不具合修正版 Rejuvenate 0.2.1リリース

ツイッターで、Yifan Lu氏がPS VitaでネイティブHomebrewを起動させるためのプラットフォームRejuvenate 0.2.1をリリースしていました。

パブリックベータ版に続く2回目のリリースになりますが、内容としては不具合修正でRejuvenateをインストールしたパスにスペースが含まれていると動作しない不具合が修正されました。”My Documents”のようにディレクトリパスの文字列に半角スペースが存在すると動かなかったようですね。

その他、Homebrew起動時にクラッシュする不具合も併せて修正したことが発表されています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『不具合修正版 Rejuvenate 0.2.1リリース』へのコメント

  1. 名前:PSP 投稿日:2015/06/24(水) 12:21:33 ID:465dbe27e 返信

    Vita exploited.って出て強制終了するんだが、どうすればいい?

    • 名前:hogehoge 投稿日:2015/06/24(水) 13:01:26 ID:9b3fba189

      諦めればいい

  2. 名前:shizuru123 投稿日:2015/06/24(水) 18:46:01 ID:f32f19be4 返信

    Vita OFW 3.52来ましたよ。
    ついでにデベロッパーアシスタントに不具合が見つかったから消せとのメールも。
    不具合というのはやはりRejuvenateかな?

    • 名前:shizuru123 投稿日:2015/06/24(水) 18:49:07 ID:f32f19be4

      追記
      3.52の本体でUnity版デベロッパーアシスタントを起動してみたところ、アプリのアップデートを要求されました。
      しかしアップデートアイコンが出ません。
      マジで使えなくなったぽい。