「PlayStation 4.5」コードネーム「NEO」





Giant Bombで、アップグレード版のPlayStation 4はコードネームがNEOでCPU、GPU、RAMが強化されていると伝えていました。

4Kに対応したPlayStation 4.5またはPS4Kと呼ばれるPS4のアップグレード版をソニーが開発しているという噂がいよいよ現実味を帯びてきました。

Giant Bombが複数の筋から入手した情報によると、アップグレード版PS4はコードネーム「NEO」と呼ばれ、販売価格については未定(399ドルになると予想はされています)、現行PS4よりもCPUのクロック周波数は高速化、GPUも改良、メモリのバンド幅も強化されるがHDDは容量変わらない、という内容になるようです。

PS4の改良版という時点で内容としては予想の範囲内で驚くべき事実はありませんが、気になるのは現行PS4との互換性と関係性です。PS4.5専用タイトルというものが存在し、現行PS4が切り捨てられるのではないかというのが最もユーザーとしては心配する部分ではないでしょうか。

それについてGiant Bombでは「10月以降に発売されるタイトルは”ベースモード”と呼ばれる現行PS4に対応したモードと”NEOモード”と呼ばれる新型専用モードが用意される」と伝えています。ただし10月というのはNEOモードにも対応したゲームタイトルの発売というだけで、必ずしもそれがNEOの発売と一致しているという情報ではありませんが、年末商戦に向けて発売されるのが新型ゲーム機の常ですので10月にPS4.5″NEO”が発売というのはありえない話ではありません。

Original PS4 NEO
CPU 8 Jaguar Cores at 1.6 GHz 8 Jaguar Cores at 2.1 GHz
GPU AMD GCN, 18 CUs at 800 MHz Improved AMD GCN, 36 CUs at 911 MHz
Memory 8 GB GDDR5, 176 GB/s 8 GB GDDR5, 218 GB/s

NEOモードで起動する際には4K出力をサポートするようですが、ゲーム自体必ずしもネイティブ4Kに対応する必要はないようです。

NEOモード専用タイトルというものが用意されないのであればとりあえず現行PS4ユーザーの切り捨てにはつながりません。新型として登場するであろうPS4.5と同時に廉価版として現行モデルが値下げされるという可能性もありそうです。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です