何も明らかにされていないので調べてみた。Nintendo Swtich情報まとめ

10月20日にプロモーションムービーが公開された、それまで開発コードのNXと呼称されていた新型ゲーム機Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の概要が明らかになってから10日あまり。その後も情報筋からのリーク情報だけが少しだけ出てきていますが、基本的には来年1月13日に東京ビッグサイトで開催される「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」まで公式発表は一切お預けとなっています。

あまりにも情報が少ないのですが、以前お伝えした情報以外の新情報を調べてまとめてみました。基本は海外メディアが持つソースからの情報となっています。

Eurogamerでは、複数の情報筋からの話として任天堂が未公表にしているNintendo Switchの画面についてサイズは6.2インチで720pに対応した、任天堂デバイスとしては初めての静電容量方式10点マルチタッチスクリーンになると伝えていました。

このブログでもスクリーンについては、開発機情報として「1280 x 720 6.2″ IPS LCDディスプレイ 静電容量式 10点マルチタッチスクリーン」とお伝えしましましたがその情報とも合致しています。

そもそもプロモーションムービーではタッチパネルを全くアピールしていなかったのですが、タッチパネルを採用しているのは間違いなさそうです。仮にGPSや各種センサーが付いていたらスマートフォン向けタイトルも動きそうな気もします。OSはオリジナルと言われていますがAndroidベースならそれも十分あり得ますね…ただしAndroidベースということはハッカーに是非ターゲットにしてくださいと公言しているみたいなものなので、それはあり得そうであり得ない話だと推測します。

スクリーンつながりですが、かつてはVR対応のため量産開始が遅れるという情報もありました。その情報自体、Switchが2017年3月に発売と公表された後のことですのでVR対応なのに発売日は延期されず生産だけ延期という辻褄の合わないものでした。

ご存知の通り、正式に発表されたSwitchの映像にはVRのかけらも存在しません。

この点についてはBloombergが任天堂社長の君島達巳氏への単独インタビューを行い、その中で君島氏がSwitchのVR対応について「将来VRに対応する可能性があるのかという質問であるならば、答えとしては絶対に対応しないとまでは言えない」と語り、SwitchのVR対応に含みを残す発言をしていたことを伝えています。

今年はまさにVR元年と言われていますが、コンテンツあってのVRである上にコンシューマー向けの本格的かつ安価なVRシステムはまだPlayStation VRしか存在しておらず、それもコンテンツ不足と言わざるを得ない状況ですから、任天堂としてはVRについては”様子見”なのではないかと思われます。それが先の君島氏の発言につながっていると考えるのが自然です。つまり、1月13日の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」でもVR対応については言及されない可能性が高いでしょう。

そのほかのSwitchのディテールについてですが、IGNがYouTubeでSwitchのプロモーションムービーをフレーム単位で見て解説する動画を公開していました。英語ですが、これは見事です。

この動画を参考に、NXのあまり知られていない情報をお伝えしてみます。

脱着式コントローラーJoy-Conには左右ともショルダーボタンがあり、さらに背面側にアナログトリガーがあります。
ヘッドフォンジャックがタブレット形状モニターの上部に付いています。端子が3極になっているのでヘッドセットマイクにも対応していることがわかります。ヘッドセット端子と呼んだ方がいいかもしれません。

ゲームカードはタブレット形状モニターの上部、ヘッドセット端子の横についています。切り欠きのある蓋付きになっています。蓋にはGAMECARDと書かれているので、名称はゲームカードになります。
Joy-Conを一体化した時に、センター部分に4つのインジケーターがあるのは、4人同時プレイの時の何番目のコントローラーとして認識されているものかを示しているものと予想されます。したがって、動画で所々に出てくる同時プレイは最大4人までということになります。ちなみにこのセンター部分のパーツは外した後の置き場は実は特別用意されていないかもしれません。動画では無造作にテレビの前に置いてあるシーンが出てきます。

Joy-Conの右側にはHOMEボタンがあり、左側にもボタンがあります。シェアボタンとかでしょうか。Joy-Conに十字キーはなく、代わりに4ボタンで上下左右の代わりをしています。Joy-Conの右側上部に+(プラス)ボタン、Joy-Conの左側上部にー(マイナス)ボタンがあります。

Joy-Conは左右を1プレイヤー用、2プレイヤー用として分けて使うこともできます。その場合は横持ちにします。左側にアナログスティック、右側にボタンがくる持ち方になります。

SwitchのJoy-Conは任天堂のコントローラーとしては初めて十字キーがありませんが、これはJoy-Conを2人で分けて使うことができるよう配置を対象にしたためだと考えられます。

一方、PROコントローラーには十字キーがあり、やはりそこにも+/ーボタンとHOMEボタン、シェアボタンっぽいものがあります。

動画ではマルチプレイの場面が出てきますが、車内でのマリオカートの対戦プレイでは1台のSwitchを画面分割して対戦していますが、バスケットボールゲームでは2台のSwitchを画面を外に向け4人が全画面状態で対戦しています。スプラトゥーンでは4台のSwitchを並べて1チームの4名が同時プレイで、同じように4台のSwitchを持つ4人と対戦しています。大会のような場面では4人1チームがそれぞれドックにSwitchを置いて大画面テレビ4台で相手チーム(同じく大画面テレビ4台)と対戦しています。

このことから最大4台までのSwitchでマルチプレイ対戦の方法が複数用意されていることがわかります。そうそう、車の中でマリオカートを対戦プレイする部分で気がついたのですが、任天堂純正車載キットのようなアクセサリも販売されそうです。

動画の中ではSwitchの横にamiiboが置いてある場面があります。具体的にamiiboを使うゲームの話は出てきませんが、Switchは当然amiibo(というよりもNFC)に対応していることを示唆しています。

また、LetsPlayVideoGamesでは、Switchのプロモーションムービーを製作した関係者の話として撮影に使われたSwitchのプロトタイプには充電用ポートとしてUSB Type-Cが使われていたと伝えていました。タブレット形状モニターの下側の中心付近についていたそうです。ドックを使わない時の充電用ポートの可能性が考えられます。

ただし、下部についているということは背面キックスタンドを使って置いている時には使えません。

バッテリー容量は十分とまで言えないようで、その代わりにUSB-Cポートからの高速充電に対応しているという情報もあります。ドックに置いた時は、動画を見る限りはUSB-Cポートをドックで充電に使っているとはとても思えない置き方(カチッと入っている感じがする)をしていますが、USB-Cポートをわざわざ下部に持ってくる理由はドックでの充電用に使っている以外に考えられません。

また、USB-Cが存在することで、そこがハッキングの窓口になってしまう可能性も出てきます。USB-Cは便利かもしれませんが、利便性を高める汎用ポートの採用はセキュリティリスクの確率も広げてしまいます。プロトタイプであるがゆえにUSB-Cがついていたという可能性も十分考えられますので、この辺りは正式発表を待つしかありません。何しろ動画ではUSB-Cがあると言われている部分は一切映っていないですから。

[追記]
開発機のスペックからの情報で、 Switchの搭載RAM容量は
4GB RAM (25.6 GB/s VRAM共用)
とお伝えしましたが、どうも市販機も4GBのようです。iDigitalTimesによるとEmily Rogers氏(過去に何度もこのブログでも登場していますが任天堂関連の情報源を持っている、雑誌やウェブサイトのライターをしている人物です)が開発機だけでなく市販機も4GB RAMだとの情報を公表していたことを伝えていました。
Wii Uの倍ありますが、携帯機としては現時点では十分ながらPS4やXbox Oneは8GBあることから、据え置き機としてみると極端に少ないことが分かります。

また、Lets Play VideogamesによるとSwitchはmicroSDによるメモリ拡張をサポートしており、あくまでも開発機のスペックとの条件付きながら128GBまでのmicroSDXCをサポートしていると伝えています。小さい方のSDHCです。
規格としてのSDXCの最大容量は2TBまでありますので、きっとmicroSDXCの2TBが登場してもSwitchではサポートしてくれると信じたいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『何も明らかにされていないので調べてみた。Nintendo Swtich情報まとめ』へのコメント

  1. 名前:a 投稿日:2016/10/31(月) 16:13:36 ID:1093c5794 返信

    調べれば調べるほど臭う失敗臭

  2. 名前:John 投稿日:2016/10/31(月) 16:53:33 ID:b5548e29a 返信

    Switchの記事の時に限って来てるよね
    あっ・・・(察し)
    巣に帰ってくれよな~、頼むよ~

  3. 名前:たんばりん 投稿日:2016/10/31(月) 17:14:58 ID:ca85aa429 返信

    個人的な不安要素は、外部メモリが128GBかも、てとこですね。

  4. 名前:ゆずむし 投稿日:2016/10/31(月) 17:43:33 ID:67a90e6e3 返信

    外に持ち出すというコンセプトからして最低3時間のバッテリーは期待したいですね

  5. 名前:syamu_game 投稿日:2016/10/31(月) 17:59:21 ID:83c0d2d96 返信

    >>1
    ほならね、自分で買ってやってみろっていう話でしょ?私はそう言いたいですけどね

  6. 名前:からころ 投稿日:2016/10/31(月) 18:03:59 ID:20c47c089 返信

    >>2
    ほんこれ

    あいつらゲハカスはほんとうにどこでも湧いるから困るんだよなぁ・・・そんな害虫を大量発生させたj●n豚は●ま産は†悔い改めて†

  7. 名前:3dser 投稿日:2016/10/31(月) 19:57:01 ID:9b92208e9 返信

    VitaSell1.41リリース

  8. 名前:TKG 投稿日:2016/10/31(月) 20:17:50 ID:0df5aef2c 返信

    最近の任天堂の傾向からしてしばらくしたら大容量バッテリー搭載の大型モデルとしてNintendo switch LLとか出しそう

  9. 名前:079412 投稿日:2016/10/31(月) 20:24:08 ID:226a6c75c 返信

    LLかぁ。任天堂らしいチョイスですね。ありかも。

  10. 名前:つむじ 投稿日:2016/10/31(月) 22:18:05 ID:7ba55dea7 返信

    まずサードから大容量バッテリー搭載したグリップが出るまでが既定路線じゃないかな

  11. 名前:ゆう 投稿日:2016/11/01(火) 03:01:03 ID:84357a5da 返信

    これ個人的にはかなり欲しいし、めちゃめちゃ面白そうなハードだと思うんだけどなぁ

    まとめとゲハ民は無視してオッケイ!

  12. 名前:かなだ 投稿日:2016/11/01(火) 03:27:30 ID:370f6d304 返信

    大容量バッテリーか・・・。
    外部バッテリーとして、画面裏に本体の大部分があって、
    固定方法は左右のコントローラーとの接点に挟んで
    横に1.5センチほど長くなる、みたいなのが
    サードから出たり自作する人がいたりする予想。

  13. 名前:かなだ 投稿日:2016/11/01(火) 03:34:51 ID:370f6d304 返信

    4人で遊べて画面を取り外せるハードだから、
    画面4つを並べて1つのゲーム画面を表現して遊べる、
    みたいな意欲的で挑戦的なのも欲しいけど、
    無理だろうな
    単純にゲーム画面の面積の広さならテレビでいいだろってなるし。
    でも違うんだよトガった遊び方の提案にワクワクしたいんだよ

  14. 名前:LLK 投稿日:2016/11/01(火) 09:13:05 ID:340f46965 返信

    ゲハ民の規制をするべきです。彼らは迷惑なコメントしか出来ませんから

  15. 名前:memo 投稿日:2016/11/01(火) 09:32:46 ID:85b87942e 返信

    任天堂信者多スギィ!