PS VitaのメモリーカードをダンプするPS Vita Memory Card dumper by Major_Tom

wololo.netで、MajorTom氏がPS Vitaの専用メモリーカードのデータをダンプすることができるユーティリティPS Vita Memory Card dumper(PBOOTdump)をリリースしたことを伝えていました。


PS VivaのメモリーカードはメモリースティックやSDカードといった汎用性のある規格ではなくVita専用の独自規格です。カードリーダーというものも存在しないためデータを直接閲覧することすらできない状況でした。

今回紹介する方法では、正規の(ストアから購入した)PSPゲームが必要です。PBOOT_dump.PBPをそのゲームのPBOOT.PBPファイル(アップデートファイル)としてVivaへコピーし(VitaFTPなどで転送します)、コンテンツ管理アシスタント(CMA)でゲームのバックアップとレストアを繰り返すとメモリーカード内の一時フォルダ(ms0:/のTEMPフォルダ)にコンテンツの中身を丸っとバックアップするので、最後にそのtempフォルダへアクセスすればメモリーカードのコンテンツが入手できるという仕組みです。

途中でVitaFTPなどのHomebrewを使いますので、当然ハック済のVivaが必要です。

pboot-dumper


https://t.co/I7ktUpxhnA
これをPSPゲームに入れ(PBOOT.PBPとして)、ゲームをバックアップ、レストアしてms0:tempを見てね

ちょうどHackinformerでチュートリアルが公開されましたので、簡単に紹介します。

1) Major_Tom氏がリリースしているPS Vita Memory Card dumper(PBOOT_dump.PBPファイル)をPBOOT.PBPにリネームする。

2) リネームしたPBOOT.PBPをVitaFTPなどのツールを使ってVivaへ転送する。PSPのゲームのアップデータとして適用されるようPSPのゲーム本体(EBOOT.PBP)があるフォルダへコピーすること。

3) VitaをPCに接続し、CMAでアップデータを適用したゲームをPCへバックアップする。

4) バックアップしたデータをVitaへレストアする。

5) 再びVitaからPCへゲームをバックアップする。前回よりも時間がかかるが、メモリーカード全体をms0:/temp/へバックアップしているためである。

6) もう一度バックアップしたデータをVitaへレストアする。

7) VitaFTPなどのツールを使ってms0:/temp/ フォルダへアクセスすると、メモリーカードコンテンツがバックアップされているのでAdhoc File TransferなどでPCへコピーする。

改めてメモリーカードをダンプするには、まずtempフォルダを削除するか、別のフォルダ名にリネームすることが必要です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『PS VitaのメモリーカードをダンプするPS Vita Memory Card dumper by Major_Tom』へのコメント

  1. 名前:孫悟空 投稿日:2015/12/08(火) 21:34:26 ID:8aeb7d571 返信

    3.55で可能でしょうか?

  2. 名前:孫悟空 投稿日:2015/12/09(水) 17:37:42 ID:9fb01f060 返信

    5) くらいのところでエラーが出るのですが、エラー回避出来ないでしょうか?