『The Tomorrow Children』は基本プレイ無料 有料パックが9月7日から先行配信





PlayStation.Blogで、海外で非常に前評判が高い(私個人としても高評価)のPS4ダウンロード専用タイトル『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』を基本プレイ無料タイトルとして配信すると発表していました。

『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』は以前から海外で話題になっていたのでとても気になっていました。今年の6月にちょうどオープンベータテストが行われたので参加しました。そのときのリポートは「『トゥモロー チルドレン』オープンベータテストに参加してみました」をご参照ください。

オープンベータテストの後なかなかその後の情報の発表がなかったので気になっていたのですが、ドイツでこれから開催されるイベントgamescomの直前にリリース日や価格についての発表がありました。

ベータテストでプレイした感じだと、アイテム課金タイプの基本プレイ無料ではないかと思っていましたが、やはりその通りでした。

配信日は9月7日。ただし配信されるのは有料の「建国者パック」(2,700円)のみで、市民になれる住民手帳やライセンス、イーグル社製ジェットパック(無料版だと課金アイテム扱いの”外貨”で購入するもの)や、「建国者パック」でしか手に入らないコスチューム「炭鉱作業着」などが付属するバージョンです。簡単に言うと基本プレイ無料ゲームに有料のダウンロードコンテンツが同梱された有料版です。

ベータテストでは外貨が参加者に配布されていたのでジェットパックを購入して空中にある島に飛べましたが、結局はプレイ途中で外貨が尽きて貧相な装備で地道な作業に追われてしまいました。無料でプレイしたままどうやって外貨を手に入れることができるのかよく覚えていませんが、結局は課金する方が楽なのでこのゲームはずっと無料でプレイできると思わない方がいいかもしれません。ただし課金したくなる魅力は持っているゲームだと思います。

基本プレイ無料版は「入植者版」という呼称で、配信開始は”2016年秋予定”としか公表されていません。とりあえず『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』がどんなゲームかわからないので課金はしたくないという方は、まずは無料でプレイしてみることをお勧めします。具体的日時が不明の”2016年秋”の配信開始を待った方が良いでしょう。

なお、8月25日(木)より9月6日(火)まで、PlayStation Storeで建国者パックの予約ができます。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です