no need therefore not serious)
  ・ Hide corrupt icons = not activeSkip and sony logo
  ・ HB ok game folder
  ・ autorun Eboot ok
  ・ region fake ok
  ・ VSH menu use ok
  ・ XMB USB Device ok
  ・ Charge device with usb ok
  ・ Use M33 network update ok
  ・ use version TXT ok
  ・ hide MAC ok
 ・ use categories ok game
 ・ Reboot in official firmware> not working
 ・ Run program at advanced = Menu
 ・ advanced CPU SPEED =
 ・ CPU SPEED = Plugins
 ・ = plugins registry hack
 ・ registry hack = device suspends
 ・ suspend = device firmware reboot in Official
 ・ Reset system = quit

 ・ Toggle USB = 可
 ・ Configuration 可
  ・ Skip Sony logo: 不可 (必要なものではないので重視していません)
  ・ Hide corrupt icons = 不可
  ・ Game folder homebrew 可
  ・ Autorun program at /PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP 可
  ・ Fake region 可
  ・ Use VshMenu 可
  ・ XMB Usb Device 可
  ・ Charge battery when USB cable plugged 可
  ・ Use M33 network update 可
  ・ Use version.txt 可
  ・ Hide Mac Address 可
 ・ Game Categoriesの使用 可
 ・ Reboot in official firmware 使用不可
 ・ Run program at = Menu advanced
 ・ advanced = CPU SPEED
 ・ CPU SPEED = Plugins
 ・ plugins = registry hack
 ・ registry hack = suspend device
 ・ suspend device = 公式ファームで起動
 ・ Reset system = 終了

Apart from that everything works and we try to fix this as soon as possible.
きちんと機能するように早めに修正します。


ということで、PSP-3000ユーザー念願のCFWが登場です。パンドラバッテリーのようなNANDをバックアップする手段がない中でのCFW化になりますので人柱覚悟の気持ちで臨んでください。

関連記事:PSP-3000対応Custom Firmware 5.03GEN for HEN-Aまもなくリリース
関連記事:CFW 5.03GEN for HEN-A 予告より遅れてリリース?

[追記]
コメントで、タイトルが503HEN for HENになっているとのご指摘を受け、翻訳部分の表記を修正しました。あだまんてさん、コメントありがとうございます。
実はPSPGEN自体が間違えているので疑いもせずさらっと書いてしまいました。
未だにPSPGENの表記は間違ったままのようです。(だから引用している部分は一応そのままにしてあります)
最悪なのがURLで、世界中が注目したCFW5.03GEN for HEN-Aのリリース記事がこんなんになってます。

http://www.pspgen.com/custom-firmware-5-03hen-for-hen-cf-pour-psp-3000-actualite-187940.html
URLまで修正されたら世界中からリンク切れ…(笑)

  1. 七氏’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょうど200記事目がっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  2. あだまんて’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    タイトルの「GEN」の部分がHENになってますよ。
    間違える人もいるかもしれないので・・・修正したほうがいいかと思います〜。

    私も間違えかけましたし。(笑)

  3. そばんげ’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    1回目はGENを導入できたんですが、二回目以降、GENを導入できなくなりました。
    L押して○押した後、XMBにもどるはずが、そのまま暗くなり、後に電源が切れます。
    PSPは3000です。
    誰か助けてください。お願いします。

  4. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >そばんげさん

    2回目以降は、flash書き換えは不要です。
    (LまたはRは押す必要なし、直接○でok)

    不必要にFlash書き換えてるとbrickしかねませんよ。

  5. maccha’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    突然すみません。
    PSPのクリア外装をつけようと参考にいろいろ探してたら、こちらの過去の記事にたどり着きました。
    自分もクリア外装の交換が終わったのですが。
    外装のクオリティのせいか、アナログスティックが常に左に入った状態になるのですか、そういったことことありますか?

  6. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >七氏さん
    >ちょうど200記事目

    ホントですね。
    自分でも気が付きませんでしたw

    ダントツに多いのかと思いきや、DSiのオークション記事の方が多かったりして。

  7. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >macchaさん

    >PSPのクリア外装

    中華クオリティですからしょっちゅうですw

    アナログスティックとメイン基板の間に長方形の伝導性ゴム部品があります。
    そのゴム部品と、アナログスティックユニットやメイン基板との接触する圧力が均一でないと勝手に動いたりします。
    ゴム部品を微調整したところで、根本的にシェルの作りの精度が甘いのでうまくいくとも限りません。

    方法の一つとしては、これはフェイスプレート側にアナログユニットが付いているPSP-1000特有かもしれませんが、バックプレート側にあるネジの締め付け具合を適当に調整するとどこかでゴム部品に圧が均一にかかるようになりアナログスティックが安定することがあります。

    また、アナログスティック自体の取り付けネジの締め込み具合や、取り付け位置の遊び部分範囲での微調整でも直る事があります。

    単にネジの締め付け具合でかなり変わりますので一度試してみてください。

    ちなみに純正シェルに戻すと不思議なくらい完璧にアナログユニットは動作します。それくらい純正品は精度が高いです。

    余談ですが、社外品のアナログユニットが売っていたりしますが、あれと中華製シェルとの相性は最悪でした。ユニット2個購入して2個とも捨てました。精度の悪いもの同士の組み合わせですからw

  8. maccha’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    自分の場合はアナログスティックのねじ止め部のプラスチックが高すぎて無理やりはめていたのでそれが原因だったみたいです。

    フェイス、バックプレート自体のかみ合わせも、中身の固定するプラスチックの制度も最悪で、全体的にかなりの加工を施してまともにしたのですが、

    その原因のねじ部が高いだけじゃなく、左右の幅も広く固定度合いも最悪だったので、純正品のアナログ流用でも無理でも何もかわらずじまいでした。

    PSP自体を1台しか持ってない自分にはミリ単位で削って組み立てて起動しての繰り返しは酷すぎるので、暇で死にそうになったときに再開することにしました。

    ちなみに、クリアの○ボタンを支える柱のようなものがほかよりも3mmほど低くて、1プッシュで埋め込むというハイクオリティでした。
    それと、社外アナログスティックは買ったものの、そのハイクオリティっぷりが分かるので使用していません。

    突然の訪問な上に質問の返答
    本当にありがとうございます

    p.s.
    自分もLoveクリアです
    これからちょくちょくお邪魔します
    それとこっそり応援しときます

  9. まも助’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    >macchaさん

    >これからちょくちょくお邪魔します
    >それとこっそり応援しときます

    ありがとうございます。いつでも遊びに来てくださいね。

    そういえば社外品のボタン類は高さが純正より低いので薄いプラ板貼付けて使ってます。すべてにおいて加工しないといけないところに個人的には惹かれますw

  10. 77’s avatar

    SECRET: 0
    PASS:
    macchaさん
    >突然すみません。
    >PSPのクリア外装をつけようと参考にいろいろ探してたら、こちらの過去の記事にたどり着きました。
    >自分もクリア外装の交換が終わったのですが。
    >外装のクオリティのせいか、アナログスティックが常に左に入った状態になるのですか、そういったことことありますか?
    – – – – –

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です