HENkaku Release 10 メモリーカードレスに対応





Team moleculeが、Vitaの3.60でHomebrew起動を実現するネイティブハックHENkaku Release 10をリリースしていました。(KOHさん、しゃるんさん情報ありがとね)

Release 10の変更点は以下です。

Release 10 (May 26, 2017)
・元々のVitaのメモリーカードがなくても起動できるようファイルをur0:taiに移動
・molecularShellが手動で削除された場合でもデフォルトで再インストールに行かないよう変更
・ ux0:tai/config.txtがない場合ur0:tai/config.txtからのプラグインのロードをサポート。
・Ensō利用時に新しいパスにするためにインストーラーを再ダウンロードして設定再インストールを必須化

uxo:は専用メモリーカードで、ur0:はメモリーカードと同様の構造を持つVitaのユーザーデータ保存領域です。設定をmolecularShellから切り離し、メモリーカードレスに対応となりました。パーマネントハックのEnsōでもそれは引き継がれるようです。

taiHEN config.txtの再読み込みのメニューが追加されますが、世界中の有志によりメニューがマルチランゲージ対応となります。日本語はkirisame0017氏が翻訳してくれています。

Tags: ,

  1. とり’s avatar

    なにやら久々にsnes9xTYLのMod版が更新されたみたいですね
    色々改善されているんでしょうか?
    https://github.com/esmjanus/snes9xTYL/releases

  2. clover’s avatar

    3dsのファクトリーモードはどうなった?

  3. John’s avatar

    cloverさん>
    確かに、ただ調べてみるとどうやら特定のFlashcartがないと出来ないっぽい?

  4. ozu’s avatar

    上記のsnes9xTYLのMod版使ってみましたが、何か以前だとロム起動しなかったのがアドレナリンにて動くようになっていた。私だけかもしれませんが。ロムは□ボタンで起動できました。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です