ハック不可能なPS3 4.83でIDPS / PSIDを入手するStoreHaxx by PS3Xploit Team

PSX-Placeで、PS3Xploit Teamのesc0rtd3w氏がPS3の4.83以下のファームウェアの全モデルを対象にしたIDPS / PSIDを入手することができるStoreHaxxをリリース<していました。


StoreHaxx_1

PS3の4.83は昨年10月にリリースされた最新版です。4.83はPS3ハックの最新版だったHAN対策でしたのでStoreHaxxは新しいカーネルexploitのように見えますが、実は違います。StoreHaxxではカスタムファームウェアはインストールできませんし、Homebrew起動をするためのハックでもありません。単にPS3本体固有のデータであるIDPS / PSIDをOFWの状態でダンプして入手(実際には画面に表示するだけ)できるようにするためのものです。

対象のPS3は4.83以下の全モデルですが、4.82まではカーネルexploitが動作しますので実用的ではありません。4.82以下向けにはStoreHaxxのpkg版が別途用意されています。

StoreHaxxはPS3のHDDをフォーマットしますので、使用する前には必ずバックアップを取るなどの対応が必須です。

StoreHaxx_2

[必要なもの]
・インターネット接続
・USBメモリ(FAT32フォーマット)

[使い方]
1) 配布されているStoreHaxx_4.83_IDPS_PSID_Dumping_Method-PS3Xploit.zip解凍、USBメモリのルートにコピーしPS3に挿入する
2) システム -> システム設定 -> バックアップユーティリティー -> リストア(復元)を選択する
3) USBメモリを選択する
4) STOREHAXXPS3を選択する
5) HDDをフォーマットするための画面の指示に従い、PS3本体を再起動する
6) 再起動後Xボタンを押してデータベースの再構築を行う
7) 2回目の再起動を行ったらStoreHaxxを起動する
8) ロードされると、△でIDPSとPSIDが画面に表示される(エラーが発生すると本体IDがエラーテキスト表示される場合がある)

StoreHaxx_3

最初にも書きましたが、HDD初期化必須ですのでご注意下さい。
表示されるIDPSとPSIDは写真に撮るなどして、後で手動でデータ化するしかないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする