任天堂 期せずしてSwitch Developer Menu公開





Kotakuで、任天堂が公開したビデオの中にNintendo Switchの開発機メニューが映っていたと伝えていました。

Switch Developer Menuなるものが映っていたのはSwitch Super Bowlのコマーシャル用ビデオで、ポルトガル任天堂がYouTubeにアップしていましたが本来ならゲーム画面を編集で入れるべきところを編集前の状態で誤ってアップしてしまったと考えられます。

これをすかさずNeoGAFフォーラムメンバーのmocolostrocolos氏がスクリーンショットを撮ってフォーラムで公開。PVが36の段階で気が付いたのですから偶然ですが、動画はその後当然削除されたようです。

Switch Developer Menu1

Switchの開発者メニューそのものです。タイトルIDではなくプログラムIDというもので管理されているようです。ビルトインメモリが64GBになっているのがわかります。メモリに余裕をもたせた開発機だからなのか、将来64GB版が販売されるのを前提に開発機は64GBになっているのか、どちらでしょうか。

Switch Developer Menu2

Switch Developer Menu3

読みにくいのですが、SDKのDEVMENUでファームウェアのバージョンが”NX 0.2.0-3″と書かれています(多分ですけど)

開発機の内蔵メモリが64GBというのがポイントですね。
このDevMenuの存在が将来Switchハックのどこかで出てくるかもしれません。

Tags: , ,

  1. a’s avatar

    選ばれし36人
    流石にROM32GBが主力って事は無いだろうしカリカかイカ2同梱投入かな?

  2. John’s avatar

    ProgramIDは恐らくWii・WiiU・DSi・3DSのTitleIDと全く同じ構造の物かもしれません。
    3DBrewに載ってるTitleID Structureの所と照らし合わせると分かります。
    https://3dbrew.org/wiki/Titles

  3. simatosan’s avatar

    この64GBってのは内部ストレージであって、開発機で重要なのはCPU・GPUのメモリでしょ
    PS4で言えばHDDが500GBか1TBか?って話

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です